今年の琵琶湖において、物凄い勢いで釣れている高比重ノーシンカーワーム!

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで釣れ続いていますが、高比重ノーシンカーワームの釣りは寒くなってからが本番。

今大注目されているのはカバースキャットですが、カバースキャット以外にも注目して欲しい激釣れワーム、それが「イモリッパー」です。

そこでこの記事では高比重ノーシンカーワームの代表格ジークラックのイモリッパーをご紹介します。

人気で釣れる!イモリッパーって何?

イモリッパーは岐阜県を拠点とする有名ルアーメーカージークラックが販売している高比重バックスライド系ワームです。

その名の通り、イモのような形状で後方重心のため誰が投げてもよく飛びます。対岸のカバーなどにもキャストが決まります。

ラインナップも豊富でご自身の通うフィールドの大きさや状況に応じて細かく使い分けることができます。

以上のように非常に使い易いワームですのでタックルボックスに入れておいて欲しいワームになります。

イモリッパーの特⻑

イモリッパーシリーズの特徴を下に挙げてみました!

・圧倒的な飛距離
・釣れるマテリアル
・釣れるバックスライドフォール
・釣れるテーブルターンアクション

圧倒的な飛距離

イモリッパーシリーズは塩を沢山含んだ高比重マテリアルを採用しているため、高自重かつ後方にテーパーが掛かったイモ型形状をしているため重心が後方に位置しています。

高自重によってキャスト時にロッドが曲がり充分にロッドにウェイトが乗りかつ、ロッドからワームが放たれた際には後方重心効果と姿勢安定性から、とても気持ち良く飛んでくれます。

釣れるマテリアル

先述したように高比重にするため塩が沢山配合されているだけではなく最大サイズのイモリッパーにはSAFという集魚剤が配合されています。

ちなみにSAFとはSalt(塩)Amino acid(アミノ酸)Flavor (匂い)の頭文字をとって名付けられており、フォーミュラ単体でも販売されています。

釣れるバックスライドフォール

イモリッパーシリーズは後方重心のため、フリーフォールたり跳ね上げアクションをするとワームの進行方向とは逆側にスライドフォールします。

これを「バックスライド」といいます。

アシ際、ハングオーバー、岸沿いのえぐれ、ウィードマットの際などのカバーに落とし込むと、カバーの奥に入り込むようにバックスライドするため、カバー奥に潜む賢いバスを誘うことができます。

バックスライド時にはお尻のピンテールがピリピリアクションすることでさらにバスのバイトを誘います。

釣れるテーブルターンアクション

イモリッパーシリーズはソフトジャーキングの要領で、ラインスラックを張って緩める操作をすると左右に短くダートし、ペンシルベイトのようにテーブルターンします。

夏場に水面で素早く連続的にこのテーブルターンアクションをすると思わずバスが水面を割ります。

さらにキャスト後ラインを良く沈め、水底でテーブルターンさせるのも凄く有効です。

薄く生えたウィードの上、トロロ藻の生えたハードボトム、リップラップなどでネチネチとテーブルターンさせる使い方で沢山のデカバスが釣れています。

イモリッパーのラインナップ

イモリッパーには40mm、60mm、95mmとスリム形状の、イモリッパースリムがラインナップされており、フィールドの規模、バスの食い気、ベイトフィッシュのサイズや種類などの状況によって様々に使い分けることができます!

イモリッパー40

シリーズの中では最小の40mmサイズ。小規模のため池、バスが食い渋っていたりベイトフィッシュが小型の場合に有効です。サイトフィッシングなどの食わせの釣りにも最適です。

重量入り数価格
2g8個580円(税抜)

イモリッパー60

シリーズの中では中間の60mmサイズ!小規模〜大ため池やクリーク、7〜8cmのベイトフィッシュを捕食している場合に有効で、汎用性の高いサイズです。

重量入り数
4g8個

イモリッパー95

シリーズ最大の95mmサイズ。大規模ため池や琵琶湖など10cm程度のベイトフィッシュを捕食している場合に有効です。

自重が約14gあるため非常に良く飛ぶので、ロングキャストが必要な場合も使い易いです。

今流行りのカバースキャットと同じ様に使うことができて、実際に良く釣れます。

重量入り数
14g7個

イモリッパースリム

イモリッパー95と同じくらいの長さ約10cmで細い形状です。細身のベイトフィッシュを捕食している場合に有効です。

イモリッパースリムもSAFマテリアルが採用されています。

重量入り数
8.3g8個

イモリッパーをフィールドで使ってみよう!

出典:筆者

五三川バス釣りでのイモリッパー使用方法

出典:YouTube

毎シーズン夏の岐阜県五三川で釣果をあげているイモリッパーの使用方法やタックルセッティングが詳しく紹介されている実釣動画です。

琵琶湖バス釣りでのイモリッパー使用方法

出典:YouTube

2020年琵琶湖で大爆釣しているイモリッパー95のアクション方法やタックルセッティングが詳しく紹介されている実釣動画です。

オススメの高比重ワームも要チェック!

初心者もベテランも人気のイモリッパーでバスをゲットしよう!

出典:筆者

ここまで記事をお読み頂きありがとうございます。イモリッパーが素晴らしいワームだということを知って頂けたんじゃないでしょうか。

実際に筆者もイモリッパー95を使って春にロクマルのバスをゲットしました。

この記事を読んで下さった皆さんもぜひイモリッパーを持ってフィールドに出掛けてみて下さい。皆さんにも思い出に残る一匹が釣れることを祈ってます。