極小フックを搭載し、豆アジを一網打尽にできる必殺JH「小悪魔ジグヘッド」をご紹介します。なかなか乗らなくてストレスMAXな豆アジングも快適になるかも!?ぜひ、お試しあれ!

マグバイトのアジング用ジグヘッドは全6種類

ライトゲーマーから人気沸騰中のマグバイトからは、↓の6種類のアジング用ジグヘッドが発売されています。

  • アッパーカットジグヘッド
  • アッパーカットフィール
  • アジキラージグヘッド
  • 小悪魔ジグヘッド(←本記事で紹介)
  • ステッパージグヘッド
  • くるくるジグヘッド

本記事で紹介する「小悪魔ジグヘッド」は豆アジ対応の超小型フック搭載のスペシャルモデル。「アタるけど乗らない…」という悶絶豆アジングを快適にしてくれる最終兵器となっています。

マグバイト「小悪魔ジグヘッド」の特徴

というわけで、マグバイト「小悪魔ジグヘッド」の特徴を詳しく見ていきましょう。ポイントは↓のとおりです!

  • 豆アジも真っ青の極小フック
  • 素早く刺さるフッ素コーティング
  • ジグヘッドの存在感を感じやすい断面
  • ヘッド下部で水を受け流し、フォール姿勢も安定
  • 糸を通しやすいラージアイ

豆アジも真っ青の極小フック

「小悪魔ジグヘッド」の一番の特徴はめちゃめちゃ小さなフックです。#14サイズが採用されており、極豆アジの口にもスッポリ収まります。

アタリだけはめちゃ多いけど、なかなか乗らない夏場の1年生アジの攻略に最適です。豆アジに毎年苦戦してる…って方はぜひ使ってみてください。

素早く刺さるフッ素コーティング

「小悪魔ジグヘッド」のフックはフッ素でコーティングされています。軽い力でアワセてもサクッと刺さり、貫通力抜群。鋭さも長持ちするので、数釣りもガッツリ楽しめます。

ジグヘッドの存在感を感じやすい断面

ヘッドの上部には矢印型の大きな断面が配置してあります。トゥイッチを入れたときに思い切り水を受けてくれるので、ジグヘッドの存在感がわかりやすいんです。アンダー1gを当たり前のように使う豆アジングには、このヘッド構造がより一層活きてきます。

ヘッド下部で水を受け流し、フォール姿勢も安定

水受け抜群のヘッド上部とは対照的に、ヘッド下部は水を受け流す形状です。左右対称に水を切ってくれるので、フォール姿勢が安定します。ゆる~くテンションを掛けて軽量ジグヘッドをフワフワ漂わせる豆アジングにもめっぽう強いです。

糸を通しやすいラージアイ

「小悪魔ジグヘッド」はフックもヘッドも小さいですが、アイは大きめに造られています。簡単にラインを通せるので、準備もリグチェンジもスピーディー。ストレスフリーで釣りを楽しめます。

マグバイト「小悪魔ジグヘッド」のラインナップ

マグバイト「小悪魔ヘッド」のラインナップは、フックサイズが#14の1種類のみ、重量は↓の6種類となっています。

0.4g / 0.6g / 0.8g / 1.0g / 1.3g / 1.5g

豆アジング用ジグヘッドながらも1.3gや1.5gといった重ためサイズも揃っており、水深があるポイントも攻めやすく、ある程度の強風にも耐えられます。全重量を揃えておけば、フィールドやコンディションに左右されることもありません。

created by Rinker
ハリミツ(HARIMITSU)
¥379(2020/11/26 20:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、マグバイト「小悪魔ジグヘッド」の紹介は以上~!その他のマグバイト製ジグヘッド・ワームを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪

↓おすすめ関連記事(※近日公開)↓

アジング界で人気沸騰中!マグバイト製ジグヘッド・ワームを総まとめ