出典:写真AC

みなさんは岩手での釣りのご経験はありますか?岩手は岩礁地帯が多く、ロックフィッシュがよく釣れる海釣りスポットが多くあります。

筆者は宮城に住んでいますが、アングラーのなかには遠征して岩手の南部まで釣りに出掛ける方も多く、ロックフィッシュがよく釣れるスポットとして人気があります。
最近は三陸自動車道が整備されていることで移動の時間が短縮され、岩手での釣りが県外アングラーにとっても手軽なものになっている理由かもしれません。

ここでは岩手の海釣りスポットをいくつか紹介いたします。機会がありましたらぜひ岩手の海釣りスポットを訪れてくださいね。

昨今、釣り場でのゴミ問題や近隣の方とのトラブルなどが相次いでいるとのことです。
ご紹介の釣り場に限らず、釣りを楽しむときは地元の方はもちろん、周囲の人に迷惑をかけないよう十分心がけてください。ゴミはしっかりと持ち帰り、迷惑行為は絶対にやめましょう。

岩手では少ないシーバスが狙えるスポット、気仙川河口

鮎釣りで有名な気仙川ですが、河口ではシーバス釣りが人気で県内の内陸部から訪れるアングラーも多いです。

シーズンとしては6月から10月いっぱいがシーバスを狙えるポイントです。暖かく釣りのしやすい夏にはアングラーが最も多くなり、秋の終盤にかけて徐々に減少、冬場はシーバス釣りの難易度が最も高い時期のためアングラーは一気に少なくなります。

河川の幅はそれほど大きくなく、水深も深くありません。このスポットでのおすすめルアーは、軽めのメタルバイブやシンキングペンシル、ワームになります。
重いルアーではフルキャストすると対岸に届いてしまうほどの川幅で、潜行レンジが深く根掛かりが頻発する可能性があるため、軽めのルアーやシンカーがおすすめです。

少数ですがランカーシーバスの実績もあり、岩手県の南部でシーバスを狙うならばこの河口がおすすめです。夏にはナイトゲームも盛んに行われる釣りスポットですよ。
岩手県でリバーシーバスの一級ポイントはそれほど多くないので、気仙川の河口はチェックしてください。

このスポットでのおすすめルアー メタルバイブ

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥687(2020/11/26 15:12:08時点 Amazon調べ-詳細)

大型河川であれば28グラム以上のメタルバイブを投げることが多いですが、この河川では川幅と水深の浅さから、15グラムから20グラム程度のメタルバイブが適しているように思います。日中のシーバス狙いはメタルバイブが定番ですね。

おすすめルアー シンキングペンシル

ナイトゲームであればシンキングペンシルやミノーでシーバスを狙うことが一般的です。日中に比べれば難易度が下がるといわれるナイトゲームですが、そう甘くはありません。
シーバス釣りは、リトリーブレンジが10センチ違うだけで釣果が大きく変わるといわれることもありますので、微調整を行い狙ってくださいね。

宮城県との県境付近にある、長部漁港

宮城県との県境に位置し、宮城からのアングラーも多く訪れます。水はきれいで水中の障害物や魚の確認が簡単にできる場所です。

サビキでのチカ釣り、根魚、カレイなどが狙うことができるポイントで、ファミリーフィッシングにも人気があるポイントです。

遠投の他にテトラでの穴釣りやへチ釣りでも実績が高く、漁港はこじんまりとしており、休日でも混雑することはほぼありません。エサ釣りやルアー釣りともに楽しむことができる釣りスポットです。

スレている個体が少ない、鬼沢漁港

周りにコンビニや商業施設がなく、初めての方はなかなか見つけづらい漁港かもしれません。

この地域は小さな個人釣具店や釣り餌の自動販売機はまれにありますが、大型釣具店は近隣にありませんので、大規模に釣り具を購入する予定がある方は、前もって購入しておくと良いでしょう。

この漁港はロックフィッシュが熱い釣りスポットでありアイナメやソイ、ドンコなどを釣りたいといった方は足を運んでみてください。30センチ以上の根魚が釣れやすいといわれている釣りスポットで、夜釣りでも実績がある釣りスポットです。

岩手のおかっぱりからの海釣り…特徴は?

都市型の整備された釣り公園は少ないですが、夏にはサビキ釣り、秋から冬にはロックフィッシを狙うことができる堤防がいくつもあることが魅力です。

また地形の関係でシーバスやフラットフィッシュはあまり有名ではなく、アイナメやソイなどのロックフィッシュが好きなアングラーが、多く岩手へ足を運ぶことが特徴です。

このように、岩手のおかっぱりからの海釣りはロックフィッシュが狙い目で、ハイシーズンとなる秋から冬は最も釣れやすい時期になります。

まとめ

出典:unsplash

堤防のなかには震災の影響で工事中の場所や、立ち入り禁止の場所がいくつもあります。漁港で釣りをする場合には、工事や漁業関係者の邪魔にならないように釣りを楽しんでください。

筆者は宮城で釣りをすることが多いのですが、岩手の漁港は宮城に比べ人が少なく静かで釣りに集中できる環境や、釣りをしていると声を掛けてくださるアングラーが多く気持ち良く釣りができることなどを感じています。
のんびりと釣りをしたい方や、大きなロックフィッシュを釣りたいという方におすすめの釣り場が多いため、みなさんも機会がありましたら岩手での海釣りを行ってくださいね。

>>〇〇県で釣りしたい方、こちらの記事をどうぞ!