コスパに定評のあるメジャクラ製チニングロッド「エヌワン クロダイ」をご紹介。

2万円クラスのチニングロッドでは異例となる「ナノアロイ」適用カーボンが使われたこだわりブランクスが魅力です。

予算は適度にセーブしつつ、なおかつ本格派のチニングロッドをGETしたい方はお見逃しなく!

メジャークラフト「エヌワン クロダイ」の特長

てことで、さっそくメジャークラフト「エヌワン クロダイ」の特長を見ていきましょう。

2万円ちょいなのに…!「ナノアロイ」仕様のブランクス

「エヌワン」シリーズの一番の魅力はブランクス素材でしょう。東レの「ナノアロイ」仕様のカーボン素材が使われています。

カーボン繊維同士をつなぐ粒子が非常に細かいのです。カーボンの強さを活かしつつ、それでいて軽いという…。

つまり、ルアーロッドとしては理想的な素材というわけなのです。

そんな「ナノアロイ」仕様のカーボン素材は、他社製品なら基本的に3万円クラス以上のロッドにしか使われません。

2万円クラスのロッドで「ナノアロイ」が適用されているのは、「エヌワン」シリーズ以外は聞かないですね。

なので、ブランクス素材のコスパがぶっ壊れているってのが、「エヌワン」の一番の魅力となっています。

クロスフォース製法でダメ押し強化!

ブランクスにはメジャクラ製品ではおなじみの強化機構「クロスフォース製法」も適用されています。

ただでさえ粘り強いナノアロイカーボンの繊維方向を分散させてあり、強度面の安心感もバッチリ。

多方向に対して安定した復元力を発揮し、キャスト・アクション・ファイトの快適性も高めです。

KRコンセプトガイドでトラブルレス

ガイドは糸絡みが少ないKRコンセプトを採用。

細くて軽く、ガイドに干渉しやすいPEラインを合わせても、トラブルレスでチニングを楽しむことができます。

余計な心配とストレスが発生しづらいので、釣り初心者の方にもおすすめです。

アップロック式VSSの安定感

リールシートはアップロック式のVSSシートを採用しています。

EVAの大部分が手に当たるデザインとなっており、汗ばむ夏場でも滑りにくいのもGood!キャストもファイトも快適にこなせます。

メジャークラフト「エヌワン クロダイ」の機種ラインナップ

メジャークラフト「エヌワン クロダイ」には全4機種が揃っており、スペックの一覧は↓のとおりです。

機種ティップ全長自重ルアー重量
NSL-782L
黒鯛
チューブラー2.34m非公表2~10g
NSL-782ML
黒鯛
チューブラー2.34m非公表2~15g
NSL-802ML
黒鯛
チューブラー2.44m非公表2~15g
NSL-782M
黒鯛
チューブラー2.34m非公表5~20g

全モデルがチューブラーティップ仕様となっており、反響感度に優れます。操作性と地形感知のアドバンテージを重要視したチューンです。

エヌワン NSL-782L 黒鯛

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー2.34m非公表2~10g2本

軽量ジグでのボトムズル引きと相性が良いフィネスモデル。

軽いリグと好相性とはいえ、最大で10gのリグを背負える設計です。年間を通してチニングを楽しむために十分な強度も実装されています。

エヌワン NSL-782ML 黒鯛

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー2.34m非公表2~15g2本

全モデルのなかで最も汎用性が高いセンターモデル。ボトム引きから遠投まで柔軟に対応する万能さが魅力です。

どの機種を買うか迷うな~…って方は、とりあえず「782ML」を選んでおけば間違いありません。

エヌワン NSL-802ML 黒鯛

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー2.44m非公表2~15g2本

全4機種のなかで最も長い8.0ftモデル。飛距離を稼ぎやすく、広範囲のチヌにアプローチできます。

着き場をイマイチ把握できていない初場所の開拓にも適し、使い勝手の良い1本です。

エヌワン NSL-782M 黒鯛

ティップ全長自重ルアー重量継数
チューブラー2.34m非公表5~20g2本

パワフルなMクラスを採用した、シリーズで最も力持ちなモデル。

重ためのルアーをしっかり飛ばして、キレの良いアクションでチヌを誘うことができます。

広範囲をスピーディーに攻めたい方にピッタリです。

関連記事