アルカジックから発売されているチニング用ジグヘッド「BM.キューブ」をご紹介。

ボトムステイに適した台形型ヘッドのネチネチ攻め系アイテムです。

根がかり回避能力も高く、ボトムレンジを強気にズル引けますよ〜。

アルカジック「BM.キューブ」の特長

てことで、さっそく「BM.キューブ」の特長を見ていきましょう。

ボトム放置に適したヘッド形状

「BM.キューブ」のヘッド形状は台形型が採用されています。

ボトムに置いても姿勢が安定しやすく、ステイ時にもしっかりアピールできるってのが持ち味です。

引いては止め、引いては止めを繰り返しながら、ボトムをじっくりサーチするスローなチニングと相性抜群。

ネチネチ攻めるのが好きな方に打ってつけのデザインとなっています。

選べる2つのセット方法

「BM.キューブ」のセット方法は、オフセット方式とジグヘッド方式の2種類から選択できます。

↓オフセット方式↓

↓ジグヘッド方式↓

使い分けの例としては、

  • 根がかり回避重視→針先が隠れるオフセット方式
  • フッキング性能重視→針先が露出するジグヘッド方式

といった感じがおすすめ。

フィールドの特性に合わせてセット方法を変えていけば、根がかりによるロストとタイムロスを防ぎつつ、効率よくチヌにアプローチできます。

フックポイントが高く、根がかり回避性能も優秀

「BM.キューブ」は、フックもボトム攻略に最適化されています。

フックポイントが台形型のウエイト部分よりも大幅に高くなっているので、ボトムをズル引いても障害物に掛かりづらいです。

過度に根がかりを恐れず、ボトムを強気で攻めることができます。

キャッチ率を上げるネムリフック

針先の形状はアルカジック製ジグヘッドでおなじみのネムリ型。

フッキング動作を入れたあと、口のなかでフックが適度に滑るよう設計されています。

口元付近へのフッキングを狙いやすく、リーダーが歯で擦り切られる可能性を下げてくれます。

貴重な1本を逃さないために、ネムリ型フックが一役買ってくれるわけです。

アルカジック「BM.キューブ」のスペック・ラインナップ

「BM.キューブ」には↓の全6ウエイトがラインナップされています。

1.5g / 2.0g / 2.5g / 3.5g / 5.0g / 7.0g

5g前後の定番ウエイトだけでなく、超フィネスな近距離戦を楽しめる1.5g級まで揃い、チニングで想定される様々な状況に対処可能です。

どれから揃えようか迷うって方は

2.0g / 3.5g / 5.0g

の3ウエイトあたりから揃えるのがおすすめです。

関連記事