ダイワのエギングブランドである「エメラルダス」シリーズのエギを総まとめにして紹介します。ショア用からオフショア用まで、いろ~~んな高性能エギが揃っていますので、イカを釣りまくりたい方は要チェックです!

ダイワのエギングといえば「エメラルダス」ブランド

出典:ダイワ

ダイワのエギングブランドといえば、みなさんご存知の「エメラルダス」。ロッドにリール、ライン、エギなどなど、多数のアイテムがリリースされています。

多くのエギングファン、ダイワファンに愛される言わずと知れたロングセラーブランドです。続々と新たなアイテムがリリースされ、常に目が離せない存在です。

関連記事>>>まだ軽くなるんだ…。モデルチェンジしたダイワ「20エメラルダス AIR AGS」がスゴイ!

エメラルダスシリーズのエギは種類豊富!

本記事で紹介するのは、「エメラルダス」ブランドのエギ。エギング界のカリスマと言われるヤマラッピ氏が監修したモデルも多く、圧倒的な実釣性能を持ち味とします。

アクションや沈下速度の違う多彩なコンセプトのエギが揃っているのも特徴。ここからは、それぞれのエギの違いと強みをわかりやすく解説していきます。

ダイワ「エメラルダス」のエギを総まとめ【ショアエギング編】

出典:ダイワ

まずは、ショアエギング用のエギからです。年々人気が高まっているジャンルなので、ダイワさんも特に注力しています。「エメラルダス」のショア用エギをざっくり分類すると↓のとおり。

  • エメラルダス ダートⅡ
  • エメラルダス ステイ
  • エメラルダス ストリーム
  • エメラルダス ヌード
  • エメラルダス フォール
  • エメラルダス ラトル
  • エメラルダス ライト

それぞれの特徴を見ていきましょう。

エメラルダス ダート Ⅱ

出典:ダイワ

「エメラルダス ダートⅡ」は定番のダートアクションを得意とする基本モデル。キレのあるアクションでエギの存在をアピールし、安定したフォールでしっかり抱かせることができます。

カンナにはダイワの「SaqSas(サクサス)」という技術が使われており、刺さりも抜群。捉えたイカを逃しません。

「エメラルダス ダートⅡ」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号9.5g21色
3.0号13.5g21色
3.5号18.5g21色
4.0号22.0g21色

エメラルダス ダートⅡ TypeS / TypeSS

「エメラルダス ダートⅡ」には、スローシンキングの「TypeS」と超スローシンキングの「TypeSS」もラインナップ。シャロー攻めや渋い春イカ対策もバッチリです。

「TypeS」「TypeSS」のラインナップは↓のとおり。

タイプ号数自重カラー
S2.5号9g5色
S3.0号13g5色
S3.5号18g5色
S4.0号21g5色
SS2.5号8.5g5色
SS3.0号12.5g5色
SS3.5号17.5g5色
SS4.0号20.5g5色

エメラルダス ステイ

出典:ダイワ

食わせ、抱かせ性能に特化したエギ。低重心でスタビライザーが付いているので、フォール姿勢の安定感が鬼!ってのが一番の強みです。イカに違和感を与えず、スムーズに抱かせることができます。

また、通常のエギより重ために造られているので、キャスト飛距離もアップ。広範囲を攻めることができ、こちらも大きなアドバンテージとなります。

自重こそ重いですが、水受けの良い扁平ボディーが採用されており、通常のエギと変わらないスローフォール設計です。年々シビアになっているエギングシーンにガッチリ対応してくれるエギに仕上がっています。

「エメラルダス ステイ」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号18.5g9色
3.5号25g9色
4.0号29g6色

「エメラルダス ステイ」は兄弟モデルも充実!シャロータイプ、ラトルタイプ、シャローラトルタイプも揃っています。

エメラルダス ステイ RV

出典:ダイワ

音も使って広範囲のイカを寄せられるラトル入りモデルです。ラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号18.5g16色
3.5号25g16色
4.0号29g10色

エメラルダス ステイ タイプS

出典:ダイワ

沈下速度を抑えたシャローモデルです。ラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号18g6色
3.5号24g6色

エメラルダス ステイ タイプS RV

出典:ダイワ

スローフォールのラトル入りモデルです。ラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号18g8色
3.5号24g8色

エメラルダス ストリーム

出典:ダイワ

ストリーム(流れ)を使った攻めに特化したエギ。スローフォール設計なので、潮なじみが良く、ドリフトフィンが緩い潮流をもキャッチします。ダイワのエギング製品の開発を担当するヤマラッピ氏が得意とするドリフト釣法との相性も抜群です。

「エメラルダス ストリーム」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号9.5g8色
3.0号11.5g8色
3.5号17.5g8色

エメラルダス ストリーム ラトル

出典:ダイワ

「エメラルダス ストリーム」には、ラトル入りタイプもラインナップ。流れだけでなく、音も使いたい方はコチラ。

「エメラルダス ストリーム ラトル」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号9.5g12色
3.0号11.5g12色
3.5号17.5g12色

エメラルダス ヌード

出典:ダイワ

外層にあえて布を巻かない「ヌードボディー」を特徴とするエギ。一般的なエギにスレてしまったやる気のない個体を攻略できます。

大きなダートアクションと強烈なフラッシングも「エメラルダス ヌード」の持ち味。ヌードボディーと相まって、セクシーにイカを誘惑してくれます。

「エメラルダス ヌード」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号10g24色
3.0号14g24色
3.5号19.5g24色

