写真:筆者

銀ピカのアキアジ(鮭)釣れてますよ~

今回は2019年のウキルアーのタックル(リール・ロッド)をご紹介します。すでにお気に入りのリール・ロッドはお持ちと思いますが、最近のリールとロッドは格別です。シーズン中にピカピカのニューアイテムで銀ピカのアキアジを入魂しませんか!?

【おすすめリール&ロッド10選】

リールやロッドは高価なのが性能が良いのは当たり前です。でもタックルにたくさんお金をかけてアキアジ釣るなら、魚屋さんでいい秋鮭買ったほうが…ということで。まずは安価なリールから超おすすめまで一気にご紹介します。

アキアジのウキルアーで必要なポイントは手返しの良さ(自重の軽さ)、デッドスロー操作性、ドラグ性能、 パワー(最大巻上長)です。価格帯ごとにご紹介します。製品紹介の最初にリールの【自重・最大巻上長】ロッドの【自重・ルアーMAX】を掲載しています。 ご参考にしてください。

【お手頃価格】でもアキアジをゲット!

安いの大好き!でもそこそこカッコよくて性能が良いものが欲しい。というチョット贅沢なあなたにおすすめ。初心者向けやサブリールに最適です。まずは7000円前後で販売されているものを中心にご紹介します。

①ダイワ(DAIWA) レブロス 4000

【自重:395g、最大巻上長:89cm 】
最近のDAIWAは黒金が高級感があり目を引きます。その中でも初級者用として発売されているのがこのレブロスです。
このリールの特徴はアルミスプールとエアローター、そしてアルミマシンカットハンドルです。何といっても見た目がやる気があり、しかも安い。サブリールとしてもおすすめです。

ダイワ(DAIWA)
¥9,321(2020/08/03 14:21:50時点 Amazon調べ-詳細)

②シマノ(SHIMANO)サハラ 4000XG

【自重:295g、最大巻上長:99cm】
SHIMANOで初心者に勧めるならこのリールでしょう。上位クラスでは当たり前のHAGANEギア、X-SHIP、Gフリーボディーを搭載しています。 しかも軽い。さすがSHIMANO、このクラスにも手を抜きません。この価格でSHIMANOのギアの滑らかさを手に入れられます。
アキアジのウキルアーではデッドスローが基本なので、この価格帯でSHIMANOの巻き心地を味わえるのはお買い得ですね。

お値段以上に性能アップ!

10000円前後のリールをご紹介します。この辺からはメインリールでも良いほど、十分性能が上がります。値段の割に、そうでもなかった…そんな経験ありますよね。私は何度もあります。おかげで安くていいものの見分け方が身に付きました。多分同じことをしている人は多いと思いますが、後ほど書きますのでまずはおすすめをご覧ください。

③ダイワ(DAIWA) レガリス LT4000D-CXH

【自重:245g、最大巻上長:99cm】
この価格帯での性能としては、最高レベルかもしれません。2019年で一押しです。理由は何といっても2019年モデルからDAIWAが導入したLT(Light軽い&Tough強い) ボディーが小さく3000クラス並みのボディーなので、とにかく軽い。一日中ロッドを振っても疲れが違います。しかもATD(オートマチックドラムシステム)が装備されています。

DAIWAリールファンの方なら知らない人はいないと思います。アキアジはとにかく波打ち際や釣り上げるときにめっちゃ走ります。その時、通常であればドラグ調節が必要ですが、ATDはその調整が不要でがっつり巻けます。何度ATDに助けられたかわかりません。おすすめです。

ダイワ(DAIWA)
¥9,176(2020/08/03 21:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

④シマノ(SHIMANO)ナスキー 4000

【自重:295g、最大巻上長:99cm】
SHIMANOの場合、このナスキーから入門し使い続けている人も多いと思います。 HAGANEギア、X-SHIP、Gフリーボディーはもちろん、コアプロテクトを搭載し防水性能がアップしています。この価格帯でSHIMANOの滑らかなシルキーなギアを体験するとあなたもSHIMANO派です。滑らかな巻き心地はサケルアーに伝わって、いい動きをしてくれてアキアジもあっさり釣れるかも!?

シマノ(SHIMANO)
¥9,997(2020/08/03 07:42:10時点 Amazon調べ-詳細)

⑤アブガルシア(ABU Garcia)スーペリア4000SH

【自重:288g、最大巻上長:91cm】
アブガルシアのリールファンも多いと思います。アブガルシアの特徴はボディーとギアがとても頑丈なのと、使っている人なら、ご存じの2WAY DRAGが装備されています。
ワッシャーを入れ替えるとLightとToughに切り替えられます。アキアジではもちろんToughセッティングですね。しかもハンドルはビッグラウンドですのでアキアジのパワーに負けず巻き上げれます。 価格・性能的に申し分なし。

アブガルシア(Abu Garcia)
¥9,486(2020/08/03 14:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

このリールのおかげ!といえる3機種

ここからは、アングラーなら主力リールとして、持っておきたいリールを紹介します。15000前後のリールを紹介します。出せても1万円台だな~という方必見です。 いずれも間違いのないリールです。

⑥アブガルシア(ABU Garcia)ロキサーニ 4000SH

【自重:261g、最大巻上長:100cm】
アブガルシアといえばRevo-MGXが有名ですね。その性能を継承しているハイバリューモデルです。
一言、カッコイイ。特にDuracarbonハンドルのマシン感がアングラーの心をくすぐりますねぇ。これをアキアジの横に置いたら写真映えしますよー!もちろん性能も申し分なくDURAMETAL一体ボディ、AMギアリングシステムなど、ボディ性能、ギア性能は上位機種並みです。

⑦シマノ (SHIMANO) エクスセンスBB 4000HGM

【自重:290g、最大巻上長:93cm】
SHIMANOエクスセンスです。シーバスリールとして有名ですが、大型トラウトを狙うにはロッドもそうですが、シーバス仕様よの相性がいいです。他にほぼ同価格帯でサーフ用のAR-C AERO BBというリールもありますが、エクスセンスにはマグナムライトローター、CI4+カーボンなど性能的にはこちらが上ですね。SHIMANO上位機種にも負けない機能が満載です。

⑧ダイワ(DAIWA) フリームス LT4000S-CXH 2019モデル

【自重:240g、最大巻上長:99cm】
DAIWAのLTシリーズでフリームスが発売されました。その前のフリームス持っていたのですが、これが出たので買うことになりました。先代のフリームスもそうでしたがATDはもちろんMAGSEALED[マグシールド]が装備されていて、この価格帯です。軽さは今回ご紹介した中で最軽量です。LT恐るべし。びっくりする軽さです。是非一度手にしてみてください。

次のページ>>>厳選!希少なあのロッドも?筆者のおすすめロッド

1 2