• なかなかアジが釣れてくれないけどなんでだろ?
  • 隣でバカバカ釣ってる人は、何か特殊なことやってるの?
  • どんなアクションをつければ、あんなに釣れるんだろ?

この記事では↑のような疑問を解決すべく、アジングで効果的に誘うためのアクションを総まとめにしてみました。ルアーフィッシング上級者は釣りの引き出しが多く、フィールドやその日のコンディションに合わせた誘いを巧みに使い分けているのです。

本記事では、アジングの基本となるジグ単で使えるアクションに加え、沖に潜むアジを狙うおすすめの遠投仕掛けとそのアクションを徹底解説していきます。記事を読み終えるころには釣りの引き出しが増え、早く釣りをしたくてウズウズしているはずです。ぜひ、楽しんで読み進めてみてくださいね。

アジングの釣り方の基本

さて、まずはアジングの釣り方の基本を簡単におさらいしておきましょう。

まずはキャスト!

最初はキャスト!ですね。アジングでは1g前後の軽量ジグヘッド単体での釣りがメインとなりますので、仕掛けの扱いが難しいです。キャストに関しても「飛ばない!」とお悩みの方が多いのですが…、心配はご無用。そもそも飛ばない仕掛けで釣りをしているわけなので、悩む必要はありません。飛ばないことを心配すればするほど、力みにが出てきてキャストの精度が下がってしまいます。リラックスして気楽〜に投げるのがポイントですよ。

アジングのキャストについては以下の記事で詳しく解説していますので、気になる方はご覧くださいませ〜。

着水後にカウントして探るレンジを決める

アジングでは、どの深さをワームが通っているのか?を意識することが大事です。ワームが着水したらカウントをとり、表層・中層・低層のどこを狙っているのかを意識しながら探りましょう。

カウントするときは必ずストップウォッチを使いコンマ1秒単位まで細かく管理しましょう…。ウソです。カウントはご自身が数えやすいスピードで行えば問題ありません。いくつかの層をくまなく探れれば目的達成ですので、それほど神経質にカウントしなくても大丈夫です。

アクションでアジを誘う

カウントを取って任意の層まで仕掛けを届けたら、ここからが腕の見せ所です。本記事のメインテーマとなる「アクション」をつけていくわけですね〜。

アジという魚は気分屋さんですから、アクションのつけ方ひとつでも食いつきがかなり変わってきます。アクションの引き出しが多いと、それだけ多くのコンディションに対応できるので、アジが釣れる確率が上がるんです。詳細は後述していますので、目からウロコを垂れ流しながら、チェックしていってくださいね。

アタリ→ファイト→キャッチ

アクションで気を引くことに成功したら、アジが仕掛けにアタックしてきます。その時にタイミング良くアワセを入れて、針をフッキングしてあげるわけです。強烈にロッドをシャクリ上げる必要はなく、アジの上アゴに「コツン」とかけるイメージを持っておきましょう。

フッキングに成功したら、バラさないように注意して寄せてきましょう。アジは非常に口が柔らかい魚ですので、強引なファイトをするとすぐにバレてしまいます。ドラグを緩めに設定し、無理せずラインを巻いていくのがバラシを減らす最善策です。

次ページ>>>”ジグ単で使えるアクションを総まとめ!”

1 2 3 4