エメラルダス フォール

出典:ダイワ

名前のとおり、フォール姿勢にとことんこだわったエギ。ボディーとノーズが太目に作られており、タフコンディション下でも安定した姿勢を維持してくれます。

ダート系エギに比べてアクションの鋭さは劣るものの姿勢の安定性では圧勝。潮にも乗せやすいので、ドリフト釣法との相性もGoodです。

「エメラルダス フォール」のラインナップは↓。

号数自重カラー
2.0号6g15色
2.5号10g15色
3.0号15g15色
3.5号21g15色

エメラルダス フォール RV

出典:ダイワ

「エメラルダス フォール」には、音のアピールも追加されたラトル入りモデルもあります。ラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号10g6色
3.0号15g6色
3.5号21g6色

エメラルダス ラトル

出典:ダイワ

ヤマラッピ氏が監修したラトル入りエギ。音だけでなく、姿勢やカラーリングなど、エギの基本性能にもこだわり抜いた設計が魅力です。

  • 高活性イカを大集合させる
  • 低活性イカのやる気を呼び起こす

というラトルの良さを活かしつつ、軽快なダートと揺るがないフォールでイカを獲っていける攻撃的モデルとなっています。

「エメラルダス ラトル」のラインナップは↓。

号数自重カラー
2.5号9.5g26色
3.0号13g26色
3.5号18.5g26色
4.0号23.5g26色

エメラルダス ラトル TYPE R

出典:ダイワ

「エメラルダス ラトル」の沈下速度が速いバージョン。スピーディーな攻めを展開でき、ディープや急流ポイントも攻めやすいです。

「エメラルダス ラトル TYPE R」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号12.5g19色
3.5号19.5g8色

エメラルダス ラトル TYPE S

出典:ダイワ

沈下速度を抑えたスローフォールタイプ。水深がないポイントでもじっくり攻めることができます。

「エメラルダス ラトル TYPE S」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
2.5号9g19色
3.0号12.5g19色
3.5号18g19色
4.0号22g19色

エメラルダス ライト

出典:ダイワ

小型のイカを狙うライトエギングに特化したエギ。身近な堤防で、ライトなタックルを使ってゲーム性の高いエギングを楽しむことができます。

ナイトゲームも想定した、夜光系メインのカラー展開も「エメラルダス ライト」の特徴。視認性が高く、夜間のサイトフィッシングでもアドバンテージを得られます。

「エメラルダス ライト」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
1.8号5.5g10色

エメラルダス ライト RV

出典:ダイワ

「エメラルダス ライト」には音で誘えるラトルタイプも揃っています。ラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
1.8号6.0g10色

ダイワ「エメラルダス」のエギを総まとめ【オフショアエギング編】

出典:ダイワ

続いてはオフショアでのボートエギングモデル。沖へ繰り出してデカイカを獲る、ロマンあふれる釣りをアシストしてくれるやつらです。ラインナップは↓の4種類!

  • エメラルダスボートⅡ
  • エメラルダスボートⅡ
  • エメラルダス ボートⅡ 3.5-50
  • エメラルダス ボートⅡ RV 3.5-50

エメラルダス ボートⅡ

出典:ダイワ

ボートエギングの基本となるモデル。ヘッドと一体型のシンカーを採用し、水深のあるポイントでも素早くボトムを取ることができます。

「エメラルダス ボートⅡ」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号25g10色
3.5号30g10色

エメラルダス ボートⅡ RV

出典:ダイワ

「エメラルダス ボートⅡ」の性能を継承しつつ、音の要素もプラスされたラトル入りのボート用エギ。活性が高く、やる気のあるイカをグイグイ寄せてくれます。

「エメラルダス ボートⅡ RV」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.0号25g10色
3.5号30g10色

エメラルダス ボートⅡ 3.5-50

出典:ダイワ

超ディープに潜むデカイカを仕留めるためのヘビー級エギ。重量はどっしり50g、カンナには専用の太軸を採用しており、モンスター級の獲物を手返しよく狙っていけます。

「エメラルダス ボートⅡ 3.5-5.0」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.5号50g5色

エメラルダス ボートⅡ RV 3.5-50

出典:ダイワ

デカイカ用のボートエギ「エメラルダス ボートⅡ 3.5-5.0」のラトル入りバージョン。音のアピールも追加されるので、光が届きにくい超ディープでも効果的にエギの存在を示すことができます。

「エメラルダス ボートⅡ RV 3.5-5.0」のラインナップは↓のとおり。

号数自重カラー
3.5号50g5色

ダイワのエギを使ってイカを釣りまくれ!

というわけで、ダイワ「エメラルダス」シリーズのエギ紹介は以上です。大手メーカーらしい充実のラインナップでしたね。

特にショア用のラインナップには厚みがあり、エギング界のカリスマといわれるヤマラッピ氏の知見もガッツリ投入されています。

気になるアイテムが見つかった方は、ぜひ試してみて下さい。

NEWリリースのエギングロッド「エメラルダス AIR AGS」にも注目!

ダイワの「エメラルダス」ブランドからはロッドもたくさん発売されています。特に2020年夏にモデルチェンジを迎えた準ハイエンド機「20エメラルダス AIR AGS」には要注目!ダイワ史上最軽量に仕上がっています。

関連記事>>>まだ軽くなるんだ…。モデルチェンジしたダイワ「20エメラルダス AIR AGS」がスゴイ!

エギングの上達には「釣りビジョンVOD」

エギング上達テクをゲットするには、釣り専門の動画配信サービス「釣りビジョンVOD」がおすすめ。常時5000本以上の釣り動画が見放題となっており、エギングジャンルの番組もたっぷりと揃っています。

>>>「釣りビジョンVOD」の詳細はコチラ<<<

GyoGyoくん
GyoGyoくん

今なら14日間無料の「釣りビジョンVOD」。この機会にぜひチェックしてみてネ♪