出典:unsplash

釣りにおいて、直接魚とやり取りするラインはとても重要なものですよね。強度や太さ、どのようなラインを使うかでルアーの飛距離や魚がヒットした時のキャッチ率を上げることができます。
最近ではシーバス釣りにほとんどの方が PE ラインを使っていますが、なぜ ナイロンラインではなくPE ラインを使う方が多いのか、ナイロンラインを使うメリットとデメリットを紹介したいと思います。

ナイロンラインのメリット

リーダー連結の手間がない

根ズレに強いナイロンラインはルアーに直結して使うことができます。結束する結び方は簡単なものから難しいものまで様々です。
初心者は結び方が分からない、上手く結べず強度不足になってしまう、キャストに失敗しルアーが高切れしてロスト、リーダー結束部からライン が切れてしまう…なんてこともよくあります。
また、現地で ライン結合する際は強風時に特に結びにくく、時間をロスすることもあり魚が釣れやすい時合を逃すことにもなります。

トラブルが少ない

PE ラインはナイロンに比べると、伸縮性とラインのコシがない事が特徴です。ライン がダマになってしまうトラブルもよくあるのでそのトラブルが解消しない場合には、  ラインを途中から切ってしまわなければならないこともあります。

筆者もPEラインを使い始めの頃はトラブルの多さが気になり、改めてナイロンラインの良さを感じることができました。

魚を掛けたときのやり取りがしやすい

ナイロンラインは伸縮性が高いため、魚のヒット時の感度は低下しますが魚を掛けたときの やり取りの際はこの伸縮性の高さがうまくテンションを保ちやすくなる要因になります。

おすすめのナイロンラインはこちら!

500メートル巻きでコスパの良いラインです。適度に伸びがあるため扱いやすく、シーバス釣りの初心者の方におすすめです。

ダイワ製で信頼度と品質に定評があります。シーバス以外にもバス釣りなどに使うことができますよ!

ナイロンラインのデメリット

飛距離が出しにくい

シーバス釣りにナイロンラインを使う際には、一般的に3号以上の太さが必要になります。PE ラインと比べるととてもラインが太くなってしまい、キャスト時のガイドにかかる抵抗が増すため、飛距離がどうしても落ちてしまいます。
また、ナイロンラインの糸癖がつきやすい性質も飛距離が出にくい原因です。

伸縮性があるため感度が良くない

ルアーフィッシングをしていると 感度が良いラインは魚のヒットを確実に感じられるため楽しさが増します。
また、感度の悪さにより根がかりを回避しにくくなるということもあります。PEラインは感度の高さから、岩など硬いものに当たった時のわかりやすさがあるので、水中の地形を調査できるメリットがあります。

吸水性が高く劣化しやすい

ナイロンラインは釣行で何度も使うことや紫外線の影響を受けやすいことから劣化が早く、ラインの巻き替え頻度が高くなります。
ナイロンラインは釣行ごとに何パーセントかライン強度が落ちていきますが、 PE ラインは劣化しにくく、毛羽立ちがみられなければ 1年程度は巻き替えをせずに使うことができます。

おすすめの PE ラインはこちら!

4本編みと8本編み、12本編みとありますが、編み込んでいる数が増えることで強度があがります。4本編みでも十分な強度があり、日本製であるためおすすめのラインです。

海外製の PE ラインも多く売られていますが、日本製の物と比べ強度不足なことや同じ太さの号数であっても日本製のものより太い場合があります。メーカーによって 基準が違っていたりするようです。
ライントラブルの起こる頻度も選択するPEラインによって大きく変わりますので、信頼できるメーカーを選びたいですね。

おすすめのリーダーはこちら!

PE ラインは根ズレに弱いため使用の際はルアーとの直結は適しておらず、リーダーを結束する必要があります。
フロロカーボンラインは耐摩耗性が高く、ナイロンラインに比べ沈みやすい性質があります。
水の流れの影響を受けにくく吸水率も低いため劣化しにくいです。
しかしナイロンラインと比べると、デメリットとして結束強度が弱くなる点が挙げられます。 

筆者もこのラインを実際に使ったことがありますが、程よい硬さがあり、根ズレに強そうな印象を受けました。

ナイロンラインと PE ラインを使った感想

海や大規模な河川での釣りは飛距離で釣果が変わることもあり、キャスト時の飛距離は自分のモチベーションを高く保つことができるものでもあります。
飛ばしたい場所まで届かない事は、ルアーマンにとってストレスになりますよね?また飛距離が出た方が、キャストする回数が減り疲労の軽減にもなります。

飛距離を出すことが必ず釣れるということでもないのですが、飛距離を出している他のルアーマンを見ると羨ましい気持ちになることがあります。
価格面でも、ナイロンラインの劣化による巻き替え頻度を考えると 、PE ラインを使う場合とそんなに変わらないと思います。

初心者はまずはナイロンラインを使い、何回か釣行経験を積んだのちPEラインへのステップアップするのがおすすめです。