• ジグヘッドがぜんぜん飛ばないけどなんで?
  • キャストの仕方間違ってんのかな?
  • な~んか、勝手がわかんないんだよな。

本記事では↑のような疑問にお答えしていきます。個人的にはアジを釣るのに飛距離はそれほど必要ないと思っている派なんですが…。んまあ、飛ばないよりは飛んだ方がいいですよね。

ということで本記事では、アジングで遠投をぶちかますキャストのコツを徹底解説していきます。なかなか思うように飛んでくれないアジングのキャストも、いくつかのコツを知っておくと結構飛ぶようになるものです。ぜひ、お役立てください。

アジングのキャストで知っておくべき3つのこと

大遠投をぶちかます方法を語る前に、アジングのキャストで知っておくべきことをお話ししていきます。全体的な結論を先に行ってしまうと、「アジングで飛距離はそんなに重要じゃないぜ!」ってことなんですけど、そのワケを理解することが大事です。

アジングのキャストが難しい理由

アジングのキャストはなぜ難しいのか?それは「仕掛けが軽いから」です。エギングで使うエギは20g前後、シーバス用のルアーは15g前後、ショアジギング用のメタルジグは40g前後の重さがあるのに対し、アジングでは0.5~1.5gのジグヘッド単体での釣りがメインになります。

仕掛けが軽いと、それだけルアーの重みを感じながら投げるの難しくなりますし、風にもガンガンあおられます。ジグヘッドのわずかな重みを感じながら遠くに飛ばすには、それなりの訓練とコツが必要なのです。

遠投力より再現性の方が大事

記事の冒頭で「遠投をぶちかますコツを解説します」と張り切ってはみましたが、個人的にはアジングでは遠投力よりキャストの再現性の方が重要だと思っています。

仕掛けを遠くに飛ばすことができれば、確かに探れる範囲は増えるのですが、残念ながらそれほど大きなアドバンテージにはなりません。キャストを極めても飛距離が伸びるのは数メートルというレベルなので、「少しはマシ」という程度なんですよね…。

アジングで遠くに飛ばすよりも大事なのは、何度も同じ場所に仕掛けを投入できる「キャストの再現性」です。

アジングという釣りは「かくれんぼ」のようなものです。同じ場所に仕掛けを入れて、深さを変えながら、しらみつぶしにアジの居所を探していきます。

ところが深さを変えても、キャストの位置がバラバラだったらどうでしょう?探しムラもできますし、すでに探した場所を何度もムダに探すことにもつながりますよね。

上手に隠れているアジを効率よく見つけるため大事なのは、遠くにぶっ飛ばすことではありません。同じ場所に正確にキャストして、ムラなく探していく方がよっぽど大事なんです。

次のページ>>>ジグ単はそもそも飛びません!

1 2 3 4