先日、フィールドに釣行した際、今まで使っていたスピニングロッドを誤って折ってしまうという事案が発生。急遽、新しいロッドを新調しなければならなくなってしまいました!

そこで以前からパワーフィネス用として購入を考えていた「ジャッカル BPM BS-69ML」を何のためらいもなく本気買い!

「BPM」ロッドの購入に迷っている方のために、これまで使ってみた使用感やフィーリング、感じたことなどをお伝えしたいと思います!

今回、購入したロッドはこれ!

マットブラック色を基調としたシブいカラーリング♪

ジャッカル「BPM」カスタムロッドモデルは、「ベーシックモデル」「ストロングパワーモデル」「ビッグベイトモデル」など、状況に応じて使い分けられるようモデルラインアップされているのが特徴です。

今回、筆者が購入したのは、オカッパリなど何かと使う出番が多いベーシックモデルの「BS-69ML」というパワーフィネス対応モデル

使った感じ、バーサタイル性能も十分で、これ1本でライトリグからスモラバ系の撃ち物まで幅広く何でもこなせるマルチなスピニングロッド

一般的なミディアムライトアクションの他のロッドと比べると、はるかに剛靭さに秀でている硬さであると感じるくらいの印象です!

難攻不落のポイントを6.9ft/MLアクションで攻めよう!

足場の限られたポイントや狙いにくい場所ならこのロッド性能が引き立つ!

さすがにパワーフィネス対応ロッドとあって、剛靭なフォルムが際立ち、握った感触はまさに重量級。

昨今のライトリグ全般に対応する超軽量ロッドとはまた違った、ずっしりとした力強さを感じます。

6.9フィートのレングスなので、周囲を障害物に囲まれた足場の限定されるポイントでも、フリッピングやウエッピングといったピンポイントキャストが可能となり、狙いにくい場所を直撃するにはもってこい。

ベーシックなMLアクションが、なかなか手元まで引き寄せられないデカバスをいなすには、程よい硬さです。

「難攻不落」と言われる、他のアングラーがあまり踏み込めない局所なポイントを攻めるには、十分すぎるスペックと言えるでしょう。

握りやすく、アタリがダイレクトに伝わるリールシート&グリップ

ロッドを通してバイトが直に伝わる!

リールの脚を固定するリールシートは、ワンタッチで装着でき、ガタツキや揺れなどの違和感もなくストレスフリー。

グリップも握りやすく、魚からのショートバイトも剛靭なフォルムからは想像できないほどしっかりと手元に伝わります。

トゥイッチやジャークといった手首を使った基本的なロッドワークも全く問題ありません。

握りやすいように、グリップ部表面が凹凸形状に加工されているので、サミング時に人差し指を伸ばす動作もしやすいですよ。

バット部は、より剛靭に…ティップ部もパワーフィネス対応!

ティップ部も見た目かなり太目

ロッドティップの先端は、MLアクションにしては太目で、さすがにパワーフィネス対応といった感じ!

同価格帯の「ダイワ クロノス」や「シマノ ゾディアス」ロッドと比べると、はるかに頑丈なイメージです。

多少の衝撃やデカバスの引きには、ビクともしないのではないでしょうか…。

バット部もスピニングロッドにしては、割と太目で、ボートや足元の高いポイントから魚を抜き上げるのにも十分なスペック。

木にルアーを引っ掛けてチョウチン釣り&食ったはいいけどカバーからバスが抜けない!なんてロッドテンションMAXのようなシーンでも、全然耐えうるくらいのポテンシャルですよ…。

多少の衝撃じゃビクともしないガイド部

ガッシリと強固なガイド部

画像からも見て取れるようにガイド部は、肉厚でしっかりと固定されていて、デカバスの重みにも耐えれる作りです。

ルアーウェイトが10グラムまでの許容となっているため、ベイトロッドで使う通常のミノーやシャッド、クランクなども場合によっては投げれるのではないでしょうか。

立てかけておいたロッドを思わず倒してしまったとか、バスを取り込む際にちょっとヘビーに扱ってしまったとかの予期せぬ粗暴な扱いでも、多少の衝撃ではビクともしないガイドです。

ブラックフォルムとロゴがめちゃカッコええ!

グリップ上部
ロッド下部

マットブラックのボディーフォルムに、随所に散りばめられた「BPM」のロゴがなんとシブくてカッコイイことか!ジャッカルファンには、たまらないデザインですよ!

