「バス釣りでスプーンを使うのはどうなんだろう?」

もしかしたら、こんな疑問を抱いてはいないでしょうか?

バス釣りといえば、クランクベイトやミノー、スピナーベイトなどの主要なハードルアーで狙うのを前提とする場合が多いですよね。

しかし、実はバス釣りにおいてスプーンを使用するとより釣果を伸ばせる場合があります。当記事では、そんなスプーンを用いたバス釣りについて詳しく解説します。

これからバス釣りを始める人、また、釣果に伸び悩んでいる人はスプーンを有効活用することで釣果にも差がつくはずです。

ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね!

バス釣りで使用するスプーンは太軸フックがおすすめ?よく釣るためのスプーンの条件

撮影:筆者

バス釣りで確実な釣果を出すためには、使用するスプーンにこだわりたいです。

ここでは、バス釣りに特化して使用できるスプーンの特徴について詳しく解説します。

スプーンの種類

バス釣りで使用するスプーンの種類としては、主に2つあります。

  • トラウト用スプーン
  • バス用スプーン

となり、どちらのスプーンにも特有のメリット・デメリットがあることから使い分けを意識することで釣果を伸ばしやすいです。

トラウトスプーンの場合、巻きを基本とした誘い方が得意となります。水を切りやすく、アクションバランスが整っていることからしっかりと巻き取れます。

一方、バス用スプーンにおいてはダイナミックなアクションからボトムを意識したリアクションで食わせることに特化しています。

どちらもキラキラしたアクションによって、バスのバイトを引き出すのが得意です。

スプーンの重さは2g〜がおすすめ

スプーンの重さは、最低でも2g〜がおすすめです。

ある程度の重さを確保することで、飛距離とレンジコントロールがしやすくなります。一般的に、トラウト用スプーンを使用する場合は7g程度までとなり、バス釣り用スプーンは10gを超える重さもあります。

フィールドに立った時の風やバスの泳いでいるレンジ、目線を考慮し、複数のスプーンから最適なものをローテンションするのがおすすめです。

フックは太軸仕様に変更がおすすめ

トラウトスプーンで十分に代用できるこの釣りでは、使用するフックの種類にこだわりを持ちたいです。

というのも、トラウト用フックの場合は細すぎるためにバスがヒットした後に暴れると、バレてしまいやすいからです。
また、細軸フックですとランディング時に乱暴な抜き方ができないことから、バラしやすくなります。

よって、スプーンに装着するフックは太軸のタイプに変更するのがおすすめですよ。

今すぐ使える!バス用スプーンを活用するのもアリ

ここでは、バス用で実際に使用できるスプーンについて幾つかご紹介します。

特に、ここでご紹介するスプーンはバス用なので、直ぐに使用できますよ。

ジャッカル コサジ

ジャッカルから発売されている「コサジ」は、リアル系フォルムをまとったバス用スプーンです。

ただ巻きによるヒラヒラしたアクションはもちろん、ベイトに寄せたカラーでスレたバスにも効率良くアプローチできます。

また、スプーンのカップ部分に深みをもたらしていることから、ディープエリアにおけるリフト&フォールでバスを誘い出すこともできます。
カラーバリエーションがとにかく豊富なので、マッチザベイトの釣りを展開できますよ。

ワカサギカラーは、オイカワやカワムツ、稚ギルが生息しているポイントでもカラーを合わせやすいです。

パターンにハマると、連発ヒットも可能なスモールスプーンです。

deps ガノブレード

デプスから発売されているガノブレードは、主にデカバスに照準を合わせたスプーンです。

切れ味の良いフォールアクションが得意で、バスの捕食できる目線にすんなりと落とし込むことが可能です。これは、尻下がりなスプーン形状のため、正確なフォールで狙い撃ちできるためです。

さらに、ディープから浅場まで活性の高い個体を引き出す「ただ巻き」でも釣果が期待できます。

汎用性が高く、テトラ帯などの障害物やシャローでのサイトフィッシングで有効的です。

ノリーズ メタルワサビー

ノリーズから発売されているメタルワサビーは、低水温期におけるディープ攻略に最適なスプーンです。

特殊な丸みを帯びているボディ形状から、水平スライドの効いたアクションでバスを広範囲から寄せることができます。

その上、クイックなアクションによってバスが思わず口を使ってしまう動きを演出できるので、深場において圧倒的な信頼感があります。


スピニングタックルだけでなく、12gクラスであればベイトタックルでも操作できることからシャクリのテンポを綺麗に揃えることも可能ですよ!

スレたフィールドでも効果抜群!スプーンを活用してバスを釣ろう

撮影:筆者

今回は、バス釣りで意外な釣果をもたらすスプーンの魅力や気をつけたい点について詳しく解説しました。

スプーンのように水中で反射しやすいルアーは、バスの興味を引きやすく、バイトも多い得られやすいルアーの一つです。

とりわけ、スレているフィールドでリアクション的な食わせ方ができることから、ワームやスモラバのようなフィネスでも出切らない条件下で強みを発揮します。

釣果が伸び悩む時にぜひ、活用してみてくださいね!