出典:ティクト

ティクトの超定番アジング用ジグヘッド「アジスタ」の特徴とラインナップをまとめました。アジングに最適化された万能型ジグヘッドですので、ランガンの主力戦士におすすめです。

ティクト「アジスタ」の特徴

まずはティクト「アジスタ」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. 水受け断面で操作感アップ!
  2. フックサイズに合わせたゲイブ形状
  3. 口にスッポリ入るショートシャンク設計

水受け断面で操作感アップ!

出典:ティクト

ひとつ目の特徴は独自の形状を採用したヘッドです。一見、ただのラウンドヘッドに見えますが、進行方向ななめ上に断面がついています。

この断面が引き抵抗を生み、ジグヘッドの操作感を向上させてくれるのです。アジングを始めたばかりの方が陥る「ジグヘッドが軽すぎてどこにあるかわからん問題」の解決に一役買ってくれます。

フックサイズに合わせたゲイブ形状

ティクト「アジスタ」には、SS・S・Mの3種のフックサイズが揃っており、それぞれに適したゲイブを採用しています。

アベレージ~良型までを相手にするSサイズ・Mサイズは、針先が外側に開いたオープンゲイブ。アジの口の中から出てきづらく、フッキング率を上げてくれます。

豆アジを想定して造られたSSサイズは、吸い込み重視のストレート(ノーマル)ゲイブ。ゲイブ幅も狭いので、口が小さな豆アジも一発で吸い込んでくれます。

口にスッポリ入るショートシャンク設計

全サイズに共通するのがショートシャンク設計。ヘッドからフックまでの長さがコンパクトなので、アジの口にスッポリ入っちゃいます。

「高活性でガッツリ吸われたときは、フックがノドの奥に刺さって取れにくい…」というデメリットはありますが、フッキングしないよりはマシです。高活性時にアジスタを使うときは、プライヤーや針はずしをすぐ取り出せる位置にスタンバっておきましょう。

 

ティクト「アジスタ」のラインナップ

出典:ティクト

続いては、ティクト「アジスタ」のラインナップを見ていきましょう。前のページでも軽く解説しましたが、「アジスタ」には3種のフックサイズがラインナップされています。

アジスタM

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥418(2020/11/23 22:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

最も大きいサイズがM。25cmオーバーのアジが連発するようなポイントで使うのがおすすめです。重量のラインナップは以下のとおり。

  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 1.75g
  • 2g
  • 2.5g
  • 3g

Sサイズにはない1.75g~の重ためヘッドまで揃っており、充実しています。流れの強いポイントを攻めるときは、Mサイズの1.75~3gを持っておいた方が良いでしょう。

アジスタS

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥378(2020/11/23 14:12:20時点 Amazon調べ-詳細)

20cm前後のアベレージサイズが主となるポイントでは、Sサイズがベスト。豆アジでも吸ってくれますし、尺近いアジにも耐えてくれるので、3つのサイズの中で最も万能です。重量のラインナップは↓のとおり。

  • 0.4g
  • 0.6g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g

アンダー1gも充実しており、上も1.5gまであるので、港湾部のジグ単アジングにはほぼ対応してくれます。

アジスタSS

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥378(2020/11/23 22:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

豆アジ特化の極小サイズがSS。Sサイズでショートバイトが連発して、なかなか乗らない時に使うのがおすすめです。重量のラインナップは以下のとおり。

  • 0.2g
  • 0.4g
  • 0.6g
  • 0.8g
  • 1.0g

1g以下に5種類という細かさですよ。このジグヘッドを吸えない魚はたぶん釣れませんw。

 

てことで、ティクト「アジスタ」の紹介は以上~!その他のティクト製ジグヘッド・ワームを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