出典:pixaday

みなさんは宮城県で釣りをしたことはありますか?
宮城県の北部には、魚影が濃く釣りに最適なポイントが多くあります。大きなサイズが釣れる場所や魚がたくさん釣れる場所には、多少遠くても訪れてみたいと思うのがアングラーの心理ですよね。
ここでは宮城県北部の釣りポイントを紹介いたしますので、是非参考にしていただければと思います。

出典:pixaday

県北サーフ

石巻や東松島のサーフはフラットフィッシュを狙ったアングラーに人気の場所で、大曲サーフや野蒜サーフが有名です。
 ヒラメやマゴチの他にも、アオイソメを使ったエサ釣りで大型のカレイやハゼなどを釣ることができます。 
その他にも宮戸方面には小さなサーフが点在していますので、サーフを何箇所か巡ることもおすすめです。

漁港とサーフが隣り合わせている場所では、堤防からもフラットフィッシュを狙うことができます。足場が良い場所で釣りたい方や、家族で釣りをしたい方はこのようなポイントを選ぶと良いでしょう。仙南サーフよりも知名度と規模は小さいですが、フラットフィッシュが釣れる確率は高いポイントですよ。
またアングラーの数は仙南サーフに比べると少ないため、釣りのしやすい環境にあると思います。

県北サーフでのおすすめアイテム

ハヤブサ(Hayabusa)
¥330(2019/10/16 18:03:49時点 Amazon調べ-詳細)

ルアー釣りと一緒に餌釣りをしても楽しいですよね。餌釣りはヒットの多さが魅力で、小さくても一匹釣れると嬉しいです。

第一精工
¥3,370(2019/10/16 18:03:49時点 Amazon調べ-詳細)

サーフや防波堤での投げ釣りには欠かせないアイテムであり、竿とリールを砂や傷から守ることができます。
また、軽量で短く畳むことができるため、持ち運びにも便利です。竿を複数用意してヒットを待ちましょう。
軽量で短く畳むことができるため、持ち運びにも便利です。竿を複数用意してヒットを待ちましょう。

出典:pixaday

追波川、追波川河口

ヒラメやマゴチ、シーバス狙いの方には河口が最も人気のポイントです。河口から20 kmほど上流には北上大堰がありますが、ここは春にはサクラマス狙いのアングラーでとても混み合います。

また根が点在しているポイントでもあるので、ルアーは多めに持っておくことをおすすめします。宮城県のサクラマスといったらここが最も有名なポイントではないでしょうか?
ここでは春から秋頃までシーバスが釣れる時期になります。 追波川の中流から下流にかけてもシーバスの一級ポイントなので、河口でシーバスが釣れない方はランガンしてみてください。

筆者のまわりでシーバス釣りを長年やっている方は、河口よりも河川の上流域や中流域を選んでいる印象があります。

追波川、追波川河口でのおすすめアイテム

シーバスやヒラメ、マゴチ、サクラマスと多くの魚種に有効です。日中は早巻きで見切られないように、夜間は弱った小魚を演出してアプローチしましょう。 

旧北上川

石巻の中心部を通る大きな河川です。ここは水深が深くウェー ディングできるポイントが少ないため、岸から遠投してシーバスを狙うことが多くなります。
また足場が高いポイントも多いので、 ランディングネットの持参をおすすめします。 

釣りあるあるですが、面倒でネットを持ってこないときや忘れたときに限って大物がかかることがありますよね。準備を怠らないことも、釣り上級者へのステップアップでは大事なことです。
リバーシーバスは開北や中瀬での釣果がよく、河口は護岸工事をしているため立ち入り禁止の箇所が多いです。 

追波川と旧北上川はシーバスのランカーサイズが出やすい場所とされ、シーバスのストック量も多いです。初心者の方はこのような場所で「自分でも釣れる!」という自信をつけることをおすすめします。

釣りは場所によって難易度が違うと筆者は感じます。釣りを楽しく行うためには、「釣れる場所で釣れる時期」を選びたいですよね。

旧北上川でのおすすめ アイテム

遠投性能の高い鉄板バイブレーションは、デイゲームでは最も一般的ですね。 

キャッチ率を上げるためにランディングネットを使いましょう。足場の高い所では、無理に引き上げるとロッドが折れることやラインブレイクすることがあります。

まとめ

仙台市付近の釣り公園や漁港はアクセスの良さは魅力ですが、休日には釣り人が大変多く混雑しています。
「釣り人が少ないところでのんびり釣りをしたい」「周りの景色が綺麗なところで釣りをしたい」など、釣りをする環境も大事です。遠征して新しいポイントを開拓することも釣りの楽しみのひとつですよね。
気になった方は是非このようなポイントへ行ってみてくださいね。