オオウナギという魚の名前を聞いたことがあるでしょうか?オオウナギは日本では沖縄を中心に亜熱帯地域に生息する巨大ウナギです。
日本原産のニホンウナギは最大でも60cm程度ですが、このオオウナギに関しては1m50cmクラスにまで成長します。

この記事では、意外なポイントで頻繁に見かけるオオウナギの釣りについて紹介します。

オオウナギはとにかく大きい

撮影:著者

オオウナギの生息域は太平洋・インド洋を中心とした亜熱帯地域で、日本では沖縄をはじめとした南西諸島の水辺に生息しています。

日本ではミミズや小魚などを捕食する「ニホンウナギ」が最も馴染み深いですが、オオウナギの場合は、その巨大な体で口に入りそうなエサ(カエル、小魚、甲殻類)であれば何でも捕食してしまいます。
通常、細い個体であればニホンウナギと変わらないような姿形をしています。ですが成魚サイズになるとサイズはもちろん、胴回りも太くなり通常のウナギサイズを遥かに上回って巨大化します。

著者は何度かオオウナギを釣り上げた経験がありますが、重量が重くウネウネと暴れまくるのでロッドを抱え込むようにしてファイトをしました。とにかく想像もできないほど大きく、強烈な引きをするので集中してやり取りをしました。

オオウナギの生息するポイントについて

オオウナギの生息するポイントは主に河川になります。特に川の流れが緩やかになる浅場の障害物が好みです。夜行性の魚なので日中は身を隠せそうな岩陰や水草の近く、水流によって形成される地盤のエグれ、穴などでジッとしているのを見つけるのは難しいです。

ただしオオウナギは大きいので、目が慣れてくると障害物の横から尻尾や頭が見えるなんてこともありますよ。

オオウナギの釣り方とは?

オオウナギは食性が強い魚ですので、基本的には魚が近くに生息していることが分かれば釣りやすいです。釣るコツとしてはしっかりとしたタックルの準備は必須ですが、それよりも良いポイントを探す必要があります。
例えばですがオオウナギが居着いてそうな大きな岩や岸壁のエグれなどは要チェックです。水中が見えるポイントであれば、影からオオウナギのシルエットが見えないかをチェックしてみましょう。

オオウナギを釣る方法としては上記のようにオオウナギが好みそうなポイントを、あらかじめ見つけておくことです。「ここにいるかな?」と思ったポイントにエサを投入してジッと待っていると、オオウナギがエサを捕食してきます。

エサを捕食するとラインが走り出すので、思い切りフッキングを入れて障害物に潜られないようにします。オオウナギはヒットすると体をグネグネと拗らせながらラインを絡ませようとします。
とにかくパワーを込めて手前まで一気に寄せてしまいましょう。

ロッド

オオウナギの引きは衝撃を受けるほど、力強いパワーでロッドが引き込まれます。のたうち回るようにファイトするので、ロッドが上下に揺れやすいためHクラスの硬いロッドを使用しましょう。調子はロッド全体でやり取りができるように胴調子のロッドがおすすめです。

コンパクトですが、力強さのあるロッドで移動が多くて携行性が良いです。

リール

リールはベイトリールの使用がおすすめで、小場所でも巻き上げを早くするためにハイギアのベイトリールを使用しましょう。また使用するラインが太くなるのでラインキャパシティにも余裕のあるベイトリールが良いです。

剛性の強いリールで、大型魚とのファイトに対応したアブガルシアのベイトリールです。怪魚釣りでは定番のパワーリールです。

ライン

ラインは引っ張った時の強度が一番強いPEラインを使用します。ラインの太さはPE4号-PE8号を目安に障害物の多さなどを考慮して選びたいところです。

オオウナギを高い所からでもぶっこ抜ける強度のラインを使用しましょう。

フック

オオウナギの口はニホンウナギなどと比較すると非常に大きいのが特徴です。ですので、オオウナギの口にしっかりとフックが刺さるようにするためには大型のフックが必要です。
ただ、明確にこのフックを使用すれば釣れる!というものはありません。それゆえ、バス釣り用のオフセットフックやキハダマグロの泳がせ釣りで使用するフックなどを代用しましょう。

その上、オオウナギはエサを飲み込む習性がありエサが付いたフックも丸呑みにしてしまいます。このような場合は焦ってペンチなどで外さずに、口元でラインを切りましょう。リリースすると、水中でフックを吐き出すので自然と回復します。

フトコロが広めのフックはオオウナギの口を貫通しやすいです。その点を考慮すると、キハダマグロ用のフックは最適です。

オオウナギ釣りに挑戦を

撮影:著者

今回はオオウナギの魅力や釣り方のコツ、ポイントなどについて詳しくまとめました。オオウナギは亜熱帯地域を中心に日本では沖縄をはじめとした南部の水域に生息しています。サイズ・重量共に巨大化した個体は、想像もつかないほど良く引く魚です。
汽水域から淡水域の河川にも生息しているオオウナギは、頻繁に釣れるターゲットですよ!

迫力満点「怪魚釣り」シリーズ おすすめ関連記事もチェック!