吸いの弱い豆アジをバシバシ掛ける変態極小ジグヘッド「アジマメマイクロジグヘッド」をご紹介!この夏は、ターゲットが小さいからこそおもしろい豆アジングに熱狂してみませんか?

ジャッカルのアジング用ジグヘッドは3種類!

ルアーゲームの人気メーカー「ジャッカル」からは、アジング向けの製品もたくさんリリースされています。ジグヘッドの製品ラインナップは↓の3種類です。

  • スイスイスイムジグヘッド
  • キビキビダートジグヘッド
  • アジマメマイクロジグヘッド(←本記事で紹介)

本記事で紹介する「アジマメマイクロジグヘッド」は名前からもわかるとおり、豆アジ仕様のジグヘッド。なかなか乗らない豆アジに苦戦している方の強い味方となってくれる製品です。

ジャッカル「アジマメマイクロジグヘッド」の特徴

続いては、ジャッカル「アジマメマイクロジグヘッド」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. 豆アジも丸呑みできる極細・極小フック
  2. 存在を感じやすいヘッド形状
  3. ヘッド側面には重量の刻印つき

豆アジも丸呑みできる極細・極小フック

一つ目の特徴は、極細・極小のフックです。口の小さな豆アジを掛けるために専用設計されています。通常サイズのジグヘッド(「キビキビダートジグヘッド」)と比較は↓のとおり。

超ショートシャンク、超ナローゲイブ、そしてフック線径も0.4mmの極細!口の小さな豆アジでも余裕で吸い込めちゃいますし、貫通力の高い超細軸でフッキングも一撃です。

存在を感じやすいヘッド形状

豆アジングでは軽量ジグ単の使用を余儀なくされます。というのも吸う力が弱い豆アジは、ジグヘッドが軽くないと吸い込めないんです。活性がイマイチなときは特に吸ってくれません。

豆アジは潮の緩いところに溜まるという性質もあり、アンダー1gの使用も当たり前。ジグヘッドの存在を感じにくいんですよね…。

ジグヘッドどこいった?問題への対策として「アジマメマイクロジグヘッド」はヘッド上部の断面が広めにとってあります。トゥイッチを入れるときに引き抵抗を感じやすく、軽量ジグヘッドのポジションも把握しやすいですよ。

ヘッド側面には重量の刻印つき

「アジマメマイクロジグヘッド」のヘッド側面には重量が刻印されています。きちんと整理整頓していなくても、重量不明の迷子ちゃんが発生しません。ジグヘッドのローテーションに時間を取られないので、手返しも良くなります。

ジャッカル「アジマメマイクロジグヘッド」のラインナップ

ジャッカル「アジマメマイクロジグヘッド」には↓の5種類の重量がラインナップされています。

0.2g / 0.4g / 0.6g / 0.8g /1.0g

1g以下に0.2g刻みという変態仕様です。アタリのあるレンジや潮の走り方によって細かく重量をアジャスト可能。流れの緩い港内がメインになる豆アジング攻略に最適化されています。

↓5個入りの通常パック↓

↓15個入りのバリューパック↓

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、ジャッカル「アジマメマイクロジグヘッド」の紹介は以上〜!その他のジャッカル製ジグヘッド・ワーム を一気見するなら↓の記事がおすすめだゾ♪