「最近話題のホバストに興味あるけど、どんな釣り方何だろう?」

「ホバストとミドストって似ているようなリグに見えるけど、違いはあるのだろうか?」

2019-2020年頃にかけて、メディアやバスプロの間で話題となった「ホバスト」は新しいリグとして注目されています。

そこで、当記事ではホバストの特徴、釣り方、リグの作り方などについて筆者の経験を元にご紹介します。

「ミドストの釣りで十分じゃないの?」と思われるかもしれませんが、ホバストにしかない魅力があるのでぜひ、チェックしてみてください。

ホバストとは何か?

撮影:筆者

ホバストは「ホバーストローリング」の略であり、英語の「Hovering=ヘリコプターなどが空中で停止している状態」を意味します。

同じく、ホバストでは2-3インチのワームを用いて水中であたかも停止しているかのようなアクションを生み出してくれます。類似したリグとしては、ミドスト(ミッドストローリング=中層付近をジグヘッドで誘う釣り方)がありました。

しかし、ホバストでは表層に特化してゆっくりとバスを誘い出せるリグとして注目されています。

後述しますが、ホバストでは特殊なフックとワームが前進する力を抑制する絶妙なセッティングによるアクションを出せます。

ミドストもゆっくりとしたアクションで誘えますが、ホバストではよりナチュラルにバスへとアプローチできるメリットがあるのです。

次の章では、筆者がホバストを試して感じた点についてご紹介しますね。

筆者も挑戦!ホバストのここが良かった!

撮影:筆者

正直なところ、

「ミドストでも十分にゆっくりと誘えるのに、ホバストを使用するメリットは無いのでは?」

と思っていました。ですが、実際にホバストを使用してみるとその使いどころの多さと魅力に気付けました。

昼間など太陽が差している時間に釣りに行くと、バスがポカーンと浮いている時がありますよね。このような条件下で、ホバストをするとバスがゆっくりと寄ってきてパクっとバイトしてくれるのです。

ワッキーリグやネコリグなどで反応がない場合やベイトを意識しているけど追い切れていない個体を釣りやすいことに気付きました。

また、基本はシェイキングによるアクションを重視しますが、トゥイッチによるスライドの大きいアクションはバスのスイッチを入れやすいです。

リアル系のワームとよりゆっくりと誘えるホバストリグの組み合わせなので、サイトフィッシングを存分に楽しめることが分かりました!

ホバストが向いているポイントとは?

撮影:筆者

ホバストはシンカーの付いていない状態のフックとネイルシンカーをワームに差し込むリグなので、自重が軽い特徴があります。

そのため、ホバストには向き不向きのポイントがあります。

例えば、

  • 流れの当たらないワンド
  • クリアウォーター
  • 晴天無風あつ、止水域
  • 流れが緩やかなポイント
  • オーバーハング

などはホバスト向きと言えるポイントです。

他方、

  • 流れの早い河川
  • 雨や曇りによって水面下の状況が分かりづらい時
  • 濁りが強いポイント(マッディウォーター)

等は、バイトが見えにくいのでホバストの釣りが成立しにくいです。ホバストはフィネスな釣りで、バイトを目で確認できるようなクリアウォーターなポイントを選びましょう。

ホバストのアクション方法について

撮影:筆者

続いて、ホバストのアクション方法について一通り解説します。

まず、キャストをしたらワームの位置を確認してラインスラッグを適度に取ってあげましょう。イメージとしては少しだけラインを弛ませる感じで巻き取り、ロッドティップでシェイクをします。

注意点としては、ミドストよりも軽い力でシェイキングを加えることです。ミドストリグよりも軽い自重なので、直接アクションを加えるのではなく、ラインにアクションを加えるイメージでロッドをシェイクさせましょう。

感覚的な説明となるので難しいかもしれませんが、ラインにアクションを加えるようにしてくださいね。

そして、シェイキングをすると表層直下でワームが綺麗にロールをします。水中での前進が遅いので、ジワジワと周りのバスを寄せられたら成功です!

