出典:写真AC

「ノーシンカーリグ」リグを見てもらえればわかる通り、シンカーの無いリグのことをいいます。

ただ、ノーシンカーリグは、そのシンプルさとは裏腹にアングラーにとっては非常に心強い、ありがたい存在となり得ます。

今回は、そんなノーシンカーリグにフィーチャー。ノーシンカーリグのアクションや釣れるシチュエーションについて解説していきます。

内容はバス釣り初心者の方向けです。ノーシンカーリグの基本から解説していく内容となっています。

ノーシンカーリグとは?

ノーシンカーリグとは、ワームとオフセットフックのみで構成された極々シンプルなリグです。ゆえに、あらゆるバス釣りのリグの中でももっとも簡単にセッティングできるリグとも言えます。

そして、ノーシンカーリグの一番の特徴はその名の通りシンカーを使わない点です。シンカーを使わないことでワームはよりナチュラルな艶めかしいアクションとなります。要するにバスのエサ(ベイトフィッシュ)に近いアクションを演出することが可能というわけです。

バス釣りをしていると、「ノーシンカーリグだから釣れた」というようなシチュエーションもあるので、マスターできれば相当な武器となりますし、さらにはフックとワームだけなのでコストもかかりません。アングラーにとっては何かとありがたいリグです。

ノーシンカーリグのおすすめアクション

1.フォール

ノーシンカーリグであれば、他のリグと異なりワームをゆっくりフォールさせることができます。

ワームによっては水平姿勢を保ったままフォールするもの、ゆらゆらと揺らめきながらフォールするものなど様々ですが、このゆっくりとしたスピードのフォールが、特にハイプレッシャー下のバスには、とても効果的です。

また、杭やアシ際など、縦の障害物にタイトに付いたバスにも有効です。ラインが横に走ったり、ラインの動きが止まったりしたらバイトなので、見逃さないようにしましょう。

2.ズル引き

ノーシンカーリグでズル引きをする際は、超スローに引いてくるのがポイントです。時間がかかる釣りのため、どうしてもテンポは遅くなってしまいますが、ここぞというポイントや、バスがスローな動きに反応をするといった際には有効です。

また、ノーシンカーリグでのズル引きの際は障害物を乗り越えた際にバイトがあることが多いです。シンカーがないためにふわっと浮き上がるのがバスには効くのでしょう。障害物からワームが外れた瞬間はバイトチャンスです。

3.トゥイッチ

ストレートワームやスティックベイトのノーシンカーリグであれば、小魚が逃げ惑う如くキビキビとしたアクションを加えるこができます。

やり方は簡単です。ロッドティップをチョンチョンと小刻みに動かすだけです。ただ、トゥイッチをした後は必ずポーズを入れてください。3秒程度止めることでバスに口を使わせる時間をつくります。

トゥイッチは様々なシチュエーションで使えるのもポイントです。バスをサーチする際のアクションとしても使えますし、マズメでバスがベイトフィッシュを追いかけ回しているような状況でも効果的です。

ノーシンカーリグが有効なシチュエーション

1.ハイプレッシャーでバスが口を使わない時

ハイプレッシャー下、バスがなかなか口を使わないといった難しい状況で頼りになるのがノーシンカーリグです。

もちろん他の要因や状況にもよりますが、ハイプレッシャーの状況では「極めてナチュラルにするかリアクションにするか」いずれかに振り切ると良い釣果を得られることが良くあります。

ナチュラルなアクションでバスを誘いたい時にはノーシンカーリグがうってつけです。アピール系など他のルアーを試して全然ダメという時には最後の切り札としてノーシンカーリグを試してみると良いでしょう。

2.カバーの奥へワームを送り込みたい時

ノーシンカーリグを活かした特徴的な使い方の一つとしてイモグラブのスライドフォールというものがあります。

ゲーリーグラブのテールが無いような見た目のイモグラブを、テールが外れた方のボディ側からフックをセットすることでワームは後ろ重心となり、アングラーから遠ざかっていくようにフォールします。これがスライドフォールです。

主にスライドフォールは、オーバーハングや桟橋などなるべく奥へとワームを送り込みたい時に有効です。バスが身を潜めるカバーの奥にワームを届けられるので、釣れる確率を高めることができます。

3.根がかりが多くてどうしようも無い時

障害物が複合的に絡んだようなスポットや、ボトムにゴミが山積しているような場所、はたまたゴロタ場など、どうしようもなく根がかりが多いといった場合はノーシンカーリグの使用もおすすめです。

ノーシンカーリグであれば、シンカーを使わないがために、まずシンカーが引っかかることがありません。それに加えてほとんどがワーム自体の重さ(多少ですがフックの重さも加わります)のみなので、障害物に引っかかってもロッドワークでふわっと浮かせるようにして障害物をかわしていくことができます。

このようにノーシンカーリグは根がかりを回避するという点においてもメリットがあります。

また、ノーシンカーリグはワームとフックのみで構成されたリグなので、もし根がかりでロストをしても精神的ダメージも軽く済みます。これも大きいです。

ノーシンカーリグはアングラーにとって信頼度の高いリグ

ノーシンカーリグは、メリットの多いアングラーにとっては信頼度の高いリグです。

ナチュラルなアクションを演出する際にはもってこいですし、根がかりが多い場所でもリスクを抑えて釣りをすることができます。さらにはイモグラブのスライドフォール設定などセッティング次第ではアプローチしにくいスポットにも容易にワームをアプローチすることが可能です。

ノーシンカーリグはセッティングもシンプルで初心者の方にもおすすめなリグです。まだノーシンカーリグを試してみたことがないという方は、この機会にぜひチャレンジしてみてください!