湾曲ボディーが効いてるティクトのワーム「ギョピン」の特徴とラインナップをまとめました。どんなフィールドにも溶け込む万能型なので、パイロットワームにいかがでしょうか?

ティクト「ギョピン」の特徴

まずはティクト「ギョピン」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. 超微波動の極細ピンテール
  2. フックを隠す湾曲形状
  3. 万能型の1.7インチ

超微波動の極細ピンテール

「ギョピン」のテールはティクトの人気ワーム「フィジットヌード」と同様に、極細のピンテールです。水流を受けるだけで微波動を出し、生命感を演出してくれます。派手な動きをするわけではないので、魚がスレにくいのも利点。どんなフィールドにも適応するので、パイロットワームとしても優秀です。

フックを隠す湾曲形状

「ギョピン」はボディー中央が上向きに曲がっているという珍しい形状。ボディーが湾曲していることにより、ワームの中にフックの大部分が隠れちゃうんです。この特殊形状の魅力は主に2点あります。

1つはフックが隠れることで、魚に違和感を与えづらくなること。もう1つはテールがボディーよりも上側にくるので、バイトポイントがやや上側にズレることです。フックが口の中にスッポリ入りやすいのでバイトを弾く可能性が下がり、キャッチ率を向上させてくれます。

攻撃的オープンゲイブの「アジスタ(Mサイズ・Sサイズ」と組み合わせると、フッキング能力は反則級。ぜひ、一緒に使ってみてください。

万能型の1.7インチ

アジングにおける万能サイズ1.7インチという絶妙な大きさも「ギョピン」の強みです。適度なアピール力があり、活性が低い個体でも食ってくるサイズ感。かなり幅広いシチュエーションで活躍してくれます。初見ポイントで様子見したいときにもおすすめです。

 

ティクト「ギョピン」のラインナップ

出典:ティクト

「ギョピン」はサイズこそ1.7インチの1種類ですが、カラーは全13種類と充実しています。濁りに強いソリッド系、ナチュラルアピールのクリア系、マヅメに強いUV系など、ラインナップは超充実。ティクト公式ページで全カラーをチェックできるので、ぜひ覗いてみて下さい。

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥388(2020/09/29 18:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

てことで、ティクト「ギョピン」の紹介は以上~!その他のティクト製ワーム・ジグヘッドを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