入門ロッドからのステップアップ機ながらも1万円台で入手できる「ソアレSSアジング」をご紹介します。コスパ高めな仕上がりとなっていますので、入門用ロッドをお探しの方も要注目です。

シマノ製アジングロッド「ソアレ」シリーズのラインナップ

シマノ製ライトゲームロッドは「Soare(ソアレ)」というブランドで展開されており、以下の5つのラインに分かれています。

製品ライン実売価格
ソアレリミテッド68,000円~
ソアレエクスチューンアジング40,000円~
ソアレCI4+アジング25,000円~
★ソアレSSアジング18,000円~
ソアレBBアジング10,000円~

本記事でご紹介する「ソアレSSアジング」は下から2番目のライン。高性能な入門機または、入門機からのステップアップ機といった位置づけです。

初心者でも使いやすく、上達してからもしっかり使い込めるので、自分のやりたい釣りにマッチするロッドに当たればかなり高コスパ。ただ、こればっかりはアジングを始めてみないと何とも言えないので、入門機としてお買い求めの方は下位モデルと十分に比較することをおすすめします。

シマノ「ソアレSSアジング」の注目ポイント

続いては「ソアレSSアジング」の特徴を紹介していきます。注目ポイントは以下の4点です。

  1. ブランクスに「ハイパワーX」を搭載
  2. 高感度な「ハイレスポンスソリッド」を採用
  3. ソアレシリーズおなじみの「ブリッジライクシート」
  4. ストレスフリーなガイドセッティング

ブランクスに「ハイパワーX」を搭載

出典:シマノ

ソアレSSアジングのブランクスには、上位モデルでおなじみの「ハイパワーX」という技術が使われています。

ロッドの最外層にカーボンテープがX状に巻かれているので、細身であってもパワフルです。良型のアジにも主導権を渡しませんし、不意の大物がヒットしてもキャッチに持ち込むことができます。

高感度なハイレスポンスソリッドを採用

出典:シマノ

ソアレSSアジングは全モデルがソリッドティップ仕様。シマノのアジングロッドの持ち味である掛け調子の「ハイレスポンスソリッド」が採用されており、アジのアタリを感じて掛けにいくことが可能です。

気付いたら釣れていたというケースが減り、狙いすましたアジを掛けて釣った満足感を得られます。(この「釣ったった感」がアジングの醍醐味なんですよね〜!)

ソアレシリーズおなじみの「ブリッジライクシート」

出典:シマノ

ソアレのアジングシリーズには標準搭載となった「ブリッジライクシート」は、もちろんソアレSSアジングにも搭載されています。軽量で反響感度に優れた「CI4+」を用いることで、アングラーに伝わる情報量も増加。より緻密なゲームを展開できます。

アジング仕様のコンパクト設計なので持ちやすいのに、手の平に過度な干渉をしてきません。ブランクスタッチもしやすく、小さなアタリの取りこぼしも減ります。最上位モデルまで採用されているグリップですから、完成度はめちゃんこ高いです。

ストレスフリーなガイドセッティング

ソアレSSアジングのガイドは「ステンレスフレーム×Sicリング」というセッティング。1万円台のモデルでは定番の組み合わせで、トラブルもラインへのダメージも少ないです。釣行中の糸絡みでイライラすることなく、快適にアジングに集中できます。

シマノ「ソアレSSアジング」全モデルの特徴

続いては「ソアレSSアジング」各モデルの違いと特徴をご紹介していきます。スペックのラインナップは以下の6種類です。

モデル全長自重ルアー重量
S58L-S1.73m58g0.6~12g
S64L-S1.93m62g0.6~12g
S68UL-S2.03m63g0.4~8g
S610SUL-S2.08m63g0.4~8g
S610L-S2.08m65g0.6~12g
S74L-S2.24m70g0.6~12g

短い順にみていきましょ~!

ソアレSSアジング S58L-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥22,800(2020/11/26 09:03:32時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.73m58g0.6~12g2pcs

「S58L-S」はソアレSSアジングで最も短いショートロッド。常夜灯まわりの近距離に適したモデルです。小さな違和感をもとらえるティップでアタリを感じ、積極的に掛ける釣りを楽しめます。

ソアレSSアジング S64L-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥19,250(2020/11/26 09:03:33時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.93m62g0.6~12g2pcs

「S64L-S」は取り回しの良い6フィート台ロッド。近距離で掛ける釣りから、遠投リグを用いた中~遠距離戦にも対応します。ジグ単を主軸としながら、たまに遠投リグも使いたいって方にピッタリです。

ソアレSSアジング S68UL-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥19,910(2020/11/26 09:03:34時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.03m63g0.4~8g2pcs

「S68UL-S」は掛け調子ながらも、適度なしなやかさを持つ乗せ掛け調子のミドルレングスロッドです。キレのあるアクションで誘うというよりは、小さなシェイクを入れながらのレンジキープが得意。ナイトでのアミパターン攻略にマッチします。

ソアレSSアジング S610SUL-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥19,250(2020/11/26 09:03:34時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.08m63g0.4~8g2pcs

「S610SUL-S」はSoare初のSULパワーを採用した柔軟性の高いミドルレングスロッド。「S68UL-S」よりもさらに乗せに特化した仕上がりです。アジングのみならず、リトリーブ主体のメバリングにも流用しやすい1本となっています。

ソアレSSアジング S610L-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥19,635(2020/11/26 21:41:11時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.08m65g0.6~12g2pcs

「S610L-S」はシマノが大事にするロクテン(6ft10in)のオールラウンダー。ジグ単からスプリット、キャロ、フロートまで使いこなせる汎用性の高さが魅力です。多彩な攻め手でオールレンジを攻略できます。

ソアレSSアジング S74L-S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥20,405(2020/11/26 09:03:35時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.24m70g0.6~12g2pcs

「S74L-S」はソアレSSアジングのなかで最も長い遠投モデルです。圧倒的な飛距離でヘビーなリグを沖へ届け、良型のアジを引っ張り出すことができます。

シマノ「ソアレSSアジング」でステップアップしよう

ソアレSSアジングは入門機からのステップアップ機というランクのロッドですが、1万円台で手に入るので最初の1本に選ぶのもアリです。中上級者になっても使い込める仕上がりとなっていますので、軍資金に余裕がある方は検討してみてはいかがでしょうか。

シマノ「ソアレSSアジング」の用途別おすすめモデル

最後に、6種のスペックの中から特におすすめのモデルをまとめておきます。

ジグ単特化のおすすめモデル「S58L-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥22,800(2020/11/26 09:03:32時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.73m58g0.6~12g2pcs

ジグ単&遠投リグ兼用のおすすめモデル「S610L-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥19,635(2020/11/26 21:41:11時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.08m65g0.6~12g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「S74L-S」

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥20,405(2020/11/26 09:03:35時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.24m70g0.6~12g2pcs