関東屈指のメジャーフィールドである霞ヶ浦は全国のバス釣りファンであれば一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?
関東のブラックバス釣りにおいて、数とサイズの両方を期待できる超大型フィールドが霞ヶ浦の特徴です。この記事では、霞ヶ浦におけるバス釣りの特徴を踏まえて、詳しく紹介します。

霞ヶ浦におけるバス釣りの特徴とは?

撮影:著者

霞ヶ浦はマッディーウォーター(透明度が極めて低い水質)が特徴のフィールドで、バスだけでなく、ワカサギやテナガエビなども生息しています。さらにバスが好みそうなポイントも多々あるため、繁殖にも適している環境です。
ここでは、霞ヶ浦のあらゆる釣りスポットで通用するポイントの特徴について予め解説します。

アシの生え際

アシは水生植物で水中に根を張っています。日射を防義、水温の維持をしやすいことを理由にバスが好むポイントです。
一方で、ザリガニやエビなどの住処であることから捕食するためにアシの中に入ってきやすいです。

霞ヶ浦への流入河川・水路

霞ヶ浦は小・中規模の河川から、小さな農業用水路が無数にあります。これらのポイントはベイトが溜まりやすく、バスにとっても狭い範囲でエサを活発に追える好条件です。本湖ですと広すぎてどこを狙ったら良いか分からない人でも、小場所であれば釣りやすいですよね。
丁寧に足元を探ってあげると、バスからの反応を得られやすいですよ。

水門周り

水門は河川の計画的な分流のために造られています。霞ヶ浦では水位調整や氾濫、農業用の調整機能として活用されています。
水門周りは地形の変化に富み、流れの発生も生じるポイントでバスを始め様々な魚が流入してきます。
ミミズ系ワームやエビを意識したスモラバ等で誘ってあげると良いでしょう。

テトラ帯

波止とめの役割を持つ、テトラ帯は小エビやテナガエビが付く絶好なポイントです。バスにとっては外敵から身を守れる家のような存在で、積極的にエサも捕食できる環境です。
根掛かりには気をつけてライトリグなどで誘いたいポイントです。

蛇籠(じゃかご)

蛇籠は河川の護岸や斜面強化のために造られていますが、石と石の隙間などにはゴリと呼ばれるハゼ類の小魚が生息しています。ボトムを意識したワームや回避性能の高いクランクベイトをゆっくりと巻いてみるのがおすすめです。

杭周り

霞ヶ浦には連結した杭が連なっています。バスが身を寄せやすいポイントの一つで、線の釣りから点の釣りまで攻略できます。
定番の釣りポイントですが、霞ヶ浦には多数の杭があるので地道に狙ってみるのも良いでしょう。

出典:写真AC

霞ヶ浦のバス釣りでおすすめなスポットについて

霞ヶ浦市水族館

霞ヶ浦市水族館周辺は水門が多く、コンクリート護岸のエグれなどにバスが溜まりやすいです。護岸されているので小魚やベイト寄りやすく、小型ルアーやエビ系ワームで誘ってみましょう。

五町田エリア

五町田エリアはバスが好むアシなどのカバーや漁港周辺の護岸地帯、少し沖に張り出ている蛇籠にバスが付いています。数釣りを楽しむのにおすすめで、霞ヶ浦の中でもバスが溜まりやすいポイントの一つです。

常陸利根川

常陸利根川サイドは霞ヶ浦へと繋がる大きな流入河川で、バスの魚影が濃いポイントです。アシや橋脚下、テトラ帯などバスが付きやすいポイントもあり数・サイズのどちらも期待できます。
ランガンをしながら釣れそうなポイントを見つけてみましょう。

和田ワンド

和田ワンドは霞ヶ浦の南側に位置する巨大なワンドで、湾曲した地形が特徴のスポットです。ワンド状になっているのでワカサギなどのベイトフィッシュが集まりやすく、ベイトを求めて活性の高いバスも回遊してきます。

霞ヶ浦の特徴として、オープンなフィールドなため風と波が発生しやすいです。特にこのようなワンド型の地形は波風の影響を受けるので、ベイトフィッシュは接岸しやすく、バスも狙いやすい条件になります。ミノーなどでジャークさせながら狙ってみましょう。

大山スロープ

大山スロープは人口の構造物が多いスポットで、蛇籠などの設置が多いため強風による波などの影響を受けにくいです。釣りのポイントとしては護岸沿いやエグれ、杭などになりルアーからワームまで色々と試せます。
水上バイクなどのマリンスポーツが出来る場所でもあるので、キャスト時は注意も払いましょう。

霞ヶ浦は釣れるポイントが多い!数を打ってバスを釣ろう

撮影:著者

今回は霞ヶ浦におけるバス釣りのおすすめポイントと具体的なスポットについて紹介しました。まとめますと、霞ヶ浦全体で共通していることとして水門やアシなどのカバーはバスが付いている可能性が高いです。
その上、霞ヶ浦には釣りのできるスポットが無数にあるのでフィールド開拓をしてみるのも良いですね。