出典:写真AC

多くのメディアで見る「秋はバスが釣りやすい」「秋は荒食いの季節」といった非常にポジティブな言葉。ですが、いざフィールドに出かけてみると「あれ?意外に釣れない・・・」といったことも。

そこで当記事では、秋のバス釣りの攻略法やパターンを紹介するとともに、おすすめのルアーも紹介していきます。

秋のバス釣りで思ったような釣果をあげることができていないといった方、ぜひ参考にしてみてください。

攻略法の前に秋バスのパターンを知ることが大切!

出典:写真AC

釣れない状況下でもパターンを押さえていれば、このルアーにしてみよう、アクションを変えてみようなど、いろいろと想像を巡らすことができます。

攻略法だけを知っていてもバスの基本パターンを知らなくては応用が効きません。まずは、秋バスの基本パターンをおさらいしておきましょう。

パターン①秋はバスが広範囲に散らばる

秋のバス釣りの重要なパターンとして把握しておきたいのは、秋はバスが広範囲に散らばるということです。

夏場は、水温が上がるとシェードや流れ込みなど少しでも低い水温を目指してバスは移動しますが、秋は水中全体が適水温(20度前後)に近くなり、活発にベイトフィッシュを追いかけ回すような状況になります。

また、厳しい冬を迎えるにあたって捕食行動が活発になるといったことも秋は荒食いの季節と言われる所以のひとつです。

秋は基本的にベイトフィッシュにバスが付いています。そのためバスの居場所ではなく、ベイトフィッシュがどこにいるのか、を知ることも秋のバスを釣る上では大切です。

パターン②ターンオーバーや晩秋の雨に注意

秋のバス釣りで欠かせないキーワードとなるのがターンオーバーです。ターンオーバーは、朝晩の冷え込みにより水温が低下した表層の水が、ボトム付近の水と入れ替わる現象を言います。

ボトムにはヘドロや酸素濃度の低い水が溜まっており、それが水中全体に混ざり合うことでバスの活性を著しく低下させます。

フィールドによりますが、だいたい11月を過ぎたあたりからターンオーバーは始まり、水が臭う、消えない泡が浮いているといった場合はターンオーバーが起きていると判断して良いでしょう。

また、秋に多いのが雨です。特に晩秋は湖面を冷たい風が叩きつけます。雨は釣りにとって状況を好転させるきっかけにもなるものですが、この時期の雨は水温を下げバスの活性を低下させる要因にもなるので要注意です。

パターン③冬が近づくにつれディープに移動

秋も深まり12月に近づいてくるとバスはディープに移動していきます。これも水温の低下によるもので、表層や中層の水が気温ととも低下すると今度は安定した水温のディープを目指していきます。

また、ベイトフィッシュが段々と深くなっていくこともバスがディープに移動する要因です。

このように秋はバスの居場所を特定するのが非常に難しく、日によって、水温によって状況が刻一刻と変化していきます。そのため、バスを探しているうちに一日が終わってしまったというようなことも多くの人が経験しているはずです。

秋のバス釣りの攻略法!

出典:写真AC

状況がめまぐるしく変わる秋は決して簡単な季節ではありません。ですがボウズだけは何としても避けたいのが釣り人の性。

そこで、秋のバス釣りの攻略法を紹介していきます。秋になかなか釣れないといった方はここにヒントがあるかもしれません。

夏釣れてた場所で粘っても釣れない・即ちランガン

前述したように秋のバスは広範囲に散らばります。即ち、夏のシェードや流れ込みなどの爆釣ポイントで粘っていても、バスの個体数が夏に比べて減るので思ったような釣果をあげることは難しくなります。

この時期はとにかく広範囲を効率的に攻めることが釣果を伸ばす鍵です。バスはベイトフィッシュを追っているのでベイトフィッシュがいる場所やレンジにルアーを通さなければいけません。そのため、クランクベイトやスピナーベイトなどのファーストムービング系のルアーで探りながらテンポ良く釣っていくことが必要になります。

ただ、カバーやストラクチャーなど変化があるところは他の季節と同様にチェックしておきましょう。バスは基本的に変化を好むのでやはり秋も変化のあるところにはバスが着いています。あまり粘らずテキサスリグやラバージグなどでリアクションを狙うような釣りでチェックしていきます。

あくまでテンポ良く釣ることが重要です。一箇所で粘ることなくオカッパリであればランガンで広範囲を釣っていきましょう。

アタリの出方に十分注意!

