ダイワ”月下美人”ブランドの最高峰メバルロッド「月下美人 EX AGS」の強みに迫ってみました。

テンション感度に優れ、潮の強弱を感じながら思いのままにリグを流せる繊細さが1番の特長。

ドリフトのメバリングを極めたいアングラーは必見です。

ダイワ「月下美人 EX AGS」の特長

出典:ダイワ

「月下美人 EX AGS」はダイワ”月下美人”ロッドの最高峰に君臨するハイエンド機。

メバルゲームの変化に対応するために作られた高性能ロッドです。

メバリングでも重要な”ドリフト”に完全対応

というのも、近年のメバリングシーンでは巻き一辺倒では通用しない場面が増えてきています。

そこで必要になってくるのがドリフト。つまり、流れを使ったアプローチです。

リグの前方移動を抑えるラインテンションを維持しつつ、リグポジや潮の噛み具合を把握できる荷重感度が必要になってきています。

そこに対応するのが「月下美人 EX AGS」です。

出典:ダイワ

しなやかなチタンティップ「SMT(スーパーメタルトップ)」を搭載する”610LS-SMT”が最たる例。

負荷のONとOFFを絶妙に察知する性能を有します。

張らず緩めずの状態を維持しながらリグを流し、微妙なアタリを掛けにいくことが可能です。

ブランクスには超高密度カーボン「SVFナノプラス」を採用

ブランクスの素材は「SVFナノプラス」を採用。

準ハイエンドの下位グレード「月下美人 AIR AGS」よりもカーボン密度が高く、さらにシャープな操作感に仕上げられています。

ネジレに対する強化機構の「X45」も採用。

細身で軽くても粘りがあり、良型メバルをぐいぐい浮かせる強さも兼ね備えます。

もちろん、AGSも採用

出典:ダイワ

カーボン製フレームを中心としたガイドシステム「AGS(エアガイドシステム)」も当然のごとく搭載されています。

感度と振り抜けを向上させ、飛距離アップにも貢献。釣果アップを強力にアシストしてくれます。

「V-ジョイント」でパワー&感度アップ!

出典:ダイワ

継部は「V-ジョイント」仕様です。

2ピースを採用しながら、1ピースロッドと遜色ないベントカーブを実現。

パワーロスを低減し、感度アップにも一役買ってくれます。

リールシートの性能&デザイン性も高い

出典:ダイワ

リールシートは「エアセンサーシート」を採用。

ブランクスからの情報を正確に手元まで届けてくれます。

デザイン性が高く、めちゃめちゃカッコイイってのも魅力的。これは普通に惚れます。

ダイワ「月下美人 EX AGS」のラインナップ

出典:ダイワ

「月下美人 EX AGS」には↓の2機種がラインナップされています。

機種ティップ全長自重ルアー重量
610LS-SMT・Eスーパーメタルトップ2.08m65g0.5-8g
76MLS-T・Eチューブラー2.28m71g1.5-10g

役割を絞った少数精鋭の機種構成ですね。

月下美人 EX AGS 610LS-SMT・E

created by Rinker
全長:2.08m / 自重:65g / ルアー重量:0.5-8g / 継数:2本

荷重感度に優れるチタン製ティップ「SMT(スーパーメタルトップ)」を搭載した超フィネスモデル。

ジグ単やプラグを漂わせながら流すドリフトの釣りに最適化されています。

究極の繊細さを求めるこだわり派アングラーにピッタリです。

月下美人 EX AGS 76MLS-T・E

created by Rinker
全長:2.28m / 自重:71g / ルアー重量:1.5-10g / 継数:2本

柔軟性の高いチューブラーティップを採用したパワーモデル。

重量のあるリグを問題なく操作でき、流れを感じることもできる絶妙な張り具合にチューンされています。

スローでテクニカルな攻めを広範囲で展開できる頼れる1本です。

関連記事