OSPから発売されているドライブスティックは、発売以来多くのバスアングラーから愛用されてきました。

今までにありそうでなかった小魚のシルエットと独特な水中でのアクションは、フィールドを問わず全国のフィールドで「釣れるワーム」として認知されています。

この記事では、ベイトフィッシュをモチーフとしたドライブスティックについて魅力やおすすめのリグを詳しく解説します。

OSPから発売されているドライブスティックはなぜ釣れるのか?

撮影:筆者

ドライブスティックはストレートワームとベイトフィッシュ系ワームをハイブリッドしており、釣れる要素が詰め込まれています。

一見、ドライブスティックはよくあるベイトフィッシュ系のワームに似ています。しかし、ワームのパーツを細かく分解していくと細かなオリジナリティがあります。

例えば、ボディ全体に高比重のバランス設計がされていることでフォール時のユラユラとした動きを実現しています。筆者はドライブスティックの愛用者ですが、他には真似の出来ないほどに左右に揺れるバランスが整っています。

ゆえに、キャストしてからフォールのタイミングでバスの捕食を誘うことができてしまうのです。また、トゥイッチや水中でのスイミングアクションは細長いテールが微細に動きます。

サイズに関しては3-6インチまであります。各フィールドのベイトの種類と大きさに合わせてあげましょう。

弱目のアクションから強めのアクションまでしっかりと反応して泳いでくれるので、幅広いリグで誘えるメリットもあるのです。

ドライブスティックのおすすめなリグについて

続いて、ドライブスティックにおすすめなリグについて解説します。ドライブスティックは、高比重なボディ設計なのでどんなリグを使用しても基本の水中姿勢が失われることがありません。

ポイントの特徴やバスの動きに合わせて、リグを変更できるメリットがあります。

ノーシンカーリグ

ノーシンカーリグは表層からボトムまでゆっくりと誘える基本のリグです。ドライブスティックにはフックセットのポイントが3つほどあり、各ポイントによってフォール姿勢に変化が生じます。

広めのフィールドであればスライドフォールするヘッドに近いポイント、カバー周りであれば3つのポイントにフックを刺して垂直フォールで誘いを入れましょう。

また、表層においても逃げ惑う小魚のようにダートアクションを加えられますよ。

キャロライナリグ

キャロライナリグでは、ドライブスティックがボトムで藻などをついばむ小魚のようなアクションをします。

トゥイッチやリフト&フォールによって、ボトムを「ツンツン」と叩いているように見えます。そのため、岩場や藻類が多いポイントで有効的です。ノーシンカーリグでは少し攻めきれない深さのレンジをしっかりと誘ってあげましょう。

ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグではボトムから中層までをゆっくりと誘うことができます。ジグヘッドリグに関しては、前方にオモリが付いているのでドライブスティックのフォール姿勢も変わります。

具体的にはスライドフォールとなり、緩急のあるフォールアクションをします。ボトム着底後は、ミドストのようにゆっくりとワームを引いてこられるので、スレたポイントで丁寧な誘いを入れられますよ。

ネコリグ

1/32-1/16クラスのネイルリグをドライブスティックの先端に差し込んであげると、ネコリグの釣りも可能です。

ボトムを意識しているけど、キャロライナリグよりもシェイキングをしながら誘いたい時におすすめなリグです。スピニングタックルやベイトフィネスタックルでピンポイントを攻めたい時にも最適なリグです。

バックスライドリグ

夏場のカバーフィッシングでよく釣れるリグが、ドライブスティックのバックスライドリグです。基本的に、小魚系のワームでバックスライドリグを可能とするワームはありません。

されど、ドライブスティックであればテールの根本付近にオフセットリグを刺してあげることで可能です。ユラユラと弱ったベイトフィッシュを演出できるので、カバー周りの活性が高いバスは躊躇なく食べてきますよ!

ドライブスティックを駆使して、あらゆるフィールドでバスを狙ってみよう!

撮影:筆者

当記事では、ドライブスティックの独特な魅力と実践的なリグについて各特徴を紹介しました。

ドライブスティックはボディの設計、高比重仕様とバランス設計が非常に上手く行われています。あらゆるリグに対応しており、バックスライドのようにカバーの釣りにまで対応しています。

ベイトを強く意識しているバスがいる場合、釣れやすくなるワーム間違いなしなのでタックルボックスに忍ばせてみてはいかがでしょうか。