「最近話題のホバストに興味あるけど、どんな釣り方何だろう?」

「ホバストとミドストって似ているようなリグに見えるけど、違いはあるのだろうか?」

2019-2020年頃にかけて、メディアやバスプロの間で話題となった「ホバスト」は新しいリグとして注目されています。

そこで、当記事ではホバストの特徴、釣り方、リグの作り方などについて筆者の経験を元にご紹介します。

「ミドストの釣りで十分じゃないの?」と思われるかもしれませんが、ホバストにしかない魅力があるのでぜひ、チェックしてみてください。

ホバストとは何か?

撮影:筆者

ホバストは「ホバーストローリング」の略であり、英語の「Hovering=ヘリコプターなどが空中で停止している状態」を意味します。

同じく、ホバストでは2-3インチのワームを用いて水中であたかも停止しているかのようなアクションを生み出してくれます。類似したリグとしては、ミドスト(ミッドストローリング=中層付近をジグヘッドで誘う釣り方)がありました。

しかし、ホバストでは表層に特化してゆっくりとバスを誘い出せるリグとして注目されています。

後述しますが、ホバストでは特殊なフックとワームが前進する力を抑制する絶妙なセッティングによるアクションを出せます。

ミドストもゆっくりとしたアクションで誘えますが、ホバストではよりナチュラルにバスへとアプローチできるメリットがあるのです。

次の章では、筆者がホバストを試して感じた点についてご紹介しますね。

筆者も挑戦!ホバストのここが良かった!

撮影:筆者

正直なところ、

「ミドストでも十分にゆっくりと誘えるのに、ホバストを使用するメリットは無いのでは?」

と思っていました。ですが、実際にホバストを使用してみるとその使いどころの多さと魅力に気付けました。

昼間など太陽が差している時間に釣りに行くと、バスがポカーンと浮いている時がありますよね。このような条件下で、ホバストをするとバスがゆっくりと寄ってきてパクっとバイトしてくれるのです。

ワッキーリグやネコリグなどで反応がない場合やベイトを意識しているけど追い切れていない個体を釣りやすいことに気付きました。

また、基本はシェイキングによるアクションを重視しますが、トゥイッチによるスライドの大きいアクションはバスのスイッチを入れやすいです。

リアル系のワームとよりゆっくりと誘えるホバストリグの組み合わせなので、サイトフィッシングを存分に楽しめることが分かりました!

ホバストが向いているポイントとは?

撮影:筆者

ホバストはシンカーの付いていない状態のフックとネイルシンカーをワームに差し込むリグなので、自重が軽い特徴があります。

そのため、ホバストには向き不向きのポイントがあります。

例えば、

  • 流れの当たらないワンド
  • クリアウォーター
  • 晴天無風あつ、止水域
  • 流れが緩やかなポイント
  • オーバーハング

などはホバスト向きと言えるポイントです。

他方、

  • 流れの早い河川
  • 雨や曇りによって水面下の状況が分かりづらい時
  • 濁りが強いポイント(マッディウォーター)

等は、バイトが見えにくいのでホバストの釣りが成立しにくいです。ホバストはフィネスな釣りで、バイトを目で確認できるようなクリアウォーターなポイントを選びましょう。

ホバストのアクション方法について

撮影:筆者

続いて、ホバストのアクション方法について一通り解説します。

まず、キャストをしたらワームの位置を確認してラインスラッグを適度に取ってあげましょう。イメージとしては少しだけラインを弛ませる感じで巻き取り、ロッドティップでシェイクをします。

注意点としては、ミドストよりも軽い力でシェイキングを加えることです。ミドストリグよりも軽い自重なので、直接アクションを加えるのではなく、ラインにアクションを加えるイメージでロッドをシェイクさせましょう。

感覚的な説明となるので難しいかもしれませんが、ラインにアクションを加えるようにしてくださいね。

そして、シェイキングをすると表層直下でワームが綺麗にロールをします。水中での前進が遅いので、ジワジワと周りのバスを寄せられたら成功です!

バスを寄せてからは、止めるもよし、リアクションバイトもよし、シェイキングを続けるもよしです。あなたのロッドワークでバスの捕食スイッチを入れてあげてください。

バイト丸見えで捕食してくるので、慌てずにロッドを立ててファイトを楽しみましょう。

>>次ページではホバストリグの作り方について詳しく解説します!

1 2