存在感抜群の個性派チビワーム「EBIFLY(エビフライ)」をご紹介。小型ワームの弱点を凹凸&ファットでカバーする独自形状に注目です!

クリアブルーのアジング用ワームは8種類!

「クリアブルー」はコアなライトゲーマーからの人気が高いこだわり派メーカーです。そんな「クリアブルー」からは↓の8種のワームが発売されています。

ワーム名サイズ
Rexy(レクシー)2.0インチ
Sexy-B(セクシービー)2.0インチ
Ajibone(アジボーン)2.2インチ
DEKAjeel(デカジール)2.8インチ
Ajeel(アジール)2.0インチ
Pinch(ピンチ)1.0インチ
★EBIFLY(エビフライ)1.5インチ
JYARASHI(ジャラシ)1.9インチ

本記事で紹介する「EBIFLY(エビフライ)」は小ぶりながらもボリューム感があり、年間を通して活躍するワームです。夏場の豆アジングにも、産卵期の激シブアジにも効くので、かなり重宝しますよ。

クリアブルー「EBIFLY(エビフライ)」の特徴

続いては、クリアブルー「EBIFLY(エビフライ)」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. 小さくても飛ぶ!直径5mmのファットボディー
  2. 確かな存在感の秘密は”凹凸”
  3. 一口サイズの1.5インチを採用

小さくても飛ぶ!直径5mmのファットボディー

小型ワームの代表的な欠点として挙げられるのが、以下の2点ではないでしょうか?

  • 海中で目立たない
  • 軽いので飛ばない

「EBIFLY(エビフライ)」はこれらの弱点をカバーすべく、直径5mmのファットボディーを採用しています。海中でしっかり目立ってくれますし、平均自重が0.62gあるので飛距離も上々。広範囲のアジに効果的にアピールできます。

確かな存在感の秘密は”凹凸”

小型ワームのもうひとつの弱点が存在感の薄さです。チビワームかつ軽量ジグヘッドというセッティングだと、すぐにリグポジションがわからなくなりがち…。

この”どこにあるかわからない問題”解消のために、「EBIFLY(エビフライ)」の随所に凹凸加工が施されています。ボディー部分にはくぼみ(凹)、テール部分にはでっぱり(凸)があるので、小さいながらも水噛みは抜群。

引き抵抗が強いので、ワームの位置を常に把握しながらトレースコースを調整できます。

一口サイズの1.5インチを採用

「EBIFLY(エビフライ)」の全長は1.5インチ。アジング用ワームの中では小さめの部類に入ります。豆アジでも一口で吸い込めますし、低活性のアジもこのサイズなら口を使いやすいです。

  • 豆アジが釣れ盛る時期にはメインワーム
  • アベレージ~良型が釣れる時期にはパイロットからのサイズダウン要員

といった位置付けて運用していくと良いと思います。

クリアブルー「EBIFLY(エビフライ)」のラインナップ

出典:Amazon

「EBIFLY(エビフライ)」は全18種類のカラーで展開されています。クリアブルーのワームローテには欠かせない存在なので、ラインナップも超充実。定番から変わりダネまで盤石の布陣が敷かれています。

全カラーを紹介していたら長くなっちゃうので、個人的なおすすめカラーを3つ厳選して紹介しておきます。(その他のカラーはクリアブルー公式ページにてご覧ください。)

おすすめカラー①クレイジーグロー

クリアブルーの看板カラー「クレイジーグロー」。名前のとおりクレイジーに光って自己主張します。

濁りがヤバイとき、ディープを攻めるときなど、とにかくワームを目立たせたいときにはコイツ。キャスト前に光を当てて蓄光させておくのもおすすめです。

おすすめカラー②アミ

created by Rinker
クリアブルー
¥550(2020/12/02 18:52:26時点 Amazon調べ-詳細)

淡いブラウンに赤ラメを混ぜ込んだアミパターンの必殺カラーです。弱めのグローで適度にシルエットをぼかせるので、アジが擦れにくいのもGood。パイロットとして投入して様子を見るのも良きです。

おすすめカラー➂マズメスター

created by Rinker
ClearBlue
¥550(2020/09/01 11:22:27時点 Amazon調べ-詳細)

ケイムラ×点発光グローに金ラメ・赤ラメ入りのきらめき系。マズメどきは紫外線発光とラメの輝きでハイアピール、ナイトタイムは点発光のナチュラルアピールって感じで1本で2度おいしいカラーとなっています。つまり、便利なんです!

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、クリアブルー「EBIFLY(エビフライ)」の紹介は以上~!その他のクリアブルー製ワーム・ジグヘッドをチェックするなら↓の記事へGo♪