「アタリはあるけど、釣れん!なんでぇ〜??」の犯人はたいてい豆アジ。

乗らなければイライラするだけの豆アジングですが、ちょっとしたコツを押さえれば本当に簡単で楽しいんです。

港湾部の豆アジをメインに釣行している筆者が、豆アジングで極上の繊細さを楽しむためのエッセンスを本記事内に凝縮しています。

豆アジを釣るための

  • タックル選び(ロッド・リール・ライン)
  • ジグヘッド・ワーム選び
  • アクションや釣り方のテクニック

を徹底的に解説していますので、ぜひぜひ!お役立てください♪

豆アジングの基本情報

まずは豆アジングの基本情報をちゃちゃっとお話ししておきますね。

豆アジは一般的に15cm以下のアジのことを指し、「アジゴ」と呼ばれることもあります。

潮の流れの激しいエリアだけでなく、港湾部に群れで溜まっていることも多いので、どの地域でも狙える身近なターゲットです。

豆アジングのシーズンは夏〜初秋

ご存知の通り、アジングは春から初冬に(地域によっては1年中)楽しめる釣りです。

地域差もあるのですが、ショアから狙えるアジのサイズは

  • 1〜3月:ベイトの数が少なく活性は低いが、釣れれば良型
  • 4〜6月:産卵のために良型が接岸
  • 7〜9月:豆アジパラダイス
  • 10〜12月:ベイトを追って魚食性の強い良型アジが接岸

みたいなイメージとなります。

豆アジングは良型が接岸しづらい7〜9月にピークを迎えるので、アジンガーにとっての夏の風物詩ともいえるのです。

豆アジは口が小さいから難しい(楽しい)

豆アジは魚体が小さいので、当然ながら口も小さいことこの上なし。

尺アジはおろか、中アジと同様の釣り方をしていても、なかなかフッキングに持ち込めません。

「あたるけど、釣れん。(イライライライライラ)」状態になる確率が高く、イライラのあまり、ロッドにリール、タックルボックス、クーラボックスまで海に投げ込んだアングラーがいるとかいないとか。

(すいません。盛りました。)

ただ、こんな豆アジ君のショートバイトのイライラも、ちょっとしたコツを抑えるだけで解消されるんです。

ここからは、初心者アジンガーをもてあそぶ豆アジを海から引っ張り出すためのコツを解説していきます!

次ページ>>>豆アジングのコツ【タックル編】

1 2 3 4