出典:pixabay

釣りに行く手段は人によって様々ではありますが、ほとんどのアングラーが車で釣行しているのではないでしょうか。

筆者も車での釣行がほとんどですが、その一番の理由としては荷物の運搬のしやすさが挙がります。

ロッドケースにタックルバッカン、さらにはクーラーボックスと非常に大荷物です。大荷物だと車に乗せたほうが移動も楽ですし、積載方法について考えなくてもいいので楽ですよね。

しかし、筆者は車以外にも釣行手段として使う乗り物がありますが、それはバイクです。

250CCの中型バイクで釣りに行きますが、やはり何といっても苦労するのが荷物の積載方法です。

車と違ってバイクは荷物を載せるスペースが極端に少なくなるので、バイク釣行をやってみたいけども唯一どうすればいいか分からないというポイントでもあります。

今回は、そんなバイク釣行の荷物のまとめ方や積載方法を画像を用いてご紹介します。

バイク釣行は風を感じながら走る事が出来、海に行くまでをツーリングの様に楽しむ事が出来るので、ぜひ積載方法をマスターしてバイク釣行を楽しんでくださいね。

それでは早速チェックしていきましょう。

荷物のまとめ方を知ろう

出典:pixabay

バイク釣行において荷物のまとめ方は、とても重要なポイントとなります。いかに荷物をコンパクトにまとめられるかが鍵となるので、ぜひとも荷物をコンパクトにまとめる方法をマスターしてくださいね。

ちなみにですが、大前提としてフカセ釣りやカゴ釣りなど、エサを入れるバッカンを必要とする釣法の場合は、バイク釣行は厳しいです。

クーラーボックスだけでも中々な荷物になってしまうので、バッカンも持っていく事は走行中のトラブルの元にもなりかねません。

そのため、今回はルアーフィッシングを行う場合の荷物のまとめ方をご紹介します。

ご了承ください。

ロッドはパックロッドがベスト

撮影:筆者

釣りに持っていく荷物の中で最も長いものはと聞かれたら、ほとんどの方がロッドと答えるのではないでしょうか。

2ピースロッドを抜いた状態だとしても中々の長さになってしまうので、ロッドケースに入れて背負うとバイクの走行に支障をきたしてしまいます。

そのため、バイク釣行をする際はパックロッドを使用する事がベストです。パックロッドであれば、4ピースロッドになっているものがあるので持ち運びが大幅にしやすくなります。

筆者はライトゲーム用の4ピースロッドをバイク釣行で使用していますが、走行中に邪魔になる事もありませんし、4ピースロッドだからといって性能面で困った事もありません。

パックロッドをまだ所有されていない方は、ぜひパックロッドを検討してみてください。

筆者の一押しは、メジャークラフトの3代目クロステージのラインナップにあるパックロッドです。価格が控えめでありながらも、それぞれのモデルに専用のケースが付いているので非常にお買い得ですよ。

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥11,719(2020/11/24 21:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

リールやルアーなどは最低限の数をリュックに入れよう

撮影:筆者

ロッドがパックロッドで持ち運びしやすくなったら次は、リールやルアーなどのアイテムをコンパクトにまとめなければなりません。

ここで重要なのが、最低限の数しか持っていかない事です。あれもこれもと全てのものを持って行ってしまうと、どうしても荷物がかさばってしまいますし、コンパクトとは程遠い事になります。

ロッドが一本ならリールは一個、そしてルアーも絶対にこれしか使わないというものを厳選して持っていく事をおすすめします。

筆者はこの他にも、プライヤーやフィッシュグリップ、締めるためのキッチンバサミ、小さな水汲みバケツ、ランディングネット、自動膨張型ライフジャケットなども持っていくため、ルアーを最低限に減らさないとリュックに入りません。

釣り具を入れるリュックですが、容量として最低でも30L程度は欲しい所です。パックロッドもリュックに入れるとなると、思いのほか場所を占領してしまいます。

大きめのリュックであれば、ロッドが上部にはみ出る事はあっても他の釣り具の場所までは奪わないので、ばっちり荷物を詰め込む事が出来ます。

上部の写真は筆者のリュックですが、写真の様にリュックのサイド部分にロッドやランディングポールを付けられるリュックがベストです。

こういったリュックであれば、リュックの中身の容量をロッドが奪う事はありません。

created by Rinker
iPlus(アイプラス)
¥2,280(2020/11/24 21:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

クーラーボックスは小さめのものを選ぼう

撮影:筆者

クーラーボックスは釣った魚を持ち帰るために必ず必要なアイテムですが、最も場所をとってしまうアイテムです。

そのため、クーラーボックスは出来るだけ小さめのものを選ばなければなりません。

大型青物を入れられるサイズの大型のクーラーボックスはどうあがいても積載出来ませんし、20L程度のクーラーボックスでも難しいです。

筆者はダイワの10Lのクーラーボックスを愛用していますが、10Lのサイズでいっぱいいっぱいだと感じています。

バイクの種類によって積載出来る量も変わってきますが、筆者のバイクはカワサキのエストレヤという積載出来るスペースがほとんどないバイクなので、10Lのクーラーボックスが限界です。

また、バイクの積載にはルールが定められているので、以下の内容を参考に積載出来るクーラーボックスの大きさを決めてみてください。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥6,751(2020/11/24 21:42:13時点 Amazon調べ-詳細)

バイクに荷物を積載する際のルール

バイクに荷物を積載する際のルールは以下の通りです。

  • 積載物の長さは乗車装置または積載装置のプラス30cmまで
  • 積載物の幅は乗車装置または積載装置のプラス30cmまで
  • 積載物の高さは積載した時に地上から2mまで
  • 積載方法は乗車装置または積載装置の前後30cm、左右15cmを超えない事

上記の4点がバイクに荷物を積載する際のルールです。乗車装置とはシートやステップの事を指し、積載装置とは荷台の事を指します。

原付バイクは以下の通りとなります。

  • 積載物の長さは積載装置のプラス30cmまで
  • 積載物の幅は積載装置のプラス30cmまで
  • 積載物の高さは積載した時に地上から2mまで
  • 積載方法は積載装置の前後30cm、左右15cmを超えない事
  • 積載物の重量は30kgまで

上記5点が原付バイクに荷物を積載する際のルールです。

定められた範囲内であればバイクに荷物を積載しても問題ありませんが、上記のルールを破って積載してしまうと、走行中に荷物が落下したり他の車などにぶつかったりと非常に危険です。

また、警察の取り締まりの対象にもなりますので、絶対に上記のルールを破らない様にしてください。

1 2