アブガルシアの新作リール「ゼノン」をアジング的に考察してみました。「ゼノン」の特長を解説しつつ、ライバルリールとの比較も行っています。

ぶっ飛んだ超軽量リールはこれからアジング界を席巻していくのか?目が離せません。

アブガルシアの注目リール「ゼノン」とは?

「ゼノン」は2021年にアブガルシアから発売される新作リール。

設計の抜本的な見直し、徹底した肉抜きによって鬼のように軽量化されているのが特長です。

その軽さたるや、2500番クラス以下の番手はすべて140g台というぶっ飛び具合。

日本の大手メーカーであるダイワとシマノをだし抜き、最軽量スピニングリールの座を華麗にかっさらってます。(※軽さの比較は記事後半にて)

もちろん、軽いだけじゃない

「ゼノン」はアブガルシア製リールのなかでも最高峰に君臨するハイエンド製品。

アブのテクノロジーが爆乗せしてあり、軽さ以外の性能も充実しています。

ハンドルからローター、スプールに至るまで、テクノロジーのオンパレード。(詳細はゼノン公式ページでチェック!)

基本性能も言うことなしでしょう。

しかも、実売3万円台という衝撃プライス

「ゼノン」は超軽量のハイエンドリールなんですが、そこそこリーズナブルなんです。

実売価格で3万円台後半と、かなり割安感があります。

  • ダイワ「21ルビアスエアリティ」:実売5.2万円前後
  • シマノ「19ヴァンキッシュ」:実売5万円前後

と比べると、1.5万円以上お安くなっているんです。

後出しジャンケンではありますが、価格競争力もエグいです…。

アジングにおすすめな「ゼノン」はどれ?

全9番手が揃う「ゼノン」の中で、アジングに適しているのは

  • 1000S
  • 2000S
  • 2000SH

の3モデルでしょう。最小番手&準小型番手ですね。

「ゼノン 1000S」はジグ単専用てことになるでしょう。

極細のエステルやフロロなんかを巻き、軽量ジグ単で近距離をサーチするのに最適です。

2000番クラスの2モデルは、ラインキャパ的に汎用性が高い万能型。

アジングの場合、基本はノーマルギアの「2000S」が使いやすいと思います。

ただ、重ためのリグを軸にしたい方、メタルジグなんかでギガアジを狩りたい方は、ハイギアの「2000SH」ってのもアリです。

「ゼノン」と競合リールをアジング目線で比較してみる!

さて、ここからは「ゼノン」を競合リールと比較していきます。

比較基準はもちのろんで”軽さ”です。

アジングリール選びの最重要項目であり、数値で明確に差がわかりますからね。

  • 1000番クラス
  • 2000番クラス

の2部門に分け、ダイワ社・シマノ社のライバルリールたちと重さを比較していきます。

「ゼノン」を1000番クラスの競合アジングリールと比較!

まずは1000番クラスからです。一覧はコチラ↓。

リール自重実売価格
ゼノン 1000S142g36,000円前後
19ヴァンキッシュ 1000SSSPG145g50,000円前後
21ルビアスエアリティ FC LT1000S-P150g50,000円前後
18イグジスト FC LT1000S-P150g70,000円前後

「19ヴァンキッシュ」を3g差で振り切り、「ゼノン」が単独最軽量となっています。

しかも、値段もぶっちぎりでリーズナブルです。

1000番クラスの軽量リールのなかでは、「ゼノン」が圧倒的第一候補といえるでしょう。

「ゼノン」を2000番クラスの競合アジングリールと比較!

2000番クラスでは「ゼノン」よりもリーズナブルなライバル機も戦線に加わってきます。

競合リールの一覧がコチラ↓。

リール自重実売価格
ゼノン 2000S145g36,000円前後
19ヴァンキッシュ C2000S145g50,000円前後
21ルビアスエアリティ FC LT2000S-P150g50,000円前後
20ルビアス FC LT2000S150g25,000円前後
20ヴァンフォード C2000S150g23,000円前後

145gで「ゼノン」と「19ヴァンキッシュ」が同率最軽量です。

コストまで考慮すると1.5万円ほど安い「ゼノン」が優位かな〜といったところ。

ただ、2万円台の人気リール「20ルビアス」「20ヴァンフォード」もかなり良い位置につけています。

最軽量の2リールとの差はわずか5g。手にとってもわからないレベルです。

出費を抑えつつ、軽いリールが欲しい方にはルビアスorヴァンフォードをおすすめします。

アジング界に「ゼノン」旋風が吹き荒れる予感…!

というわけで、「ゼノン」のアジング的考察は以上です。

本文でもアツく語ったとおり、「ゼノン」はぶっ飛んだバカ軽リール。

「19ヴァンキッシュ」から最軽量リールの称号を強奪しちゃってますからね。

しかも、実売3万円台とコスパもスゴい…。

軽量リール厨の物欲を撫でまわす刺激的なリールであることは間違いありません。

タックル重量が感度を左右するアジングには持ってこいのアイテムですから、使用者はかなり多くなるでしょうね。

この記事で紹介したアイテム

関連記事