低価格ロッド界に風穴を空けたUXシリーズに、「21アルジェントUX」が新登場。

他ジャンルのUXロッド同様に、メガコスパな仕上がりとなっており、シーバス入門ロッドの超有力候補として注目されています。

シーバス初心者の方だけでなく、手頃なサブロッドをお探しのベテランさんも要注目ですぞ。

オリムピック「21アルジェントUX」の特長

まずはオリムピック製シーバスロッドの全容を少しばかり紹介しておきます。

製品の一覧は↓のとおり。

製品参考実売価格
18スーパーアルジェント70,000円前後
19アルジェント プロトタイプ40,000円前後
16アルジェント RV25,000円前後
21アルジェントUX ★15,000円前後

本記事で紹介する「21アルジェントUX」は最もリーズナブルな入門機。

2020年に初お披露目となり、他ジャンルを席巻したUXシリーズがシーバスにも登場!ということで話題のアイテムです。

メガコスパと言われるUXシリーズの勢いは2021年も健在です。

というわけで、仕様を詳しくチェックしていきましょう。

カーボン模様が美しい高強度ブランクス

ブランクステクノロジーは”グラファイトクロスLV”を適用。

従来の”グラファイトクロス”よりも大幅に軽量化され、十分な強度も備えた素材です。

カーボン模様の美しさも感じられるので、デザイン面への貢献度も高め。

オリムピックらしさ全開の外観も「21アルジェントUX」の胸キュンポイントですね。

糸絡みの少ないKガイドを採用

ガイドはステンレスフレームのKガイド仕様。

糸絡みが少ないので、軽いPEラインの扱いが楽になります。

トラブルを気にせずに、釣りに集中できるでしょう。

シーバスフィッシングに適したグリップ

リールシートは定番のVSS(アップロック式)を採用。

スリムで手にフィットするので、シーバスでも人気のセッティングです。

フロント・リアともにグリップ部にはEVAをガッツリ配置。

滑り防止、感度向上に役立ち、精度の高いアプローチが可能となります。

オリムピック「21アルジェントUX」の機種ラインナップ

「21アルジェントUX」は全3機種構成。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量
902LML2.74m5-21g
932ML2.84m7-28g
982M2.89m7-40g

各機種の特徴を簡単に紹介しておきます。

21アルジェントUX 21GARGUS-902LML

全長自重ルアー重量継数
2.74m5-21g2本

マイルドなパワー設計を採用したフィネスモデル。

軽量プラグやワームを駆使したテクニカルな攻めにマッチします。

飛距離・操作性のバランスの良い9.0ftレングスなので、シーバス初心者の方でも扱いやすい1本です。

21アルジェントUX 21GARGUS-932ML

全長自重ルアー重量継数
2.84m7-28g2本

3機種の中で最も汎用性が高いモデル。

定番サイズのプラグを中心にしつつ、時には繊細に、時には豪快にアプローチできるオールラウンダーとなっています。

機種選びに迷ったときは、932MLを選んでおけば無難です。

21アルジェントUX 21GARGUS-982M

全長自重ルアー重量継数
2.89m7-40g2本

強靭なバットパワーを秘めたパワー系バーサタイル。

3機種の中で最も重量キャパがあり、多彩なルアーを背負うことができます。

大型プラグやメタルバイブ・ジグなどの重ためルアーで大遠投をかましたい方にピッタリです。

関連記事