バスを寄せてからは、止めるもよし、リアクションバイトもよし、シェイキングを続けるもよしです。あなたのロッドワークでバスの捕食スイッチを入れてあげてください。

バイト丸見えで捕食してくるので、慌てずにロッドを立ててファイトを楽しみましょう。

意外に難しい?ホバストリグの作り方について

ここでは、ホバストリグの作成方法についてご紹介します。ホバストリグはフックが特殊形状をしており、専用フックの市販化はあまり進んでいません。

それゆえ、ジグヘッドから自作で作成する方法もあります。この章では、筆者が自作したホバストリグについてご紹介します。

撮影:筆者

まず、フックに関してはミドスト用フックであるヴェスパの#3、1/32ozを準備しました。

撮影:筆者

ホバストリグのフックはノーシンカー状態で、アイが垂直状(90度)になっている必要があります。したがって、シンカー装着部分をライターで炙って取り外しました。

同じく実践される場合、火傷防止のためにペンチ等で挟むようにしてくださいね。ライターで10秒ほど炙ると、シンカーが緩んで撮りやすくなりますよ。

撮影:筆者

取り外したフックをホバストリグ用として使用していきます。

撮影:筆者

ワームはリアル系ベイトワームを選択するのがおすすめで、筆者はOSPから発売されているマイラーミノー3.5インチを使用しました。

中腹にかけてアルミシートが貼ってあるので、絶妙なロールによるフラッシングがバスを寄せやすいためです。

撮影:筆者

先ほど用意したフックをワーム前方の頭付近から刺し込み、ネイルシンカーも刺し込んでいきます。

撮影:筆者

縫ざし仕様でフックを装着します。はじめに、ワームのセンター付近の上部に1センチの幅でフックを差し込みましょう。

撮影:筆者

一度抜いたフックを、ワームのセンター付近奥にまで這わせるように通します。

撮影:筆者

アイの位置とバランスが良い箇所でフックを抜いて完成です。写真のように、縫うようにフックを刺せるとワームのズレ防止となります。

筆者的には、フックを刺すのが意外と難しかったです。フックが出る位置を要確認することで、綺麗にセッティングできますよ。

撮影:筆者

フックを刺したら、ネイルシンカーをワームの頭側に差し込みましょう。

撮影:筆者

以上を持って完成となります。アイがワームの上部に突き出ているのがホバストリグらしい特徴ですね。

フック

フックに関してはミドスト用のフックがシャープな特徴からおすすめです。

また、フィッシュアローからはホバスト専用フックも発売されているので、手際良くリグを作れますね。

created by Rinker
リューギ(RYUGI)
¥486(2020/10/31 11:30:43時点 Amazon調べ-詳細)


ヴェスパから発売されており、ミドスト用として普段は使用できます。ホバスト仕様にするためには、ライターでジグ部分を炙って取り外して使用しましょう。

汎用性の観点からは、ヴェスパのフックがおすすめですよ。

created by Rinker
フィッシュアロー(Fish Arrow)
¥324(2020/10/31 17:04:09時点 Amazon調べ-詳細)


こちらはホバスト用のフックで、バランス感のある形状をしています。ワームのズレ防止となる返しもあるので、長持ちしやすいです。

ワーム

ホバストリグで使用するワームは、リアル系ベイトとなる種類が良いです。表層にいるバスは慎重にエサを選別しているので、なるべく本物の小魚に近いシルエットを出してあげましょう。

ワームによっては、ラメやアルミシートが挿入されている場合もあります。適宜、コンディションに応じて使い分けをしていきましょう。



OSPから発売されているマイラーミノーは、ホバストに最適なワームです。お腹のローリングがホバストと相性良く、視認性も高いですよ。



クリアウォーター に強く、ティムコから発売されているスーパーリビングフィッシュ。落ち着いたカラーが多いので、スレたバスも寄せやすいです。

加えて、背部の明るいカラーは釣り人の視認性をアップしてくれます。

フワフワアクションのホバストでバスを釣ってみよう!

撮影:筆者

今回は、ホバストリグの特徴、使いどころとなるポイント、釣り方、リグの作り方について徹底解説しました。

ミドストでは出せないアクションを生み出せるホバストリグは、見えているのに食わせ切れない個体にアプローチできます。

ワームとの間合い、捕食するかしないかの一瞬、一瞬を楽しめるので興奮すること間違いなしです。表層に浮いているバス攻略にぜひ、この釣りを活用してみてください!