クランクベイトやスピナーベイトなどのファーストムービング系のルアーで注意しないといけないのはアタリです。

基本的にはひったくるようなアタリであったり、向こう合わせであったり特に合わせなくてもフッキングすることが多いですが、晩秋や低活性時、プレッシャーの高いフィールドなどではもさっとした、ただ重くなるようなアタリも多くなります。

この場合はすかさず合わす必要があるので、重みを感じたら一か八か合わせてみましょう。

おすすめの時間帯

秋でも初秋なのか晩秋なのかで良い時間帯は変わります。夏をひきずっている初秋は、朝マズメや夕マズメが断然釣れやすくなりますが、朝夕の気温がグッと下がる晩秋の場合はかえって釣果が伸びないことがあります。

晩秋の寒い日の場合は、気温の高い日中のほうが釣れることもあるので、日中に良いポイントに入っておくというのも釣果を伸ばす秘訣です。

秋のバス釣りで使い倒したいおすすめルアー

出典:写真AC

秋は広範囲を探らないといけないので体力勝負でもあります。大切なのは理に適ったルアーセレクトをして、自信を持ってルアーをキャストし続けること!

秋のバス釣りで使い倒したいおすすめのルアーを紹介していきます。

クランクベイト

秋はスポットだけでなくレンジも広く探る必要があります。その場合に有効なルアーとしておすすめしたいのはクランクベイトです。クランクベイトはただ巻きで同じレンジをオートマチックに引いてくることができるので、バスのいるレンジを探るにはうってつけのルアー。

水押しや波動が強く出るので他のルアーよりも広範囲にアピールすることができるのも、バスの居場所がわかりづらい秋においては非常にメリットと言えます。

ただ、バスやベイトフィッシュの居場所を特定できた時は、あまりブルブルと強くお尻を振るようなクランクベイトよりも、ヌメッとした動きでおとなしく泳ぐクランクベイトをセレクトしたほうがスレさせないといった意味では有効です。

他にも、マッチザベイトを意識するならシャッド系のルアーも有効なので状況に応じて使い分けましょう。

クランクベイトでおすすめのルアー 

スピナーベイト

パイロットルアーとして優れているスピナーベイトは、広範囲を探る必要のある秋において非常に使い勝手の良いルアーとなります。

クランクベイトと異なりスピナーベイトの場合は、一つのルアーでシャローからディープまで全てのレンジを探ることができるため、クランクベイトではタックルを持ち替えないといけない場面でも一つのタックルでまかなうことが可能です。

また、スナッグレス性能(障害物回避能力)が高いのもスピナーベイトのメリット。秋でもストラクチャーまわりは一級ポイントとなるので、根がかりを最小限に果敢なく攻めたいといった場合にもおすすめです。

スピナーベイトでおすすめのルアー

バイブレーション

バイブレーションは、他のルアーと比べ遠投性能が優れているので、遠浅の湖や、大規模河川など遠投が必要なフィールドでは非常に心強いルアーとなります。

秋においては、バスが岸近くにいるのか沖にいるのかも特定することが難しいので、言わずもがな遠投ができたほうが有利です。

さらにバイブレーションは抵抗が少なく沈下スピードが早いので、あらゆるレンジをスピーディーに手返し良くチェックすることができます。リズムも良くなるのでストレスなく釣りができるのもおすすめのポイントです。

バイブレーションでおすすめのルアー

まとめ

秋は難しい季節ではありますが、バス釣りの醍醐味でもあるハードルアーでのスピーディーな釣りを楽しむことができる季節でもあります。「バスを探す」「ベイトフィッシュを探す」といったバス釣りの原点に帰ることもできます。

普段はタックルボックスに眠っているハードルアーたちが爆発するかもしれません。一日ハードルアーを投げるのはなかなか勇気がいりますが、それができるのも秋という季節です。

秋のバス釣りを思いきり楽しんでください!