ダイワから発売されているショアジギング・キャスティングロッド「ショアスパルタン ブレイクスルー」をご紹介。

高度なマテリアル・テクノロジーを擁し、バッチバチの性能に仕上がったハイエンド機となっています。

地磯モデル・沖磯モデルが揃い、本格的なショアジギング・キャスティングゲームを強力にサポートしてくれるアイテムです。

ショアジギ&キャスに本気な方は見逃せませんぞ。

ダイワ「ショアスパルタン ブレイクスルー」の特長

まずはダイワ製ショアジギング・キャスティングロッドの全体像をチェックしておきましょう。

製品の一覧はコチラ↓です。

製品実売価格
ショアスパルタン ブレイクスルー(★)6万円台〜
ショアスパルタン コースタル3万円台〜
ショアスパルタン スタンダード2万円台〜
オーバーゼア AGS5万円台〜
オーバーゼア グランデ3万円台〜
オーバーゼア AIR2万円台〜
オーバーゼア1万円台〜
ジグキャスターMX2万円台〜
ジグキャスターTM1万円台〜
ジグキャスター ライト1万円台〜
ジグキャスター1万円台〜

本記事で紹介する「ショアスパルタン ブレイクスルー」はダイワの人気シリーズ”ショアスパルタン”の最高峰モデル。

ダイワの先進テクノロジーが詰まった超本格派のショアジギング・キャスティングロッドとなっています。

てことで、仕様を詳しく見ていきましょう。

ブランクスに”HVFナノプラス”を採用

ブランクス素材には”HVFナノプラス”を採用。

樹脂の量を減らしてカーボン密度を高めることで、軽くて強度も高いブランクスに仕上げてあります。

素材の貢献もあり、先代機よりもブランクスが全体的にスリム化されているのも注目ポイント。

キャスト時の振り抜けがよく、1日を通して気持ちよく投げ続けることができます。

”X45”でネジレ防止

出典:ダイワ

ブランクスには”X45”も適用されています。

斜め方向のカーボンを入れることで、ネジレへの耐性を向上。

キャスト時のブレを抑え、縦横無尽に走り回る大型回遊魚にも力負けしません。

ショアジギング・キャスティングロッドには欠かせない技術となっています。

”V-ジョイントα”で継部を補強

出典:ダイワ

継部には”V-ジョイントα”が適用されており、1ピースロッドのように違和感なく曲がります。

ジョイント部からパワーが逃げづらく、しっかりとタメて引きをいなすことが可能。

魚を素早く疲れさせ、釣り人の疲れを軽減するありがたいテクノロジーです。

ガイドはコンセプトごとに使い分け

ガイドは機種のコンセプトによって使い分けられています。

地磯コンセプトの2機種(106MH・103H)には、チタンフレーム&SiCリングを搭載。

出典:ダイワ

振り抜けが良いので精度の高いキャストを繰り返すことができます。

長時間振っても疲れづらく、少ないチャンスを確実にものにできるセッティングです。

沖磯コンセプトの3機種(100HH・99XH・83XXH)には、ステンレスフレーム×SiCリングを搭載。

出典:ダイワ

線径が太く、高負荷に強いステンレスフレームを採用することで、パワーファイト時の安心感を担保しています。

大物を獲るためのこだわりグリップ

グリップ部にも開発陣のこだわりが込められています。

まずはフォアグリップ。先代機のものよりも延長されており、グリップ位置の自由度が上がっています。

リアグリップも長めにとってあるので、両手でガシッと鷲掴みにすることが可能。

出典:ダイワ

エンドはソフトギンバル仕様。ファイト時は腰を入れて粘れます。

ダイワ「ショアスパルタン ブレイクスルー」の機種ラインナップ

出典:ダイワ

「ショアスパルタン ブレイクスルー」は全5機種展開となっており、地磯・沖磯の2コンセプトに分かれます。

地磯コンセプト(2機種)

機種全長自重キャスト重量プラグ重量継数
106MH3.20m298g15ー60g20ー80g2本
103H3.12m308g20ー80g30ー100g2本

手軽に行ける一方、激戦になりやすい地磯攻略に特化したモデル。

がっつり飛ばせるレングスと、シャープに振り抜いてコントロールできるチューニングを採用しています。

  • 106MH:ヒラスズキ・青物兼用モデル
  • 103H:ショアジギング・プラッキング特化モデル

を基準に選ぶのがおすすめです。

沖磯コンセプト(3機種)

機種全長自重キャスト重量ジグ重量継数
100HH3.05m396g30ー90g40ー120g2本
99XH2.97m406g50ー120g60ー160g2本
83XXXH2.51m450g70ー210g3本

地磯よりも大物がヒットする確率が高い沖磯コンセプトの3機種はパワー重視のセッティング。

剛性感があり太径のブランクスで大型回遊魚の引きをどしっと受け止めることができます。

沖磯モデルではメインターゲットの重量を機種選びの基準にするのがおすすめ。

中型青物(3〜6kgクラス)狙いなら”100HH”

大型青物(10kgクラス)狙いなら”99XH”

大型青物(10kg超)、GT狙いなら”83XXXH”

関連記事