日本には本来生息していないはずの怪魚である”アメリカナマズ”。

アメリカナマズは茨城県の霞ヶ浦水系を中心に生息しており、80センチサイズを超える大型クラスの個体もいます。
春から秋までよく釣れるターゲットで、手軽に釣れる怪魚として人気な魚です。

この記事ではアメリカナマズを釣るために必要なタックルや仕掛け、実践的な釣り方のコツについて紹介します。

アメリカナマズを釣るために必要なタックル/仕掛けについて

撮影:筆者

アメリカナマズは日本原産のニホンナマズのよりも一回り大きな姿形をしています。さらに容姿だけでなく、実際にヒットした際の引きも強烈な怪魚です。

著者は過去に高級なブラックバス釣り用のタックルを用いて置き竿にしてアメリカナマズを狙い、気付いたら川に引きずりこまれた経験があります。大きな口で一気に吸い込むように捕食するアメリカナマズはアタリも一瞬かつ、豪快な引きで釣り人の腕を唸らせます。
ですのでタックルや仕掛けはしっかりと準備をして挑みたいです。

ロッド

ロッドはある程度強めのものであれば、代用可能です。

例えばですが投げ竿であれば2-3メートルの長さを目安に選びましょう。

またより取り回しがしやすいロッドとしては、バスロッドでMH〜Hクラスの硬めのロッドであれば大物クラスがヒットしても柔軟に対応できます。強い力に対して余裕がある分は問題ないので、硬めで粘りのあるロッドを選びましょう。

因みにですが著者は、MHクラスのバスロッドをメインに使用しています。

リール

リールは投げ竿やスピニングロッドを用いる場合、3000-4000番のリールを使用しましょう。

一方でバス釣り用のMH〜Hクラスのロッドを使用すると、ベイトロッドでの釣りになると想定できます。

その場合はベイトリールを使用しましょう。
アメリカナマズの引きは強いので主導権を釣り人側が握る必要があります。
しっかりとラインを巻ける堅牢性重視で、太いラインを多く巻ける仕様のリールを選びましょう。

個人的にはベイトリールでガチンコファイトを楽しむのが面白いです。

ライン

ラインの太さは最低でもナイロン16ld、余裕を持ったファイトをするには25ldほどあっても良いです。私の使用感としては20ldのナイロンラインがタックルとのバランスが良くておすすめです。

オモリ

アメリカナマズの仕掛けはラインにオモリを通し、スイベルで結びます。
スイベルの先にハリスを30-40センチほど取り完成です。オモリはフィールドの状況(流れの速さ、深さ)に応じて使い分けます。

種類としてはナス型オモリや亀型オモリで、重さは3-8号を目安にしましょう。

フック

フックはアメリカナマズの口に入り、ゲイブが広いサイズがおすすめです。

バス釣り用のフックや鯉釣り用のフックなど、太軸のフックが適しています。太軸の理由としてはアメリカナマズの口内は鋭いギザギザの歯が連なっているので、細いと折れる可能性があるためです。

よりスリリングな釣りを味わいたいなら延べ竿の釣りもおすすめ

上記でご説明したタックルや仕掛けは初心者から上級者まで楽しめる釣り方です。

アメリカナマズの釣りは油断できぬほどずっしりと引く魚なのですが、腕に自信のある人であれば延べ竿を用いた釣りに挑戦するのも面白いです。
仕掛けは上でご紹介した通りのものを使用します。
延べ竿の絞り込まれる引きに上手く対処しながら大物を釣るのも粋な釣り方です。

延べ竿の長さとしては3,6-5メートルクラスの長さを目安に選びましょう。
理由としては竿が短すぎるとタックルのバランスが悪くなり、竿が折れてしまったりラインが切れてしまう可能性があります。

また竿の調子はパワフルな引きに対応できるように、胴調子の延べ竿を選びましょう。つっこまれる引きを竿全体で吸収しながら、疲れてきたアメリカナマズを徐々に引き寄せるイメージでキャッチします。

アメリカナマズが食べるエサって?強い匂いを発するエサがおすすめ!

続いてアメリカナマズを釣る上で必要となるエサについて解説します。

アメリカナマズは肉食の魚で、非常に食性が強い魚です。そのため動く生き物はもちろん捕食しますが、魚やザリガニなどの死肉も活発に食べます。
著者の経験上、口に入るものであれば何でも食べてしまう印象なのでエサもその場で用意できる適当なもので十分です。

具体的におすすめなエサとしてはミミズ、ザリガニ、サバの切り身や小魚がオーソッドクスなエサです。他にも、より簡単に手に入るエサとしてよっちゃんイカやシオカラなどの匂いが強いエサも効果抜群です。
また信じられないような話ですがコンビニで購入できる唐揚げやフライドチキン、フランクフルトにも反応が良いです。油を多量に含んでいる食品でもアメリカナマズは活発に食べてきます。

以上のようにアメリカナマズのエサは口に入りそう、食べそうだなと感じるエサで簡単に釣れます。

アメリカナマズを釣るコツは○○が溜まるポイント

出典:pixabay

次に実践的な釣り方について紹介します。

アメリカナマズを良く釣るヒントはズバリ、エサが溜まりやすそうなポイントです。例えば霞ヶ浦で頻繁に見かける水門周りにはどんなエサが集まるでしょうか?

  • 小魚
  • エビ
  • ザリガニ

水門周りなど水中に変化が起きやすいポイントには、川虫などを求めてアメリカナマズのエサとなる小魚やエビが溜まりやすいです。
ですので小魚が水面で跳ねていたり、魚影を確認できるようであれば高確率で周辺にアメリカナマズもいます。
あとはエサを投入してアタリを待つだけなので竿先を注意深く見張りましょう。

簡単に大物の引きが味わえる!アメリカナマズを釣ってみよう。

撮影:筆者

この記事ではアメリカナマズを釣るためのタックル・仕掛け、コツについて紹介しました。
アメリカナマズはズッシリと重みのある引きが特徴でしっかりとしたタックルで挑まないと竿が折られたり、仕掛けをロストしてしまいます。アメリカナマズが近くにいれば、アタリは数多くあるので準備をしっかりと行ってから釣行したいです。

そして体が筋肉痛になるほど多くのアメリカナマズを釣るコツとしては、水門周りにエサとなる小魚やエビがいるかをチェックしてみましょう。群れになって入ってきてる場合もあるので、上手く仕掛けが投入できれば連続ヒットも夢ではないです。

アメリカナマズは日本全国、様々な釣りがある中でも特に簡単に大型魚と楽しめる釣りです。初めて釣った人は衝撃を受け、一度釣ったことがある人はまたあの引きを味わいたと思わせる魅力が詰まっています。

一度はぜひ、釣り好きでも釣りの経験がない人もチャンレンジしてみると面白いですよ。