フィールドに来ている他のアングラーに「ちょっとした気品」を醸し出してみてはいかが?

コスパもよく、サブ機としてもおすすめ

繊細でありながら剛靭さも併せ持つ!

ジャッカルの「BPM」ロッドは、多くのラインナップが比較的お求めやすい価格設定となっていて、コスパもよく大変おすすめです!

筆者が購入した「BS-69ML」スピニングロッドも、大手釣り具量販店で13000円を若干上回るくらいの価格で購入しました。

他のパワーフィネスロッドを手に入れようと思ったら、この値段では難しいと思います。

軽量・高感度なライトロッドを現在使っているアングラーの方には、サブ機としての本ロッド使用もおすすめです。

かくいう筆者も、別にライトロッドをもう1本使っているのですが、オカッパリなどで藪漕ぎして入らなければならないポイントなどでは、局所な場面も多く、パワーゲームに長けた本ロッドがかなり重宝しています。

急なデカバスとの対峙にも余裕をもって対応できる!アシ際とか本来、ベイトタックルを必要とする場面でも、割とこのスピニングロッド1本で何でもできちゃうところが気に入っています!

ロッドウエイトに関しては今後に期待

ミディアムライトのレスポンスでありながら、ヘビーバーサタイルに使えるロッドの宿命とでも言うべきウエイトは…

大手釣り具メーカーのダイワやシマノといった同価格帯の超軽量ロッドと比べると、若干の重量感を感じます…。

パーツの細部にこだわれば、全体のウエイト自体も軽くすることができるのではと感じますが、その分コストが上がったり、強度面が下がってしまうことも危惧されます。

あくまでも「パワーフィネス」ロッドとしてのウエイトを前提として、今後のメーカーの開発に期待したいところです…。

実際にバスを釣った時の実釣インプレ

小バスのファイトなら微動だにしない…

まだまだ購入して間もない「BS-69ML」ですが、ある程度使ってみてのインプレは、ざっとこんな感じ♪

実際に魚を釣ったときの感触を、参考までにお伝えしましょう!

小バスじゃ少し物足りない…

実際に使ってみるとわかるのですが、バット部からベリーにかけてのボリューム感がこのロッドの最大の特徴ですので、小バスとのファイトでは、割と物足りない感が押し寄せてきます…。

ゴリ巻きしてもまだ、キャパシティーに余裕がある感じ♪

しかし、そうは言うもののティップ自体は、かなりの高弾性!暴れるバスに追従してしっかりと食い込む柔軟なブランクスは、さすがとしか言いようがないですね。

ヘビダン・ライトテキサスくらいでも十分に遠投できる!

5グラムくらいのシンカーを噛ませてのヘビダン、軽めのライトテキサスくらいなら十分に遠投できるのもこのロッドの魅力です。

オープンウォーターでサーチ目的にタングステン製のバレットシンカーをぶら下げて投げた時は、ライトキャロ程度の飛距離は十分に稼ぐことができました!

ビューン!と軽快にカッ飛んでいく感じ。硬すぎず、柔らかすぎないブランクスなので、遠投性能に長けている点もキャスタビリティーの利点として使う価値はあると思います!

バーサタイルに使えるおすすめの1本!

やった~!やっと釣れた~♪

筆者が主にこのロッドを使用しているシチュエーションは、密集したカバー周りやパラ葦・ガマなどのべジテーション付近を探る場面。

ベイトタックルよりさらに細いラインで、2.5インチほどの極小ワームを用いてフィネスに誘えるのでかなり重宝します。

アシ際やカバー周りって、結構なデカバスが付いていることも多いので、不意な突っ込んだバイトにも即時対応できるタックルを準備しておかないと、すぐに巻かれてゲームオーバーなんてことも多いんですよね…。

ボートやオカッパリでのランガン仕様でも、もちろん申し分なく機動性を発揮する本ロッド。

パワーフィネス」でビッグバスを狙いたい方には、是非おすすめの1本ですよ!

この記事で紹介した商品はこちら⬇︎

The following two tabs change content below.
アバター

お魚店長

霞水系や利根川水系、その他関東のマッディーフィールドを釣り歩くさすらいバサー。オカッパリからカヤックフィッシング、アルミボートでのローカルトーナメント参戦など、釣り歴は約40年近く。 釣れるアイテムやフィールド紹介、釣果レポートなどを通じ、バスフィッシングの魅力をより多くのアングラーに発信します!「釣れたんじゃない!釣ったんだ!」がいつもの口ぐせ。