長きにわたってアピアのフラッグシップに君臨した金字塔ロッド「Foojin’AD(フウジンAD)」をご紹介。

最高峰グレードの座は「Foojin’Z(フウジンゼータ)」に譲ったものの、まだまだ現役バリバリのアイテムです。

予算6万円前後で高性能なシーバスロッドをお探しの方には見逃せないアイテムとなっていますよ。

アピア「Foojin’AD(フウジンAD)」の特長

まずは、アピア製シーバスロッドの全体像をサラっとおさらいしておきましょう。

製品を一覧にすると↓のとおり。

製品参考実売価格
Foojin’Z80,000円前後
★Foojin’AD60,000円前後
グランデージ STD30,000円前後

見てのとおり、「Foojin’AD」は準ハイエンドクラスに位置します。

といっても、2021年初まではフラッグシップ機としてアピア製シーバスロッドの顔となっていた製品。

「Foojin’Z」に最上位の座をバトンタッチしたももの、「Foojin’AD」もまだまだ現役です。

アピアのシーバスロッドが欲しいけど、8万円クラスの”ゼータ”には手は届かない…。
でも、6万円ぐらいならなんとか…!

って方にはかなりアリな選択肢だと思います。

てことで、仕様をもうちょっと詳しくチェックしていきましょう。

ハリ・コシのあるブランクス

出典:アピア

最もこだわりが詰まっているのは、もちろんブランクス。

東レの高度テクノロジーである”ナノアロイ”仕様のカーボン素材を駆使し、張りはあるけどキレイに曲がり、ちゃんと粘れるバランスに調整されています。

高性能ブランクスを実現するもうひとつのファクターが、アピア独自のカーボンテーピング。

カーボン繊維の方向を分散させることで、ネジレ・ツブレに強く、どの方向の負荷に対しても安定したパワーを発揮するブランクスに仕上げてあります。

シーバスの力強い走りをドシッと受け止める剛性も十分です。

安定感抜群のガイドセッティング

出典:アピア

ガイドは安定感を重視したセッティング。

糸鳴り等の問題が指摘されるトルザイトリングを避け、あえてSiCリングを選んだのでしょう。

軽さや糸抜けの良さはトルザイトよりも劣りますが、総合的な安定感ではSiCが勝ります。

ラインのヨレや摩耗を気にせず、釣行に集中できるセッティングです。

機種の特性に合わせたリールシートをチョイス

出典:アピア

リールシートは各機種の操作方針に合ったものを選択。

仕様は以下のとおりです。

リールシート適用機種
VSS1685MH / 86LX / 810ML / 90MH / 92MX / 96M /104ML
VSS1792H / 102M / 111MX
TVS77MH / 95MH

全体的に細身でしっかり握れるよう成形されているってのも注目ポイント。

コルクやEVAを配置して、グリップの全長をやや長めに確保しています。

キャストやアクション、フッキング等々、各アクションの精度アップをアシストしてくれるでしょう。

アピアらしさが滲む優美なデザイン

出典:アピア

デザイン性の高さも「Foojin’AD」の魅力です。

  • カーボン模様が浮き出るエレガントなブラック
  • 差し色のゴールド・レッド

が調和し、アピアっぽさ全開のオシャカッコいい外観に仕上がっています。

合わせて、グリップ部に配されたコルクの風合いもステキ。差し色のゴールドとのなじみ具合は秀逸で、最高にバエます。

アピア「Foojin’AD(フウジンAD)」の機種ラインナップ

「Foojin’AD」には全13機種がラインナップされています。

プロデュースを手掛けたのは、シーバス界の著名アングラーである以下の5名。

  • 村岡昌憲氏
  • RED中村氏
  • 濱本国彦氏
  • 松尾道洋氏
  • 北添貴行氏

プロデュースしたアングラー別に、各機種のスペックをまとめていきます。

村岡昌憲プロデュースモデル(4機種)

機種全長自重ルアー重量
METRO KNIGHT 86LX2.59m183g※5-28g
NIGHT HAWK 93ML2.82m230g※7-36g
HIGH ROLLER 104ML3.15m172g7-36g
BANKER 111MX3.38m220g12-48g
※バランサーウエイト含む

↓ジャークで誘うための湾奥モデル↓

↓中・遠距離のピンを狙うための9.3ftフィネス↓

↓村岡氏の相棒として有名なロングバーサ↓

↓オープンエリア攻略に適したパワー型ロングモデル↓

RED中村プロデュースモデル(3機種)

機種全長自重ルアー重量
FLOW HUNT 810ML2.69m156g7-32g
JAILBREAKER 92MX2.79m181g7-42g
PODEROSA 102M3.10m206g10-42g

↓柔剛一体のウェーディング向けモデル↓

↓剛力バットとフィネスティップが融合する河川攻略モデル↓

↓広範囲をサーチに適した長尺遠投モデル↓

濱本国彦プロデュースモデル(3機種)

機種全長自重ルアー重量
NATURAL SEVEN 77MH2.31m148g12-42g
BEAST BRAWL 95MH2.87m177g12-48g
ANGEL SHOOTER 96M2.90m162g7-36g

↓小場所からランカーを引きずり出せる攻撃的ショート↓

↓ドリフトに適したパワー型センシティブモデル↓

↓ほぼ全てのシチュエーションをカバーする超万能モデル↓

松尾道洋プロデュースモデル(2機種)

機種全長自重ルアー重量
LAPAGE 85MH2.57m152g7-42g
VANCOOR 92H2.79m200g12-56g

↓操作性抜群の8.5ftウェーディングモデル↓

↓ランカーをゴリ押せるシリーズ随一のパワーモデル↓

北添貴行プロデュースモデル(1機種)

機種全長自重ルアー重量
STOUT HEART 90MH2.74m190g10-60g

↓絶妙な柔軟性をもつハイテーパーモデル↓

【限定生産】人気モデルの”Last Edition”にも注目!

ちなみに、”Foojin’ADの有終の美”となる限定生産モデル「Foojin’AD LAST EDITION」も2020年にリリースされています。

基本設計は通常モデルを踏襲しつつ、よりシックで渋いデザインにイメチェンされているのが特長。

限定生産だけに入手の機会は限られますが、こちらも注目せずにはいられません。

”ラストエディション”としてリリースされたのは4つの人気モデル。一覧は↓のとおりです。

機種全長自重ルアー重量
NATURAL SEVEN 77MH2.31m148g12-42g
BEAST BRAWL 95MH2.87m177g12-48g
PODEROSA 102M3.10m206g10-42g
HIGH ROLLER 104ML3.15m172g7-36g

関連記事