攻撃的オープンゲイブの34製ジグヘッド「ストリームヘッド」の特徴とラインナップをまとめました。半自動的にフッキングする”禁断のジグヘッド”の魅力をとくとご覧あれ!

34「ストリームヘッド」の特徴

出典:34

まずは「ストリームヘッド」の特徴から見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. ワームの可動域を広げるショートシャンク
  2. アッパーカットばりの特製オープンゲイブ
  3. 潮受けの良い特殊なヘッド形状

ワームの可動域を広げるショートシャンク

ストリームヘッドはかなりのショートシャンク設計。フックの横幅が短いぶんワームの可動域が増え、動きが良くなります。

上の画像はストリームヘッドに34製ワーム「プランクトン」を付けたもの。ワームのテール部分が自由に動くので、しっかりアジにアピールしてくれます。

アッパーカットばりの特製オープンゲイブ

出典:楽天市場

針先は大きく外側に開いた攻撃的なオープンゲイブ仕様。しかも、フックの軸も上側に曲がっています。アジの口の中に入りさえすれば、半自動的にフッキングするという抜群の掛け性能が売りです。

アジング界のレジェンド・家邊克己氏もストリームヘッドを紹介するときに、

  • ラインを軽く張るだけでフッキング
  • アワセは1テンポ遅らせるぐらいが丁度良い

と言っていますからね。アッパーカットのような鋭さがあるジグヘッドですが、扱い方は難しくなく、むしろ簡単。大きなアワセも素早いアワセも必要ないので、アジング初心者の方にもおすすめです。

潮受けの良い特殊なヘッド形状

ヘッド構造のキモは両サイドにある溝です。この溝には

  • 引き抵抗をアップさせてジグヘッドの操作感を良くする
  • 水流を受けるので潮に馴染みやすくなる

という2つの効果があります。

「まずリグを流して海中の潮目まで送り届ける。そして、潮目に溜まったプランクトンを捕食するアジを釣る。」という34が提唱するアジングに最適化されています。

 

34「ストリームヘッド」のラインナップ

34の「ストリームヘッド」には以下の7種類の重量がラインナップされています。

  • 0.3g
  • 0.5g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 1.8g

なんと、アンダー1gの重量が3種類もあるという充実っぷり。アジングのジグ単に必要な重量がかなり細かく揃っており、よほどの急流ポイントでなければストリームヘッド1本で攻略できます。

ちなみに1.8gがひたすら流されちゃうような激流ポイントを攻めるときは、2gオーバーもラインナップされている「ダイヤモンドヘッド」がおすすめです。

 

というわけで、34「ストリームヘッド」の紹介は以上~!その他の34製ジグヘッド・ワームを一気にチェックするなら↓の記事が便利だゾ!!