圧倒的なコスパで絶賛爆売れ中のシマノ「20ゾディアス」。本記事ではベイトフィネスモデルの「168L-BFS/2」をインプレしていきます。

繊細な攻めを手返しよく展開でき、なおかつお財布にも優しいベイトフィネスロッドをお探しの方は必見です!

「20ゾディアス」はシマノの低価格・高性能なバスロッド!

出典:シマノ

ゾディアス」はシマノから発売されている人気のバスロッドシリーズです。

2020年にモデルチェンジされ、1万円台とは思えないスペックに生まれ変わっています。

優れたコストパフォーマンスに加え、機種ラインナップも豊富。スピニング/ベイトに多彩なモデルが顔を並べており、いろんなスタイルに対応します。

「20ゾディアス 168L-BFS/2」をインプレ!

撮影:筆者

というわけで、ここからは筆者が購入した「20ゾディアス 168L-BFS/2」をインプレしていきます。

全長自重ルアー重量継数
2.03m100g4~12g2本

繊細なリグ操作と遠投性能を備えたベイトフィネスモデルです。軽量リグを使った攻めでは高い汎用性を発揮し、幅広く活躍してくれます。

「20ゾディアス 168L-BFS/2」を実際に使ってみての印象は↓の4点です。

  1. ハイエンドでおなじみの「カーボンモノコックグリップ」を採用
  2. デザイン性・機能性に優れたリールシート
  3. 取り回しとキャスト飛距離のバランスが良い6.8ft
  4. 軽くて強靭なブランクス

ハイエンドでおなじみの「カーボンモノコックグリップ」を採用

出典:シマノ

「カーボンモノコックグリップ」はシマノ製ロッドの上級機では定番のテクノロジーです。

リアグリップとブランクスが一体成形されており、軽量化・感度向上といったメリットがあります。

「カーボンモノコックグリップ」は20ゾディアスにも採用され、かなり話題になりました。

一度触ってみると、グリップの軽さと心地よい反響感度を実感できますよ。

そのうえ、ロッド全体のバランスも取れているので、小さなバイトもしっかり感じて掛けにいけます。

デザイン性・機能性に優れたリールシート

リールシートは細身でホールド性の高い独自設計。ベイトフィネスロッドの繊細なアクションから、バスをかけた後のパワフルなやりとりまで快適です。

随所にレッドの差し色が入った”ゾディアス”らしいデザインも好印象。ビジュアル的にもかなりカッコイイです。

取り回しとキャスト飛距離のバランスが良い6.8ft

「20ゾディアス 168L-BFS/2」のレングスは6.8ft。ベイトフィネスロッドの中では長いほうです。

遠投性能が高く、広範囲でフィネスな攻めを展開できます。

長めとはいえ6フィート台には収まっているので、取り回しも損なわれていません。小回りも効くので小場所を手返しよく撃っていくことも可能です。

軽くて強靭なブランクス

「20ゾディアス 168L-BFS/2」はブランクスのカーボン含有率が非常に高く(95.4%)、軽さと強度を併せ持ちます。

力強いバスの引きをいなしながら、スムーズにキャッチに持ち込めます。

「20ゾディアス 168L-BFS/2」と相性が良いスタイルは?

出典:シマノ

筆者が「20ゾディアス 168L-BFS/2」を使ってきた中で、相性が良いと感じたのは以下のようなシチュエーションです。

  • 河川×ミノー・シャッド系の巻物
  • 野池×カバー×バックスライド系リグ
  • あらゆるフィールド×小型トップウォーター
  • 河川×ライトリグ(スプリットショットリグ・ダウンショットリグ等)

もちろん、スピニングタックルでも代用はききますが、ベイトフィネスタックルゆえの手返しの良さは大きなメリットです。

とりわけ、複雑なカバー周りでのカバー撃ちは快適そのもの。

上記のようなシチュエーションに心当たりがある方には、「20ゾディアス 168L-BFS/2」はかなりおすすめです。

ゾディアス168l-bfsでベイトフィネスの釣りを楽しもう!

撮影:筆者

というわけで、「20ゾディアス 168L-BFS/2」のインプレは以上です。

2020年のモデルチェンジで大幅な性能アップを果たした”20ゾディアス”は、間違いなく2021年も買いなバスロッドといえます。

コスパは間違いありませんので、ぜひゲットしてみてください。

この記事で紹介したアイテム

関連記事