魚がヒットする際、ほとんどの場合は口元周辺にハリが掛かります。口先や肉厚な口内部分にハリが貫通すると、バレにくく、ハリをしっかりと掛けやすいです。
しかし、ハリが魚に飲まれてしまっている状態ですと手だけで外すのは難しいです。その上、魚に歯がある場合は釣り人の怪我に繋がったり、魚を傷つけてしまうことにもなります。

この記事ではハリを飲まれた際の対処法について詳しく解説します。

ハリが魚に飲まれてしまう原因と対処法について

撮影:筆者

ハリが魚に飲まれてしまうのには幾つかの理由があります。
まず、魚がエサを食べているのに、釣り人が魚の捕食に気付くのが遅くなってしまうことです。合わせが遅くなる状態で、魚がエサを喉元付近にまで食い込んでいるとハリまで飲まれてしまいます。
また、勢いよくエサを捕食する肉食魚を釣る場合は、ルアーなどを飲み込むようにバイトします。結果として、喉元付近にまでハリが刺さってしまい取りづらくなってしまうのです。

基本的に、ハリを飲み込んだ状態にある魚のハリを外す難易度は、ハリ先の方向が口内で見えるかによって変わります。
ハリ先の方向が見える状態で、手先で外せそうであれば、ハリが抜ける方向に魚を押さえながら抜いてあげましょう。
素手で抑えるので、魚のぬめりが原因により滑りやすくなります。そのため、タオルなどで魚体を優しく押さえてあげるのがおすすめです。

上述したように、飲み込んだハリの外し方は素手で対処する方法ですが、口内が狭い魚や喉元付近にまでハリが刺さってしまった状態ですと専用のアイテムが必要となります。次章にて、詳しく紹介します。

プライヤーでハリを外すメリットと方法

プライヤーは、魚の口からハリを外すためのアイテムです。

プライヤーは、大型な魚の口内にハリが深く刺さっている状態の時特に役立ちます。理由としては、持ち手がハンドグリップ式で操作性に長け、ハリを外す際に強い力を加えられるためです。ブラックバスやシーバスなど、口の大きな肉食魚などに有効的なアイテムです。

プライヤーでハリを外す方法としては、まず魚の口を開けてハリの位置を確認します。プライヤーでハリ先の胴元をしっかりと掴み、瞬間的に強い力を加えてハリを抜いてあげましょう。この時に、大型魚であると暴れてしまうことがあります。手元の怪我にも繋がるので、魚の興奮状態をチェックしながらハリを外しましょう。プライヤーの種類は、先端が細くてフックを掴みやすいタイプがおすすめです。

ハリ外しの機能はもちろん、ラインカッターやスプリットリング調整機能もある多機能プライヤーがおすすめです。あらゆる釣りシーンで役に立つアイテムです。

小型魚がハリを深く飲み込んでしまった場合は、注意が必要です。魚種としてはオイカワやカワムツなどの淡水魚。ハゼ、カレイ、シロギスなどの海水魚が身近な対象魚となります。アタリも小さいので、合わせが少しでも遅れると飲み込んでしまうのが原因です。

ハリ外しでハリを外すメリットと方法

ではこのような小型な魚からハリを上手に取るにはどうすれば良いでしょうか。

これらの魚には、ハリ外しと呼ばれる細長い棒のような専用アイテムを使用します。主に「C型のハリ外し」アイテムとして呼称されており、先端がアルファベットのCのような形状をしています。

第一精工
¥151(2019/10/17 14:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

使い方としては、小魚の体重を利用して、空中でラインを張った状態にします。ハリ外しの先端はラインを掛ける箇所(C型の先端)があるので、ラインにテンションを掛けながらハリを外しましょう。ハリ先は、反対方向に少し強めの力を加えると抜きやすいです。
ラインやハリスなどにしっかりとテンションを掛けながら抜かないといけないので、慣れも必要です。

持ちやすいハンドルとラインを掛けておく機能があるので、普段のハリ外しも簡単に行えます。

内臓付近にまでハリが飲まれてしまっている場合

以上でご紹介した内容でも、ハリが飲まれ過ぎてしまっていて取れないことがあります。そのような場合は、少し残酷ですが魚をしっかりと押さえながらラインを引っ張ってあげましょう。

小さい魚や中型魚であれば内臓などに傷が付いてしまうのですが、ハリが抜けやすいです。小魚は時間が経過にするにつれて、自然治癒します。
他方、大型魚に関しては致命的なダメージになってしまうのでラインを喉元のギリギリの付近で切ってあげましょう。暫くの時間は必要となりますが、肛門からハリが出てきます。釣り上げた際に、肛門付近からハリが見えたら取り外してあげましょう。

魚種に応じて飲まれたハリの外し方を変えよう

撮影:筆者

この記事では魚にハリを飲まれた際の対処法について紹介しました。ハリ外しは手先で対処できるケースもありますが、状況によってはハリ外しの専用アイテムを使うのがおすすめです。
中でも、大型魚や口の大きい特徴がある肉食魚にはプライヤーの使用がおすすめです。他方、小型魚などに関しては狭い喉元まで通る細い棒状のハリ外しを使用しましょう。
魚を傷付けてしまうのではないかと、はじめは不安を覚えるかもしれません。しかし、慣れてくると上達するのでハリ外しの要点を抑えて取り組んでみましょう。