魚影が薄いフィールドでも効率よくアジとコンタクトできるドリフト釣法にピッタリのワーム「バキュームリング」をご紹介します。太めのボディーに細身のテールが採用された全シーズン対応型なので、使わない手はありませんよ〜。

マグバイトのアジング用ワームは全5種類!

まずはマグバイト製アジング用ワームの全体像を軽くみておきましょう。ラインナップは↓の5種類です!

製品名サイズ(inch)
ブーティーシェイク1.4 / 2.0 / 2.5
バキュームリング2.0
ブーティーブースト3.0
サンバ2.0
パラショット2.0

本記事で紹介する「バキュームリング」はV字型に刻まれた深めのリブが特徴のワーム。潮と同調しながらのスローなアプローチを得意とします。

マグバイト「バキュームリング」の特徴

というわけで、マグバイト「バキュームリング」の特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。注目ポイントは↓の4点です!

  • ファットボディー×V字リブで鬼の潮受け!
  • 吸い込み抜群のスリムテール
  • オールシーズン対応の吸わせる2インチ
  • S.A.Fマテリアルがバイトを加速

ファットボディー×V字リブで鬼の潮受け!

「バキュームリング」の一番の強みは潮受けの良さです。V字に深く刻まれたリブがしっかり水を受け止めて、潮に馴染んでくれます。

進行方向に対してブレーキがかかるようリブが配置されているので、フォールスピードも極スロー。軽量ジグヘッドと組み合わせると、じわ〜っと長時間ワームを見せることができます。

吸い込み抜群のスリムテール

ボディーは太くてボリューミーながらも、テールはかなり細めの設計です。吸い込みも良く、小さなアジの口にもすんなり収まります。

波動は小さくナチュラルなので、アジに余計な違和感を与えません。食い渋っている気難しい群れも攻略しやすいですよ。

S.A.Fマテリアルがバイトを加速

「バキュームリング」にはS.A.Fマテリアルが採用されています。味とニオイが練り込んであるので、アピール力が高く、アジが吐き出しにくいです。より多くのバイトを誘い、フッキング率まで上げてくれる最強のマテリアルとなっています。

オールシーズン対応の吸わせる2インチ

「バキュームリング」の全長は2インチ。シーズンを問わず使える万能サイズとなっています。テールが細いので、豆クラスの魚にも有効。ある程度の活性があれば、豆アジングにも使えますよ。

マグバイト「バキュームリング」のラインナップ

マグバイト「バキュームリング」には全8種類のカラーが揃っています。グローにケイムラ、点発光もラインナップされており、発光パターンも豊富です。当日の状況に合わせてカラーを細かくアジャストしていけます。

最後にローテも考慮したおすすめカラーを3種類ご紹介しておきますね。(その他のカラーはマグバイト公式サイトにてご覧ください。)

おすすめカラー①パールホワイト

濁りが強い日、アジの活性が高いときに使いたいハイアピールカラー。とにかく水中で目立ちます。アピール力は高いですが、澄み潮だと見切られやすく、スレやすいので使い所には要注意です。

おすすめカラー②オキアミグロー

そこそこ目立つけど、そこそこナチュラルな万能カラー。幅広いシチュエーションで機能するので、パイロット的に使うのがおすすめです。

おすすめカラー③アミグローラメ

アミ×点発光というアミパターン攻略の鉄板カラー。ワームのフォルムをボカしながら光の粒で自然に誘えるので、表層引きとの相性も良いですよ。

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、マグバイト「バキュームリング」の紹介は以上~!その他のマグバイト製ワーム&ジグヘッドをチェックしたい方は↓の記事へGO♪

↓おすすめ関連記事(※近日公開予定)↓

アジング界で人気沸騰中!マグバイト製ジグヘッド・ワームを総まとめ