• 俺のワームぜんぜん飛ばんけど、みんなどれぐらい飛んでるの?
  • アジングにはどれぐらいの飛距離が必要なの?俺がアジを釣れないのは飛距離がないからでは?

↑のようなお悩みを持つアジング初心者の方を救済すべく、アジングの飛距離と釣果の関係性について解説していきます。結論を先に言っておくと「アジングには飛距離よりも大事なことがたくさんある!」です。ちょっとカッコいいでしょ?

本記事ではアジングと飛距離の関係性に触れたうえで、アジングで飛距離よりも大切な4つのことを熱弁していきます。もちろん、飛距離を伸ばす方法についても解説していますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。

アジングで飛距離と釣果は関係するの?

アジを釣るにはどれぐらいの飛距離が必要か?

まず、アジを釣るにはどれぐらいの飛距離が必要か?という疑問について。その答えは「状況によりけり」です。「いやいや、んなこと誰でも言えるわボケ!」って声が聞こえてきそうですが、本当にそうとしか言いようがないんですよね。

ご存じのとおりアジは回遊魚ですので、その日の状況によって居所が変わります。足元にいることもありますし、沖にいることもあります。ですから、どれぐらいの飛距離が必要かは一概には言えないというのが本音です。ただ、ジグ単で探れる範囲内でも十分にアジを釣ることはできますので、ご安心ください。

ジグヘッドって普通どれぐらい飛ぶの?

この記事にたどり着いた方は、ジグヘッドが平均的にどれぐらい飛ぶのか?も気になっているのではないでしょうか。ロッドの長さや使用しているライン等の要素によっても変わりますが、ジグヘッドの重さと飛距離の目安は以下のとおりです。

  • 0.5g → 5~15m
  • 1.0g → 10~20m
  • 1.5g → 15~25m
  • 2.0g → 20~30m

「なんだ。ぜんぜん飛ばんやん!」と思われたのではないですか?逆に言うと、アジを釣るためにはこれぐらい飛べば十分です。筆者は、アジングではほぼジグ単の0.5~1gしか使いませんが、アジはしっかり釣れてくれます。後から詳しく解説しますが、アジを釣るためには「飛ばねえ…。」と嘆くよりも、もっと大事なことがたくさんあります。飛ばなくて上等です!

次のページ>>>「アジングでは飛距離と釣果は比例しません!」

1 2 3 4 5