釣りは自然との闘いです。その中でも、結構大変なのが風ではないでしょうか?超軽量タックルで釣りをするアジングでは、他の釣りよりも風の影響をモロに受けてしまいます。

強風時のアジングは、キャストしにくいわ、アクションもむずいわ、アタリもわからんわで踏んだり蹴ったり。こんな洗礼を受け、「どうにかならんの?Google先生…。」とすがる思いで検索し、この記事にたどり着いた方も多いのではないでしょうか。

結論としては、風ばっかりはどうにもなりません!釣りにくいもんは釣りにくい!と言いたいところですが、風が吹いても釣りに出かけたい「釣りバカ」さんもいることでしょう(ぼくも含めて)。

ということで、この記事では自他ともに認める釣りバカ・アジングバカであるぼくが、強風アジングを少しでも快適にするための知恵をシェアしていきます。ぜひ、お役立てください。

強風アジングが難しい2つの理由

出典:Pexels

強風時のアジングが激ムズゲームに変貌するのには、以下の2つの理由があります。

  1. 仕掛けが軽いから
  2. 繊細なアタリを感知する必要があるから

アジングでは、1g以下のジグヘッド単体での釣行がメインとなります。仕掛けが軽いので、少し風が吹くと仕掛けもラインもビュンビュン流されてしまいます。

やっと思った通りの場所に仕掛けを届けられたと思ったら、今度はロッドが風にあおられます。ロッドが風を受けると、アクションもつけづらいですし、アタリの判別がかなり難しくなります。

といった理由があって、強風アジングはかなり厳しい闘いになってしまうわけです。(対処法については、後ほどガッツリと解説していきますので!)

風速何メートルまで釣りできるの?

出典:pixabay

ではアジングをするなら、どれぐらいの風まで耐えられて、どれぐらいの風で無理ゲーになるのでしょうか?風向きや釣り場によって多少の差はありますが、「だいたいこんぐらい!」っていうイメージが以下です。

  • 風速0~3m:超快適
  • 風速4~6m:ちょい厳しい…
  • 風速7~9m:だいぶ厳しい……
  • 風速10m~:もう無理…。ダメぽ。

…ということになりますので、ここからは「ちょい厳しい」「だいぶ厳しい」という状況に対処するための技をご紹介していきます。

ちなみに風速が10mを超えるようなときは、釣り以前の問題で、命が危険にさらされます。釣りに行きたい気持ちをグッとこらえましょう。

次ページ>>>アジングにおすすめの風対策5選

1 2 3