ワームが真っすぐ刺せない…。
丁寧に刺してるつもりなのに、なぜこんなに曲がるのだ??
ぐぬぬ…。

わかります。

ライトゲームを始めたばかりの頃って、ワームが真っすぐ刺せなくてイラつくもんですよね~。

というかビギナーさんじゃなくても、手がかじかむ冬場なんかはワームを真っすぐ刺すのに苦労することもありますよね。

もちろん、ワームが曲がっているから魚が釣れない!ってことはないですし、少々曲がっていても普通にアタックしてくる魚もたくさんいます。

とはいえ、ワームが曲がっていると

  • ワーム本来のアクションが出なくなる
  • →その結果、食いが悪くなる
  • →釣れたはずの魚が釣れなくない

てな具合に、釣果に悪影響が出る可能性があるのも確かです。

てことで本記事では、ワームが真っすぐ刺せない問題を解決するアイテム「リギングナビゲーター」をご紹介。

特長と使い方をサクッとまとめましたので、ワームのセットでお困りの方はチェックしていってください。

テイルウォーク「リギングナビゲーター」の特長&使い方

「リギングナビゲーター」は、ワームをまっすぐ刺すための便利アイテム。

取っ手にニードルがくっついたシンプルな形状となっており、使い方もめちゃ簡単です。

①まずは、ジグヘッドにワームをあてがい、フックの抜き所をチェックします。

②次に、フックを抜く位置からワームの頭に向かって真っすぐに「リギングナビゲーター」を通します。

③「リギングナビゲーター」の先っちょにある小さな穴に針先を固定し、ニードルを抜きながらフックを刺しこんでいきます。

④ニードルが抜けたらワームをヘッドまでずらして完成!

いや~、単純明快!なんですが、これまでになかった発想のアイテムだと思いませんか?

ワームを何度も刺し直していると、

  • 時間はロスするし
  • 針穴が広がってワームがズレやすくなるし
  • 結構ガチでイライラしてくるし

って感じで、良いことはありません。

「ニードルを通す」のひと手間を踏むだけで、ワームを一撃で真っすぐ刺すことができ、上記の問題がすべて解決すると思えば、かなりお得ですよね。

ちなみに、「リギングナビゲーター」はライトソルト全般で使えるよう、ニードル径にこだわりが秘められています。

最終的に、外径0.8mm・内径0.5mmが採用され、アジングにメバリング、チニング、ロックフィッシュなどなど、何でもござれ状態に仕上がっているわけです。

また、テイルウォークの公式ページでは

  • PEラインの絡み解き
  • 小魚のエア抜き

などの活用法も紹介されており、フックセット以外にも流用可。

かさばるものでもありませんし、ボールチェーンがついているので、バッグなんかにも簡単に取り付けられます。

「ピンオンリール」なんかにつけておくのもアリですね。

お値段も定価で650円とリーズナブル!これは試したくなっちゃいますね~♪

発売は2021年5月となっていますので、消耗品補充のついでにでもGETしてみてはいかがでしょう?

関連記事