テトラワークスから発売されているストレート系ワーム「ピピン」の特徴とラインナップをまとめました。定番のフォルムながらもテールにひとクセがあり、釣果アップに貢献してくれます。

テトラワークス「ピピン」の特徴

出典:DUO

まずはテトラワークス「ピピン」の特徴を見てきいきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. 万能に使える定番のストレート系
  2. ナチュラルアクションのピンテール
  3. 小ぶりなサイズ感で通年使える

万能に使える定番のストレート系

テトラワークス「ピピン」はアジングワームのド定番のストレート系フォルム。どんなアジにも嫌われにくく、万能な働きを見せてくれます。釣り場についてから最初に投入するパイロットワームにもおすすめです。

ナチュラルアクションのピンテール

テールは定番のピンテールに一工夫を追加。先っぽに小さなリングがついているので、大きめのユラユラアクションで広範囲にアピールしてくれます。見にきた魚を微波動で狂わせるのではなく、ナチュラルに食わせるスタイルです。

リトリーブ主体の横移動よりも、ロッドワークを使って上下に動かしてあげると、より強みを活かせます。

小ぶりなサイズ感で通年使える

「ピピン」は全長45mm(約1.8インチ)の小さめサイズです。小ぶりなうえに細身なので、アジの大小を問わずスッキリ吸い込んでくれます。

良型が狙える冬〜春シーズン、豆アジ〜アベレージサイズが中心となる夏〜秋シーズンに対応する万能型です。

テトラワークス「ピピン」のラインナップ

出典:Amazon

テトラワークス「ピピン」には12種類のレギュラーカラー、4種類の限定カラーがラインナップされています。レギュラーカラーはテトラワークス製ワーム(「バーニー」「チョップ」「メガロパ」)で共通なので、効いているカラーの検証もしやすいです。

てことで、12種類のレギュラーカラーの中から特におすすめのカラーを

  • ソリッド系
  • クリアカラー系
  • クリア系
  • 点発光系

の4カテゴリでご紹介しておきます。

ソリッド系のおすすめ:スノーゴールド

ワームのシルエットがくっきり見える「パールホワイト×金ラメ」カラー。濁りが強いときや高活性時に使うのがおすすめです。

クリアカラー系:ライムサイダー

海水の色に近いナチュラル系カラー。どんな時でもアジからの反応が返ってきやすいグリーン系は持っておいて損はありません。

クリア系:しらすっこ

created by Rinker
D.U.O.
¥496(2020/11/27 03:32:00時点 Amazon調べ-詳細)

アジがワームを見切りやすいデイゲームや常夜灯直下のポイントで有効なカラー。居るっぽいけど、食いが渋いな〜って時に投入です!

点発光系:シルバー★スターダスト

近年のアジングシーンで主流となっているアミパターンに強い点発光カラー。シルエットは見せず点で光るので、アジに違和感を与えず食わせることができます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

てことで、テトラワークス「ピピン」の紹介は以上〜!その他のテトラワークス製ワーム・ジグヘッドを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