「スピナーベイトを投げているけど、イマイチ反応が悪いなぁ」

「スピナーベイトをより遠くに飛ばしたいけど、トレーラーは効果あるのかな?」

バス釣りにおいて欠かせないルアーの一つである「スピナーベイト」を使用していると、上記のような悩みを抱えることがありますよね。

事実、スピナーベイトは単体で使用するよりもトレーラーを付ける方がメリットが大きいです。

当記事では、スピナーベイトにおすすめなトレーラーについて詳しく解説します。

スピナーベイトはトレーラーをつけた方が釣れる?

撮影:筆者

スピナーベイトはワイヤーベイト系ルアーの代表的な存在で、ただ巻きだけで誘えます。縦構造のワイヤーベイトなので、障害物のすり抜け性能も高い特徴があります。

そんなスピナーベイトは、フックがオモリとなるヘッド本体に装着されています。フック周辺はスカートで隠れており、バスへの警戒心を薄める効果もあるのです。

しかし、スピナーベイトは特殊な形状をしており、バスの捕食を強く誘うのはワイヤー上側のブレードでもあります。ゆえに、フックの付いているヘッドではなくブレードにアタックしてくることもしばしばあります。

そのようなバイトミスを防いだり、よりバスのバイトを誘い出すために活用されているのがトレーラーなのです。

トレーラーをフックに装着することで以下のようなメリットがあります。

  • スピナーベイトの自重を重くし、飛距離を出せるようになる
  • トレーラーでアピール力を増す効果がある

通常のスピナーベイトに加えて。2つのメリットがあるのです。

スピナーベイトにおすすめなトレーラーを種類別で紹介!

ここでは、弱波動から強波動などのワームの特徴に着目してスピナーベイトにマッチするトレーラーをご紹介します。

各条件に合わせて、使用してみてくださいね。

デスアダー3-4インチ

デスアダーはデプスから発売されているワームで、ピンテール系ワームとなります。シルエットは小魚で、テールのピリピリアクションがバスのバイトを誘発します。

サイズ感としては3-4インチがおすすめで、一般的なスピナーベイトに装着するとスカートから少しだけテールがはみ出ます。デスアダーのテールはバスを魅了するアクションのため、明らかにバイト率が向上しますよ!



オープンフィールドから障害物まで、バスを遠くから引き出すスペックがあります。ピンテールがスカートから出ている状態でセッティングしましょう。

グラブ

グラブはソフトワームの定番ですが、テールの滑らかな回転がバスにアピールします。アクションの強さとしては、弱くもなく、強すぎないちょうど良さがあります。

デスアダー同様、テールにかけてスカートからはみ出てアクションするので、スピナーベイトとグラブの相乗アクションが期待できます。流れにも強いので、場所を問わず使用できます。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥748(2020/09/24 11:40:38時点 Amazon調べ-詳細)


程よい波動でバスのバイトを誘発できるので、万能系トレーラーとして使用できます。

ドライブスティック

ドライブスティックはスティック系ワームで、ベイトの多いフィールドでおすすめです。ワームの後方にかけて、テールがユラユラと動きます。

アクションとしては弱いですが、スピナーベイトの集魚効果とドライブスティックによる静かなアプローチが可能となります。

ナーバスなバスが多い際などにも有効的なルアーですよ!



クリアレイクなどでもおすすめで、強すぎないアピール力がバスを誘います。

ドライブシャッド

ドライブシャッドはシャッドテール型のワームで、ハイアピールかつ、スローな釣りを展開しやすいです。流れの弱いポイントや障害物周りをじっくりと引いてこれる強みがあります。

強波動系のワームなので、濁りの強いポイントなどで有効的です。



ブリブリとした太めのボディがバスを誘います。野池や濁りの強い河川でおすすめです。

イモグラブ

イモグラブはアクションそのもののでアピールをするのではなく、飛距離を飛ばしたい時におすすめです。というのも、イモグラブはコンパクトボディのために単体でも十分な飛距離を出せるワームです。

ですので、イモグラブをトレーラーとして装着することでスピナーベイトをより遠くに飛ばせるようになります。トレーラーのアクションは必要ないけど、飛距離だけ出したい時におすすめです。



風の強い時や水の抵抗を受けやすいポイントで使用がおすすめ!飛距離重視のトレーラーとなります。

フッキング率をあげる?アシストフックも装着してみよう!

トレーラーワームをスピナーベイトに装着する際、注意点もあります。スピナーベイトは形が大きいため、バスのミスバイトも多発しやすい点です。

シングルフックのため、しっかりと口に貫通すれば抜けにくいです。とはいえ 、少しでも口から外れているポイントにフックが刺さっているとバレやすいです。

このようなミスバイトを減らすためにも、アシストフックをトレーラーの上に装着しておきましょう。

付け方の手順は以下になります。

  1. トレーラーを主軸のフックに装着します。
  2. トレーラーを取り付けたら、アシストフックとゴム管を通します。
  3. 抜けないようにしっかりと固定&調整して完成です。

簡単に装着でき、バイト率も格段にアップするので活用してみてくださいね。

トレーラーを付けてバスのバイトを引き出してみよう!

撮影:筆者

今回は、スピナーベイトに使用するトレーラーについて解説しました。

スピナーベイトは単体で使用するのもアリですが、トレーラーを付けることでバスの食性をより刺激します。特に、スレているフィールドではスピナーベイト×トレーラーの組み合わせは、アクションの観点からも重要になってきます。

トレーラーの特性を活かして、状況に応じてスピナーベイトを選択してみてくださいね。