アジングを始めたくて竿とリールはネットで買ったんだけど、ラインの種類が多すぎてどれを選んだらいいかわからない…。誰か初心者におすすめのアジングラインを教えてくれ!

この記事では↑のような疑問にお答えしていきます。

アジングでは、ナイロン、フロロカーボン、PE、エステルの4種類のラインが主流となっています。

先に結論を言っておきますと、アジング初心者におすすめのラインは「フロロカーボン」一択。

熱狂的アジンガーの一人である私がフロロを推す理由について、その他のラインの特徴にも触れつつ、わかりやすく解説していきます。

ぜひとも、お役立てください。

アジング初心者のラインはフロロカーボン!消去法で解説

出典:Pixels

アジング初心者にフロロカーボンをおすすめする理由は、手っ取り早くアジングを楽しめるからです。具体例を挙げつつ、他のラインと比較していきます。

フロロを選べば、めんどうな直結をしなくて済む

フロロカーボンを使う一番のメリットはめんどうな作業を減らせることです。

フロロカーボンラインはリールから出る糸に直接仕掛けを結んで釣りを始めることができるので、とにかく簡単。

PEやエステルを使う場合、リールに巻いてあるラインに別のラインを結び付ける「直結」という作業が必要になります。(←これが結構めんどう)

初心者のうちは、竿とリールをセッティングして、ジグヘッドにラインを結んでワームを刺すという準備作業に意外と時間を取られてしまいます。

これにライン同士を結ぶ作業まで加わると、気持ちが萎えます。

アジングを楽しめる時間を長くするためにも、釣りを始めるまでの作業工程を少なくしておくに越したことはありません。

ということで、PEとエステルラインは選択肢から除外しましょう。

感度が高く、アタリがわかりやすい

フロロカーボンには伸びが少ないという特徴もあります。それによって、感度が高くなりアタリがとりやすくなるのです。

アジング初心者が最初に直面する課題は「アタリがわからない」こと。

アジのアタリは「コツッ」「モフッ」「フワッ」など、豪快ではなく繊細です。

アタリがわからなければ合わせようがなく、タイミングの良い合わせでアジが乗ったときの快感を存分に味わうことができません。

少しでも感度の高いラインを選んでおくと、細かなアタリに気づけるようになります。

伸びが多くしなやかで、感度が低いナイロンラインは選択肢から除外です。

フロロカーボンを使うときの注意点

出典:Pixels

さて、選ぶラインがフロロに決まったという前提で、フロロカーボンラインを使うときの注意点について解説していきます。

フロロのみならず他のラインにも共通する項目ですので、しっかりチェックしておいてくださいね。

ライントラブルにご用心

釣りにはライントラブルがつきものです。

フロロカーボンは他のラインより硬いぶん、少~しライントラブルが起きやすくなります。

「釣りに行ったはいいけど、絡まったラインの処理に大半の時間を費やしてしまった…」という初心者あるあるを経験する方もかなりの率でいらっしゃいます。

ラインの扱いは何度も失敗しながら上手くなっていくものですが、できることなら早い段階でコツをつかみたいですよね。

アジングでのライントラブルの原因の多くは、糸がゆるんだ(糸ヨレがある)状態でリールを回してしまうこと。

「ラインが張った状態を作ってから糸を巻き取る」

これさえ気を付けておけば、ライントラブルに遭遇する数が激減しますよ。

ラインが少なくなったら早めに交換しよう

フロロカーボンはリールから出たラインに直で仕掛けを結ぶので、ラインの減りが速くなります。

初心者の方はトラブルの対処などでラインをカットすることが多いので、なおさらです。

少しもったいない気もしますが、少なくなってきたな~と思ったら早めに新しいラインを購入して巻き替えておきましょう。

かくいう私も、釣り場で糸がスッカラカンになって途方に暮れた「糸ロス」経験者のひとり。

それ以降しばらく過剰にラインを交換したがる癖がついたのは、今となっては良い思い出です。

フロロを使ってアジングに熱狂しよう

ここまで読んでくださった方の多くは、アジング初心者への「フロロ推し」に賛同してくれているのではないでしょうか?

最後にフロロラインの選び方とおすすめ商品をご紹介しておきます。

アジング初心者がフロロカーボンを選ぶときのポイントは以下の3つ。

  • 強度は2~3lb(ポンド)
  • 長さは100~150m
  • 激安ラインはブッチブチ切れるので回避

アジングにマッチするおすすめフロロライン3選

1.ダイワ(Daiwa) 月下美人 フロロカーボンライン

2.シマノ(SHIMANO) ソアレ フロロカーボンライン

3.クレハ(KUREHA) ライン シーガー R-18 ライトロックイエロー

フロロカーボンラインを使うと、手っ取り早くアジングの魅力にひたることができます。

ライントラブルも楽しみつつ、早めの交換を心がけて、素敵なアジングライフを満喫してくださいね。