アクションのコツ&おすすめ練習法

アクションのコツ&おすすめの練習法は以下の3点です。

  1. ジグ単の王道3パターンを中心に
  2. なるべく風が弱い日・風が弱い釣り場を選ぶ
  3. 重ためのジグヘッドを使う

順番に見ていきましょー!

ジグ単の王道3パターンを中心に

アクションについては、ジグ単の王道3パターンを覚えて、それらを中心に反復練習するのが良いでしょう。王道3パターンは以下です。

  1. ただ巻き(リトリーブ)
  2. ロッドでさびいてレンジキープ
  3. リフト&フォール

ただ巻きは、名前の通りリールを一定のスピードで巻いてくるだけです。アジが違和感を感じづらいように、なるべく同じスピードで巻くのがポイントです。

ロッドでさびいて、レンジキープはジグヘッドの存在を感じる程度に「ちょんちょん」とロッドを立て、そのままゆっくりとロッドを起こしていきます。ジグヘッドが沈むスピードに合わせてロッドを起こすことで、同じレンジ(深さ)をキープできるというわけです。

リフト&フォールは、軽く2回ほどロッドをシャクってワームの存在をアピールして静止させます。ラインを張ったままジグヘッドを沈ませ(フォールさせ)ることでアジを食いつかせる釣り方です。

基本の3パターンさえ覚えてしまえば、その他のアクションはこれらの応用です。王道パターンを中心に練習しておけば、新たなアクションにも対応しやすくなります。

アジングのアクションについては、別記事で詳しく解説しています。アクションについてもっと知りたいぜって方は、以下リンクよりご覧ください。

なるべく風が弱い日・風が弱い釣り場を選ぶ

アジングのアクションを練習するとき、大敵となるのは風です。アジングではめちゃめちゃ軽い仕掛けを使いますので、風が強くなるとラインもロッドもあおられてしまい、もはや釣りにならないこともあります。

アクションの練習に限ったことではありませんが、風が弱い日、風が弱い釣り場を狙うことをおすすめします。

天気を調べるときは、予報サイトを使われるかと思うのですが、風に関しては結構アバウトなサイトも多いです。1mって書いてあるのに、釣り場についたら「バリ風強いやん!萎え~…」ってこともあります…。

個人的にはマピオン天気予報の風予報が精度が高く、気に入っています。アジンガーにとって風は死活問題なので、なるべく精度の高い予報サイトでチェックすると良いですよ。

重ためのジグヘッドで練習する

キャスト練習のコツと重複するのですが、アクションの練習をするときにも重ためのジグヘッドを使うのがおすすめです。

アジングのアクションで大事なのは、ジグヘッドの存在を手に感じること。1g未満の軽い仕掛けを使っていると、始めたばかりのうちはジグヘッドがついているのかさえわかりません。

1.5~3gといった重ためのジグヘッドをメインで使い、しっかりと手に重さを感じながらアクションをつけましょう。風が弱い時やどうしても食いが弱い時に1g以下のジグヘッドを使い、超軽量リグにも徐々に慣れていくのがおすすめです。

次ページ>>>アワセのコツ&おすすめ練習法

1 2 3 4