ラバージグはバスフィッシングにおいて唯一無二の存在です。いつも通うフィールドで最も信頼度の高いルアーがラバージグという方も多いのではないでしょうか。

そこで当記事ではラバージグの使い方をはじめ、効果的なシチュエーションやおすすめなどを紹介。これからラバージグの釣りを覚えたいという方はもちろん、ラバージグはイマイチ自信がないという方も必見です。

ラバージグが有効な季節

ラバージグは通年使えるルアーではありますが特に有効なのが冬です。ディープに移動した低活性のバスを攻略するにはうってつけで、冬の基本パターンであるリアクションも狙うことができます。フットボールジグなどでメリハリのあるアクションでバスを誘うのがベターです。

その他、冬でもシャローのカバーやストラクチャーに身を隠すバスのはいるのでシャロー攻略にもばっちり。冬のルアーと言えば最近ではメタルバイブが人気ですが、ラバージグも忘れてはならない存在です。

ラバージグの使い方【アクションの仕方】

1.フォーリング

フォーリングはラバージグの基本の使い方とも言えます。ストラクチャーやカバーにタイトにフォールすることで居付きのバスのリアクションバイトを狙います。

また、バスの反応はラバージグの重さによっても変わってくるので状況に合わせて重さを選ぶことも重要です。低活性時では1/2オンス以上の重いラバージグでストンと落とすほうが有効な時もあります。あえてバスにルアーを見せる時間を少なくしたほうが良いこともあるのでいろいろ試してみましょう。

2.ボトムバンピング&シェイキング

ボトムバンピングはラバージグがボトムをピョンピョンと跳ねるように動かすテクニックのこと。やり方は『ロッドの先をリズム良く小さくしゃくりロッドが真上までいったらラインを巻取り、同じ動作を繰り返します。』

そして、数回に1度はポーズを入れることが重要です。ラバージグはポーズを入れるとラバーがふわ~っと広がり漂うので、この時にバイトが良くあります。食わせの間を入れるということです。

シェイキングは水中でラバージグを小刻みに動かすことで、こちらは『ラインを張ったり緩めたりしながらロッドティップを小刻みに振ります。』シェイキングのポイントはラバージグをここぞという場所の1点で震わすようなイメージで、大きく横移動させないことです。バスを焦らすように行うのがベターです。

3.リフト&フォール

リフト&フォールはラバージグを水中で大きく上下に動かすテクニックのことを言います。やり方は『ロッドをスーッと真上に上げて、上げたところで止める、を繰り返します。』このアクションもやはりポーズを取ることが大切で、状況に合わせてポーズの時間を見極めます。

また、このアクションは何もないようなオープンウォーターで行うのがおすすめです。特にフットボールジグのリフト&フォールは広範囲を探る際に有効です。

ラバージグが効果的なシチュエーション

出典:写真AC

1.ストラクチャーやカバー攻略

ラバージグはストラクチャーやカバーがあるポイントで高い適正を発揮するルアーです。特にアーキーヘッドにブラシガードが付いたラバージグであればそう簡単に根掛りをすることはないのでストラクチャーやカバーをタイトに攻めることができます。

基本的には目ぼしいポイントにフリッピングやピッチングでテンポ良く打ち込んで行き、フォールとフォール後のワンアクション、ツーアクションでバスを誘います。

勝負が早い釣りなので、アシや杭など障害物が続くシチュエーションで非常に効果的です。

2.低活性時

ラバージグはバスが低活性時でなかなか口を使わないというシチュエーションにも有効です。理由は低活性時に効果的な、早く動かしてピタッと止めるというようなメリハリの効いたアクションも思いのままだからです。

食性に反応しない時でもリアクションで釣ることができるので、難しいシチュエーションでも信頼して使うことができます。

3.サイズアップを図りたい時

数は釣れるけどサイズがイマイチという状況や、一発ビッグバス狙いという時にもラバージグは有効です。なぜかと言えば真意はバスに聞かなければ分からないところではありますが・・・。

ただ恐らくはラバージグが水中でラバーが広がりボリューミーになるからでしょう。何かを変えてサイズアップを図りたいという時にはルアーをラバージグに変えるというのもおすすめです。

おすすめのラバージグ3選

1. ケイテック Model Ⅰ

ラバージグの定番とも言えるケイテックのModel Ⅰは、一見何の変哲もないですが釣果は折り紙付きで完成度が高いルアーです。使用してみると操作性やスナッグレス性に非常に優れていることが分かります。

今までラバージグを使ったことがない、釣れたことがないという方におすすめです。

2. O.S.P ゼロワンジグ

O.S.Pのゼロワンジグは、スナッグレス性能が非常に高いのでカバーやストラクチャーが連続するような場所で真価を発揮します。

独自の理論から開発されたブラシガードに加え新たなヘッド形状も役立って、スナッグレス性能をより向上させています。

3. エバーグリーン キャスティングジグ

エバーグリーンのキャスティングジグはラバージグの使い手でもある菊元プロが使用するジグとしても有名です。操作性やスナッグレス性能、どれをとっても安定していて使いやすいルアーなので使い手を選ばないことがポイント。

また、フックにはがまかつの特注品が採用されています。太軸で頑強に作られているのでビッグバスとのファイトでも安心です。

ラバージグは初心者の方にもおすすめ!

ラバージグは低活性時でも効果的ですし、サイズアップを図りたい時にも有効な信頼度の高いルアーです。

初心者の方にとっては使いづらそうと敬遠してしまうかもしれませんがそんなこともありません。ご紹介したような基本的な使い方さえ覚えればどんなフィールドでも釣れます。
シチュエーションを見極めて、ここぞという場面でぜひ使ってみてください。