管理釣り場に放流されているトラウトを釣るためのルアーには、数多くの種類があります。そして、ルアーには管理釣り場のトラウトとフィールドにぴったりなシチュエーションが設定されています。

そのルアーに設定されたシュチュエーションをたくさん経験することで、釣りが上手くなり釣果を伸ばすことができます。しかし、管理釣り場デビューしたばかりの初心者には、経験も少なく難しい話です。

そこで、今回は管理釣り場でルアー経験が少ない初心者でも、気軽にトラウトが釣れやすいシマノカーディフふわとろをご紹介します。初めての管理釣り場トラウト用ルアー選びの参考にもどうぞ。

シマノカーディフふわとろについて

シマノカーディフふわとろは、シマノのカーディフからリリースされているクランクベイトです。リリースから数年経ちますが、新たに新色が追加されるなど人気のルアーです。

ルアーのサイズ感も小型で重量も3.5g程と気軽に使えるシルエットです。さらに、ルアー種別がクランクベイトなので、巻くだけでアクションするので簡単にトラウトを惹きつけることができます。

今では管理釣り場でトラウトをクランクベイトで釣るルアーとして定番となり、多くのアングラーがタックルボックスに忍ばせています。

シマノカーディフふわとろがなぜ釣れるのか

シマノカーディフふあとろの画像
シマノカーディフふわとろがなぜ釣れるのか

管理釣り場のトラウト用ルアーは数多くのメーカーからリリースされていますが、シマノカーディフふわとろは他メーカーのクランクベイトとは少し違います。

それは、ルアーがジョイントタイプであることです。ジョイントタイプはルアーボディが連結するかたちで、前方の動きにあわせて後方が揺れます。

シマノカーディフふわとろは小型のクランクベイトでありながら、ジョイントタイプなので、巻くだけで他のルアーには出せないアクションで魚を誘うことができます。

シマノカーディフふわとろの使い方

シマノカーディフふあとろの使い方の画像
シマノカーディフふわとろの使い方

シマノカーディフふわとろはルアー種別に分けるとクランクベイトです。クランクベイトはリールを巻くだけでアクションします。
何も考えず巻くだけでも釣れるルアーなのですが、ルアーに合った巻きスピードや使い方を覚えておくと、同じルアーでも1日を通して釣果が大きく変わります。

ここでは、シマノカーディフふわとろで管理釣り場のトラウトをたくさん釣る使い方をご紹介します。

シンプルに釣れるただ巻き

シマノカーディフふわとろの基本の使い方はただ巻きです。このただ巻きの際に釣果を上げるポイントは、とにかくゆっくり巻くことです。

クランクベイトは製品によっては、早巻きでキレのあるアクションを出すことができるタイプがあります。ですが、逆の使い方がベストとなります。

ジョイントタイプなので、ゆっくりアクションさせてルアーボディを揺らしてトラウトを誘います。 ただ巻きで釣る時は、ルアーが動くぎりぎりの速度でゆっくり巻くを意識してみてください。

巻き速度でレンジを調整しよう

巻き速度でレンジを調整できる画像
巻き速度でレンジを調整しよう

シマノカーディフふわとろはミドルレンジまで潜らせることができます。
太陽が高い位置にあり日が差し込む時間帯や、アングラーのプレッシャーの高いフィールドではミドルレンジでのクランクベイトは釣果が上がりやすいです。

ですが、太陽が上がりきらない午前中や、虫などを食べるトラウト達はシャローエリアを回遊するため、目線が上を向いています。

基本はただ巻きでミドルレンジをチェックする使い方で、フィールドの状況に合わせて巻き速度を変え、シャローエリアのトラウトにもアプローチを仕掛けてみましょう。

浮かせて食わすストップアンドゴー

ルアーに浮力があるクランクベイトは、巻くのを止めると水面に浮いてきます。管理釣り場のフィールドによっては、クランクベイトのストップアンドゴーによる「浮かせて食わせる」パターンが有効なタイミングがあります。

シマノカーディフふわとろはフローティングなので、ルアー浮力が持たせてあるので浮かせて食わすパターンが使えます。

ただ巻きによる横の釣りは安定的に釣れるのですが、場合によっては浮かせによる縦の釣りがとても釣果が上がるタイミングあるので、覚えておきましょう。

トラウトをクランクベイトで釣りたい初心者におすすめ!

トラウトをクランクベイトで釣りたい初心者におすすめ画像
トラウトをクランクベイトで釣りたい初心者におすすめ!

管理釣り場初心者でも手軽に釣れるクランクベイトルアーである、 シマノカーディフふわとろをご紹介しました。使い方も基本的にはただ巻きがメインとなるので、安定して魚を釣ることができ応用的な使い方にも対応します。

また、トラウト用のクランクベイトルアーとしては定番となっており釣具店やネット通販でも入手がしやすいのが特徴です。管理釣り場のトラウトをルアーで釣果を上げるには、どうしても経験が必要となります。

初心者の方ぜひ、定番で有名なルアーを使ってトラウトを釣る経験を積み、使えるルアーの幅や知識を広げてみてください。

>管理釣り場初心者にはこちらもおすすめ!「ダイワ鱒の花」の使い方を紹介 (新しいタブで開く)”>>>>管理釣り場初心者にはこちらもおすすめ!「ダイワ鱒の花」の使い方を紹介 (新しいタブで開く)”>管理釣り場初心者にはこちらもおすすめ!「ダイワ鱒の花」の使い方を紹介

>管理釣り場で大活躍!トラウトが釣れる不思議な棒「Xステック」を紹介 (新しいタブで開く)”>>>>管理釣り場で大活躍!トラウトが釣れる不思議な棒「Xステック」を紹介 (新しいタブで開く)”>管理釣り場で大活躍!トラウトが釣れる不思議な棒「Xステック」を紹介