出典:DUO

夏場の豆アジングにベストマッチのワーム「メガロパ」の特徴とラインナップをまとめました。使いどころは限定されますが、ピンチを救ってくれるワームですから、バッグに忍ばせておくと良いことありますよ。

テトラワークス「メガロパ」の特徴

まずはテトラワークス「メガロパ」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. 豆アジ専用設計の極小サイズ
  2. 細部までこだわったフォルムの作り込み
  3. 水受けの良い扁平&リブボディー

豆アジ専用設計の極小サイズ

テトラワークス「メガロパ」の一番の特徴はめっちゃ小さい!ことです。全長はわずか20mm(0.8インチ)ほどとなっており、数あるアジング用ワームの中でも最小クラス。

なかなか乗らなくて悶絶させられる夏場の豆アジちゃんでも、しっかり吸い込んでくれます。極小の「スナイプヘッドSS」と組み合わせて、ツンツンおちょくってくる豆アジを鬼掛けしちゃいましょう。

細部までこだわったフォルムの作り込み

テトラワークス「メガロパ」は甲殻類の幼生を模したフォルムに成形されています。極小サイズながらも細かいリブや触手があり、作り込みが恐ろしく細かい!数多くのソルトルアーを製造しているDUO社の技術力が詰まっています。

水受けの良い扁平&リブボディー

ボディーは水受けの良い扁平型に、たくさんのリブが刻まれています。リフト時には適度な抵抗を生んで操作感を担保。フォール時には下からの水を受けてスローに沈むので、アジにより長時間ワームを見せることが可能です。群れが薄い状況でもしっかりバイトを出していくことができます。

テトラワークス「メガロパ」のラインナップ

出典:Amazon

テトラワークス「メガロパ」は全12種類のカラーで展開されています。この12カラーは他のテトラワークス製ワーム(「バーニー」「チョップ」「ピピン」)においても共通です。

カラーを数種類選んで統一してワームのフォルムと一緒にローテしていけば、当たりカラーの発見も早くなります。

てことで、参考までに個人的なおすすめカラーを

  • ソリッド系
  • クリアカラー系
  • クリア系
  • 点発光系

の4カテゴリに分けて紹介しておきます。4カラー×4種類(「バーニー」「チョップ」「ピピン」「メガロパ」)のワームを持っておけば、ローテがはかどりますよ。

ソリッド系のおすすめ:スノーゴールド

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥550(2020/09/29 08:33:53時点 Amazon調べ-詳細)

ワームのシルエットをくっきり見せてアピールできるパールホワイト。濁りが強いときやアジの活性が高いときに有効なカラーです。

クリアカラー系のおすすめ:ライムサイダー

シルエットが適度に見えて、適度に透けるクリアグリーン。海水の色に同化して、アジがスレにくいってのもgoodです!

クリア系のおすすめ:しらすっこ

created by Rinker
DUO(デュオ)
¥550(2020/09/29 08:33:55時点 Amazon調べ-詳細)

アジに違和感を与えずにナチュラルに誘えるクリアラメ系カラー。デイゲームや常夜灯下など光量が多いタイミングで有効です。

点発光系のおすすめ:シルバー★スターダスト

クリア系ワームをベースに、ブルーのグローフレークを混ぜ込んだカラー。点で光るのでアミパターン攻略に最適です。

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

てことで、テトラワークス「メガロパ」の紹介は以上〜!その他のテトラワークス製ワーム・ジグヘッドを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