中層を巻いてバスを釣るミッド・ストローリング。通称「ミドスト」は、ベイトを意識しているバスに効果的な釣り方です。

主に、中層に浮遊しているバスをアプローチする方法で、リグとワームの相性が非常に重要な要素となります。そこで、ここではミドストをする際におすすめなワームについて紹介します。

どんなワームでも釣れますが、各特徴を十分にチェックしてお好みのワームを選んでみてくださいね。

ミドストはワーム選びが重要?

撮影:筆者

ミドストの釣りで釣果を伸ばすコツは、フィールドに生息しているベイトをよく観察することから始まります。ベイトの種類、大きさ、泳いでいる層を把握しておくことでバスを釣りやすくなります。

そのため、ベイトフィッシュに応じたワーム選びは極めて重要になります。また、ワカサギやブルーギル、オイカワのように小魚にも整体の違いがあるのでカラーにも注意してワームを選びたいです。

釣れる!ミドストでおすすめのワーム5選!

ミドスト専用のワームは発売されていませんが、応用してミドスト仕様に使用できるベイト系のワームは幾つかあります。

ミドスト初心者の方は、数多あるワームからミドストに最適な種類を見つけるのが難しいですよね。

ここでは、筆者が厳選したミドストの釣りで実績あるワームを紹介します。

ドライブスティック(OSP)

ドライブスティンクは、3-6インチまで幅広いサイズのラインナップがあります。水中での動きがロールを主体としており、控え目なアクションでバスを誘います。

ミドストの釣りでも効果的で、肉厚なボディで遠くのバスを寄せて食わせることが得意です。



自発的に泳ぎ出すドライブスティックですが、ミドストにおける釣りでも効果的です。シェイキングによるバスの反応を誘ってみましょう。

マイラーミノー(OSP)

マイラーミノーは、アルミシートが内部に挿入されており本物の小魚のようなシルエットをしています。

ジグヘッドリグのミドストでも、しっかりとローリングアクションをするのでバスが飲み込むような捕食をしてくれます。また、中層だけでなくボトムにバスが着いてる時でも、ギラギラとボディ全体で乱反射させながら捕食を誘えますよ


created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥1,045(2020/09/19 14:03:04時点 Amazon調べ-詳細)


本物と見間違うほどのリアル系ワームです。ミドスト意外にもダウンショットリグとの相性も良いです。

フラッシュJ(フィッシュアロー)

フラッシュJはフィッシュアローから発売されており、ミドストの定番ワームとして人気があります。マイラーミノーと同じく、アルミシートがボディ内部に挿入されています。

リアルベイト系のワームなので、透明度の高いフィールドなどでバスを釣りやすくなります。他にも、ピンテールな形状がメリハリのあるアクションを生み出すメリットもあります。

もちろん、ノーシンカーリグやワッキー掛けによる表層攻略にも使用できるので、汎用性は高いです。

ミドストの釣りでワーム選びに迷ったら、まずはこのワームを使用してみてくださいね。

created by Rinker
フィッシュアロー(Fish Arrow)
¥919(2020/09/19 17:40:42時点 Amazon調べ-詳細)


ミドストにおける泳ぎの安定性があります。

デスアダー(DEPS)

デスアダーはデカバスに照準を絞っているデプスから発売されているワームです。琵琶湖などのビックレイクで人気なワームで、ミドスト用としても一部のアングラーから使用されています。

デスアダーの魅力は、6インチの大型サイズを用いて存在感を放った釣りができる点です。水中での圧倒的存在感とユラユラと泳ぐベイトにデカバスが反応します。

ミドストはフィネスな釣りですが、6インチクラスのデスアダーは十分に重さもあります。タックルの強度も強めにして、キャスト&アクションを加えるようにしましょう。



6インチは大きいサイズですが、広域なフィールドでバスに見つけてもらいやすいです!

シャッドインパクト(ケイテック)

シャッドインパクトは低比重・中比重のワームなので、沈下速度を抑えながらラインを巻き取ることが可能です。

ミドストをする際にも、キャストと同時にゆっくりと表層から中層まで落とし込んでシェイクアクションができます。ボディの形状も適度なスリム感で、ロールアクションが派手過ぎないことも魅力の一つです。

シャッドインパクトは日本のバス釣りメーカーであるケイテックから発売されています。しかし、アメリカではナチュラルなアクションがバスを虜にしたことから、絶大な人気を誇っています。



スリムなボディ形状で発するロールアクションは、クリアからマッディウォーターまで関係なくバスを誘います。

ミドスト用ワームにジグヘッドを取り付ける方法とは?

ミドストをする際に、ワームを上手くジグヘッドに刺さないとアクションが崩れてしまう場合があります。

しっかりとミドストアクションを生み出すためにもジグヘッドフックの指し方を頭に入れておきましょう。

まず、フック先端の位置をワームのヘッドからどの位置になるか確認しましょう。ワームとフックの先端が重なるポイントが、フックを抜くところです。

次に、ワームのヘッドにフックを差し込み背中に沿って差し込んでいきます。先ほど付けた、おおよそのフックポイントでフックを上側に抜いてあげましょう。

さらに、フックの差込み口は脆くなりやすいので、気になる方は接着剤等で強化しておくと良いですよ。

釣れるワームでミドスト攻略を!

撮影:筆者

この記事では、ミドストでおすすめなワームについて詳しく紹介しました。

ミドストの釣りは、繊細なタックルを使用するのでワーム選びも肝心となります。どんなワームを使用すれば良いか迷いがちですが、基本はベイトを意識して選んであげましょう。

上記でご紹介したワームはいずれもミドストの釣りで安定した実績があるので、ぜひ活用してみてくださいね。