グイっと伸びたロングアイが印象的なジグヘッド「サイコロヘッド SOKU(ソク)」の特徴とラインナップをまとめました。アワセ遅れを問題としない強力アイテムなので、ライトゲーム好きの方は要チェックです!

クリアブルーのアジング用ジグヘッドは4種類!

ライトゲーマーからの人気急上昇中のメーカー「クリアブルー」からは↓の4種のジグヘッドが発売されています。

  • サイコロヘッド
  • サイコロヘッド Mini(ミニ)
  • サイコロヘッド SOKU(ソク)(←本記事で紹介)
  • サイコロヘッド Tough(タフ)

本記事で紹介する「サイコロヘッド SOKU(ソク)」は名前どおりの即掛けモデル。長く突き出したアイが設計のキモとなっています。

クリアブルー「サイコロヘッド SOKU(ソク)」の特徴

出典:Amazon

続いては、クリアブルー「サイコロヘッド ソク」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. ロングアイが即掛かりのキモ!
  2. ワームの動きが良いショートシャンク
  3. ヘッドは潮受け抜群のサイコロ形状

ロングアイが即掛かりのキモ!

「サイコロヘッド SOKU」は即掛かりをウリにしたジグヘッド。もちろん、オープンゲイブってのも掛かりが速い要因です。しかし、「サイコロヘッドSOKU」の早掛けにはもうひとつのカラクリがあります。

そのカラクリは「ロングアイ」。アイ(ラインを通す部分)が長いことにより、

  1. 口の中にアイが引っかかるのでアジが吐き出しにくく
  2. ラインを張った時にテコの原理が働き、フックが素早く上を向く

という2つのメリットがあります。

掛かりが早いぶん、アワセが少々遅れてもしっかりフッキングに持ち込むことが可能。落ち着いてアワセを入れられるので、アジング初心者の方にもおすすめです。

ワームの動きが良いショートシャンク

「サイコロヘッド SOKU(ソク)」はフックの全長が短いショートシャンク設計。ワームの背骨になる部分が短いので、小型のワームでもしっかりケツを振ってくれます。ワームの持ち味をガッツリ引き出すことができ、バイトチャンスも多くなりますよ。

ヘッドは潮受け抜群のサイコロ形状

ヘッドは「サイコロヘッド」シリーズ共通の独自形状。進行方向に対して斜めに切った2つの断面が引き抵抗アップとスローフォールに貢献し、サイドの断面は横方向へのドリフトを支援してくれます。

アジングにとって重要となる”水受け”が抜群に良いので、アジがいるポイントにリグが届きやすく、レンジキープもしやすいです。アジの居場所探しと釣れたパターンの再現を強力にアシストしてくれます。

クリアブルー「サイコロヘッドSOKU」の重量ラインナップ

出典:Amazon

「サイコロヘッド SOKU(ソク)」は小アジ~良型まで対応する万能型のジグヘッドです。重量のラインナップは「サイコロヘッド」と同じ↓の7種類です。

  • 0.3g
  • 0.5g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 1.8g

万能で使いやすい0.8gと1.0gを軸に、コンディションに合わせて重さを調整していける構成となっています。

  • 風や流れが強いときは重ため
  • 風や流れが弱いときは軽め

を使えば、リグを馴染ませやすいですよ。

クリアブルー
¥407(2020/07/09 02:59:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、クリアブルー「サイコロヘッドSOKU」の紹介は以上~!その他のクリアブルー製ジグヘッド・ワームをチェックするなら↓の記事へGo♪