エギングファン必見の新作リール「21エメラルダス エア」をご紹介。

先代モデルの不満点をぶっ飛ばす会心のラインナップが発表され、歓喜したエギンガーも多いんじゃないでしょうか。

本記事でその出来栄えに迫っていこうと思います。特に、”エメラルダス”ジャンキーなあなた!ぜひチェックしていってください。

先代「18エメラルダス エア」へ物申したい!

ええと…、まずは先代モデル「18エメラルダス エア」への秘めたる不満点を告白します。(モデルチェンジが発表されたから時効!)

その不満点がコチラ↓です。

なぜ3000Sの機種しかないんだ?
2500Sわい!?(怒)

3000Sクラス×2機種という先代「18エメラルダス エアー」の機種構成を見て思いませんでした?

「マジそれな。」と共感してくれるエギンガーも多いはずです。

もうちょい詳しくいえば

3000Sスプールだと0.8号を200m巻けちゃうから、秋エギングでは完全にオーバースペックなわけよ。
2500Sでいいから、もっと軽くしてくれ。AIRだろ?
ラインキャパはPE0.6号200mで十分なんだわ。

ってことです。

大声で言うと抹殺されそうなので心に留めておいたんですが、密かに↑のように思っていました。

3000Sスプール不要説を見事に反映!

ここで朗報。「21エメラルダス エア」では、前述したような先代のモヤモヤが見事にぶっ飛びました。

てことで、「21エメラルダス エアー」のラインナップをご覧ください。

出典:ダイワ

FCモデルの2500S追加ド〜ン!

……良き。

仕様的には「20ルビアス」ベースと思われるので、軽さも十分。有能なエギングリール確定です。

でも、お値段はちょっと高めなのね…。

有能なのは間違いないんですが、ちょっとお値段は高めです。

上のスペック表の”価格(¥)”欄をみてズッコケた方もいらっしゃるかもしれません…。

先代の「18エメラルダス エア」と実売価格を比較すると↓。

  • 18エメラルダス エア:30,000円強
  • 21エメラルダス エア:40,000円前後

……。
これなら実売3万弱でほぼ同スペックの「20ルビアス」で良くね?

ってなっちゃう方も多いでしょう。(実売価格で3万円台前半におさめて欲しかった…。)

正統アップグレード!「21エメラルダス エア」の特徴まとめ

出典:ダイワ

先代(と当代)への不満をぶちまけて気持ち良くなって、筆者的にはもう満足!なんですが、そういうわけにもいきません。

新しくなった「21エメラルダス エア」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の5点です。

  • ZAIONモノコックボディ
  • ZAIONエアローター
  • FCモデルをラインナップ
  • パワーラウンドEVAノブ
  • 主要テクノロジーも網羅

ベースは「20ルビアス」でしょうから、正直言って目玉が飛び出るほどの驚きはありません。

各ポイントをサクッと紹介しておきますね。

ZAIONモノコックボディ

出典:ダイワ

まずはボディーについて。「20ルビアス」と同じく、ZAION製のモノコックボディーが採用されています。

ZAIONはダイワが独自開発したカーボンを含む樹脂素材。軽くて丈夫ってのが取り柄です。

ボディーは一体成型(モノコック)となっており、たわみやネジレに強く、剛性もGood!

