出典:34

フラッシング効果の高いヘッドが特徴の34「ダイヤモンドヘッド」の特徴・ラインナップをまとめました。34のこだわりが詰まったロングセラー商品なので、アジング愛好家は要チェックですよ~♪

34「ダイヤモンドヘッド」の特徴

まずは34「ダイヤモンドヘッド」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. アジが大好きなフラッシングを生み出すヘッド
  2. 早掛けのオープンゲイブ
  3. 重量級ジグヘッドもラインナップ

アジが大好きなフラッシングを生み出すヘッド

ダイヤモンドのようにカットされた特殊なヘッド形状が34「ダイヤモンドヘッド」の一番の特徴。メタルジグで言うところのフラッシングってやつで、様々な方向に光を反射してアジにアピールしてくれます。

また、複数の角度で水の抵抗を受けるので、水流の変化を感じ取りやすいのも利点。34のお家芸?であるドリフト釣法との相性もピッタリです。

早掛けのオープンゲイブ

フックは針先が大きく外側に開いたオープンゲイブ。アジの口の中に入ってしまえばたちまち針先が上アゴに引っかかります。アジがジグヘッドを完全に吐き出すまでの時間を稼いでくれるので、落ち着いてフッキングを決めることが可能です。

ただ、アジのサイズが小さい時、吸い込みが浅い低活性時は開いた針先がバイトを弾いてしまうこともあります。ノーマル(ストレート)ゲイブのジグヘッドと上手く使い分けていくのがおすすめです。

重量級ジグヘッドもラインナップ

34のアジング用ジグヘッドはアンダー2gがラインナップの中心となっており、「ストリームヘッド」「ザ・豆」「ゼログラヘッド」には2gを超える重量が存在しません。

一方で「ダイヤモンドヘッド」は急流ポイントでの釣行や大型とのファイトも想定して、太軸タイプの2.5gと3.0gがラインナップされています。34製で2g以上の重量級アジング用ジグヘッドをお探しなら、「ダイヤモンドヘッド」一択です。

 

34「ダイヤモンドヘッド」のラインナップ

34「ダイヤモンドヘッド」には↓の9種の重量がラインナップされています。

  • 0.4g
  • 0.6g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 1.8g
  • 2.5g(太軸)
  • 3.0g(太軸)
created by Rinker
34
¥418(2020/09/23 15:43:33時点 Amazon調べ-詳細)

軽量級から重量級までカバーしており、様々なシチュエーションに適応してくれます。

ただ、ダイヤモンドヘッドはシャンクがやや長めなので、小型のワームとはあまり相性が良くありません。個人的にはアンダー2gのジグヘッドなら、同じ34製の「ストリームヘッド」推しです。

 

というわけで、34「ダイヤモンドヘッド」の紹介は以上~!その他の34製ジグヘッド・ワームをいい気にチェックするなら↓の記事が便利だゾ!!