ネジ止めのスペースが不要になるので、大口径のギアをぶち込めます。先代と比べて、巻き上げパワーも向上しているでしょう。

ZAIONエアローター

出典:ダイワ

ローターも「20ルビアス」と同じZAION製。巻き出しが軽いので、気持ち悪いラグを感じることなく釣りに集中できます。

糸フケのコントロールが重要となるエギングでは、アドバンテージとなるでしょう。

FCモデルをラインナップ

前述しましたが、「21エメラルダス エア」には、エギング界でも人気が高まっているFC(フィネスカスタム)モデルもしっかり追加されています。

※FC(フィネスカスタム)は1000番クラスのボディーを採用しているモデル

従来のエギングリールでは考えられない圧倒的な軽さは、間違いなく武器になります。

ちなみに、「21エメラルダス エア」の最軽量モデル”FC LT2500S”の自重は160g。もはやライトゲームの領域ですよね。

パワーラウンドEVAノブ

出典:ダイワ

ベースとなっている(と思われる)汎用リール「20ルビアス」と大きく異なるのがハンドルノブです。

「21エメラルダス エア」にはEVA素材のノブが採用されています。滑りにくく、手に馴染むのが素敵ポイント。

1日に何百回も繰り返すことになる糸フケ回収作業も快適です。

主要テクノロジーも網羅

出典:ダイワ

「21エメラルダス エア」は、ダイワのエギングブランド”エメラルダス”の中でも最高峰に君臨するリールです。

主要なダイワテクノロジーは、当然のように網羅されています。

  • マグシールド
  • タフデジギア
  • ATD
  • ロングキャスト-ABS

などなど、トッピングも盛り盛り全部乗せ状態です。

全部語ると長くなるので、詳細が気になる方はダイワ公式ページを覗いてみてください。

「21エメラルダス エア」の機種ラインナップ

出典:ダイワ

続いては、「21エメラルダス エア」の機種ラインナップを見ていきましょう。

  • FC(フィネスカスタム)モデル
  • 定番の2500番モデル

の2カテゴリに2機種ずつラインナップされています。

FC(フィネスカスタム)モデル

FC(フィネスカスタム)は、

  • 子イカを狙う秋エギング
  • ツツイカ系を狙うライトエギング

に最適な超軽量モデル。以下の2番手がラインナップされています。

モデルギア比自重
(g)
標準糸巻量
PE(号-m)
FC LT2500S5.11600.6-200
FC LT2500S-DH5.11750.6-200

どちらもノーマルギア仕様となっており、繊細なリーリングでスローな攻略を楽しめます。

定番の2500番モデル

0.8号を200m巻ける定番の2500番クラスには↓の2機種がラインナップ。

モデルギア比自重
(g)
標準糸巻量
PE(号-m)
LT2500-XH6.21800.8-200
LT2500-DH5.21950.8-200

ノーマルギアが流行りつつあるエギングシーンに合わせて

  • シングルハンドル→ハイギア
  • ダブルハンドル→ノーマルギア

という構成になっています。

「21エメラルダス エア」の競合リールにも注目!

出典:ダイワ

最先端のエギングリールに仕上がっている「21エメラルダス エア」。性能的な不満を感じる方は少ないでしょう。

ただ、デザインについては好みがハッキリ分かれると思います。正直、エメラルダス以外のロッドとは合わせづらい色味ですからね…。

そんな方のために競合リールもピックアップしておいたので、ついでにチェックしちゃってはいかがでしょう?

んなわけで、主な競合リールがこちら↓です。

スペック(主に自重)を比較しやすいよう、競合リールを一覧にしておきました。

2500Sクラス

リール型番自重実売価格
21エメラルダス エアFC LT2500S160g40,000円前後
21ルビアス エアリティFC LT2500S155g50,000円前後
21カルディアFC LT2500S180g18,000円前後
20ルビアスFC LT2500S155g29,000円前後
20ヴァンフォードC2500SHG160g24,000円前後
※機種名タップで対象リールの紹介ページへ

2500/3000Sクラス

リール型番自重実売価格
21エメラルダス エアLT2500-XH180g40,000円前後
21ルビアス エアリティLT2500-XH170g50,000円前後
21カルディアLT2500195g18,000円前後
20ルビアスLT2500-XH175g29,000円前後
※機種名タップで対象リールの紹介ページへ

最先端スペックの「21エメラルダス エア」でエギングをもっと軽快に!

というわけで、ダイワの新作エギング用リール「21エメラルダス エア」の紹介は以上です。

(小声:お値段はちょっと高いけど)、まさに2021年仕様といえる鉄壁の仕上がりでしたね。

”エメラルダス”なデザインが好きな方にはたまらんリールになるでしょう。

デザイン的に合わせるロッドは選びますが、オシャレなタックルコーデもまた釣りの楽しみ。

”エメラルダス”ロッドと合わせて統一感を楽しむってのもアリだと思いますよ〜♪

この記事で紹介したおすすめアイテム

関連記事